coordinate着こなしアイテム別

脱マンネリ!着て、羽織って、色々使えちゃうシャツワンピースの活用法

たとえば、寝坊しちゃった朝。
困ったときの強力な味方がワンピースだけど
「便利だけどいつも同じ着方になってしまう」
「またあのワンピース着てるって思われてないかしら」なんて心配も。

便利だけどちょっと着まわししにくいアイテム「シャツワンピース」の気まわしを徹底解剖!

ワンピースの着まわし術

シャツワンピースとして着る

onepiece

一枚で着るタイプのシャツワンピースを選ぶ場合は、丈感に注意することが必要。
短すぎるものは1枚で着ることができません。

特に裾のカットがラウンドカットになっているものだと前から見た時と、横から見た時とは明らかに丈感が違います。
前からだけ見て膝丈のものをセレクトすると1枚で着たときに太ももがチラッと見えてしまうなんていうことも。
裾のラウンドカットやサイドスリットの深さを確認しながら膝下丈のものを選ぶのが◎
サイドがひざ丈くらいになって「ちょっと短いかな?」と感じる時はレギンスを合わせて肌の露出を調節してみてくださいね。

羽織として着る

onepiece2

「コートだとアツいかも」逆に「カットソー1枚だとまだ肌寒いかも」という季節の変わり目に便利なのがシャツ。
また、冷房対策にももってこいなのがシャツのいいところ。
シャツワンピースを羽織として着るとロングカーディガンのかわりや春・秋のアウターがわりにも!
もちろん縦長効果で細見え感もUP!
夏に着たいノースリーブや袖なしワンピースの羽織りとしてもとっても便利。

よりカジュアルに着るのにはもってこい。

ちょこっとだけ何か足りない・・・そんな時はシャツワンピをオン◎

onepiece4

インナーとして着る

o0533080014095906964-400x650

画像出典:e-zakkamaniastoes

ロング丈のワンピースの表情を変えるのに一役買ってくれるのがシャツワンピース。
ロング丈のワンピースの襟元から、そして裾からシャツワンピースが覗くだけでトラッド感が増すコーディネートの完成。

簡単にテイストが変えられるのも便利◎
秋冬に着たいニットワンピースなどにレイヤードしてみるとコーデの印象を変えることが出来て◎。

トップスとボトムとして着る

18102907_1

画像出典:e-zakkamaniastoes

超簡単。
シャツワンピにトップスを重ね着するだけで、普段とは違うテイストのコーディネートが完成。
シャツワンピースがインナートップスとボトムの役割を果たしてしまうコーディネート。

ボトムスをレイヤードする

onepiece5

下にボトムスをレイヤードするだけで一枚で着た時とはまた違った印象に。
ワンピースト相性がいい細身のボトムスはもちろん「ゆったり×ゆったり」もいまや定番のコーディネートだからボトムスを重ね着するだけで簡単にこなれ感コーデがつくれます。

もしも重たく見えないか心配な時は、「抜け感」を作る事を意識してみて。
首まわりや腕まわりをほんの少し露出するだけでコーデに軽さがプラスされるからぜひ試してみてください。

おわりに

今回はシャツワンピースのお手軽活用法をご紹介。
これさえ知っていればただでさえ便利なアイテムがもっと便利なものにお手軽にパワーアップ!

是非お試しになってみてはいかがでしょうか。
めざせ着まわし上手さん!

Tags: