coordinate着こなしアイテム別色・柄・素材

「柄物シャツが似合わない…」には理由があった!簡単コーデのコツ

チェックや花柄などの柄物のシャツって、ちょっと派手になりそうだったり、自分が着るとなんかダサくて似合わない気がする、難しそうと思っている方が多いはず。
けれど着ることが出来たら、ワードローブを増やせるし、コーデの雰囲気を普段と変えることが出来ますよね。
今回はそんな柄物シャツを着こなすコツをご紹介いたします。

柄物シャツが難しく感じる理由

「なんとなく似合わない…」と思っている人が多い柄物シャツですが、自分が苦手に感じる理由がわかればそこを解決してしまえば、着こなしが簡単になりますよね。
まずは柄物シャツを苦手に感じやすい理由からご紹介致します。

コーデ全体に色使いが多い

1色で織り方や編み方で柄を出しているアイテムは別ですが、柄って基本的に色が2色以上使われていますよね。
洋服をコーディネートする時に、全身で使う色が多いとコーデをまとめるためにテクニックが必要になり、上手くいかないとコーデがごちゃごちゃして見えてしまう事があります。
チェックや花柄などの柄物のシャツをコーディネートした時に「なんかいまいちだな…」と思った時は一度頭から足元まで全身で使っている色の数を数えてみてください。

32575-2000576-s-04-dl

パーツが多い

襟付きの柄物のシャツを着た時に「なんだか似合わないな」と感じることがある方は多いと思うのですが、襟付きのシャツはTシャツやカットソーと比べると、一つのアイテムの中についているパーツが多いですよね。
襟やボタン、前立て、ポケットなど。

襟付きの柄物のシャツに限らずなのですが、洋服をコーディネートする時にたくさんのアイテムを使うと、まとめなければいけない要素が多くなるから全体をまとめるためにちょっとテクニックが必要になりますよね。
襟付きの柄物シャツはそのアイテムひとつで色んな要素が詰まっているから、組み合わせ方によってはコーデがごちゃごちゃして見えてしまう場合があるんですよね。

32513-2000528-s-09-dl
32513-2000528-s-10-dl

見慣れていない

これは柄物シャツに限った事ではないのですが、普段着なれないアイテムを着ている自分を見ると似合っている・似合っていないの前に見慣れない自分がいるので違和感を感じやすいもの。
特にシャツは顔の近くにくるものなので、よりいっそう見慣れない感を感じやすくなります。

柄物シャツ着こなしのコツ

似合わないと感じる理由が分かったら、その部分に気をつけて着こなせばOKなのであとは簡単。
ここからは着こなしのコツをご紹介致します。

色使いは3色から4色で

柄物や無地に限らず洋服をコーディネートする時に使う色は3色から4色にするとスッキリとした着こなしを簡単に作りやすくなります。
細かい柄などではなかなかきっちり使われている色をカウントする事は難しいと思いますので、ざっくりでかまいません。
柄物シャツをコーディネートした時に色が多かったかも、と感じる方はぜひ全身で見て3色から4色くらいに見えるな、と思うくらいにまとめてみてください。

柄物のシャツに使われている色の中から他のアイテムの色をチョイスすると色を増やしすぎずにまとめやすくなるのでおすすめです。

20101204

柄物シャツをポイントにして

先ほど似合わないと感じる理由に柄物のシャツは要素が多いとお話ししましたが、一緒にコーディネートするアイテムがたくさんあるとシャツ以外にもいろいろな要素が増えることになるので、その他のアイテムを使いすぎずに、柄物シャツがポイントになるように着こなすことも簡単にコーディネートするポイントのひとつ。

柄物シャツに限らず、重ね着などもそうですが使うアイテムが増えるとコーディネートにテクニックがより一層必要になるので、使うアイテムを厳選してアイテムを少なめにコーディネートするとコーデが簡単になりますよね。

21012104

アイテム数が少なくなればそれだけ使う要素が減る事になりますから、自然と柄物シャツがコーデのポイントになってくれるので着こなしがまとまって見えやすくなりますよね。
色はそんなに使ってなかったけどちょっとアイテムいっぱい使ってたかも、と言う方はぜひ試してみてくださいね。

抜け感を意識して

襟が気になる場合は、襟抜きをしてみることや羽織として使うことで、首が詰まって見える印象を減らしてあげると着こなしやすくなります。
襟を抜いたり羽織として使うために前をあけて着ると自然に抜ける部分、つまりは「抜け感」がうまれます。
抜け感を意識してコーディネートすると襟がついた柄物シャツの苦手意識を減らす事に繋がりますよね。

32575-2000434-s-16-dl

簡単に馴染みやすい柄から始めてみる

着慣れなくて見慣れない時、馴染みやすい柄からはじめてみると見慣れていきやすくなります。
例えば
・肌が白い方は自分の肌の色に近いような薄めの色合いや落ち着いた柄からはじめてみる
・顔立ちがはっきりした方はちょっとはっきりめの柄から始めてみる

こんな感じでちょっと自分に近いようなものから始めてみると◎。
見慣れてきたら色んな柄にチャレンジしてみてくださいね!

32122-2000580-s-08-dl

おわりに

柄物のシャツって年齢を重ねるごとになんだか苦手に感じやすくなり遠ざかってしまいがちになりますが、コツを掴んでワードローブに取り入れられたら、いつものコーデがちょっと違って見えるからマンネリ化の解消にもつながりますよね。
色んな柄を楽しんでいきましょう!

Tags: