体型別着こなし

胸が大きくて似合わないを解消!「胸が大きくても似合う洋服」を選ぶコツと着こなしのコツ

体型にまつわるファッションの悩みは人それぞれ。
「胸が大きくて似合う洋服がない」「体のラインが強調されてしまって嫌だ」「胸が大きくてワンピースやサロペットが似合わない」「胸のせいで太って見えてしまう」など、胸が大きい方はそのことで洋服選びに悩むことが多いはず。

でも大丈夫。その悩み、ちょっとしたコツで解消することができるかも!
スタイリスト直伝の「胸が大きい人がスッキリ見えするコツ」や「アイテムの選び方や着こなし方」など胸の大きい女子に似合うTシャツやワンピース、サロペットなどのアイテムの選び方と着こなしをご紹介!

4つのコツを取り入れて『胸が大きくてもかわいく着れる』をマスターしよう!

胸が大きくて似合わないを解消するコツ

①素材感選びのコツ

一枚で着るときに選ぶと『◎』な素材

Tシャツやカットソー、シャツなどに使われる布帛ものは、ハリ感のある素材をチョイスしましょう。
胸の大きさで悩んでいる方が一番避けたいのは体にフィットしてしまう素材感。フィットすると体のラインが強調されてしまい、どうしても大きさが目立ってしまいます。

張り感がある素材のものは基本的に体にフィットしにくいため、『胸が強調されてしまう』という事を軽減することができます。
カットソーではフライスなどの伸びて体にフィットする生地ではなく、ちょっとバサッとした素材感のものや、ポンチ素材のものが◎
シャツも透け感があまりなくパリッとした素材のものを選びましょう。
また、ニットは目の詰まりすぎないものを選ぶといいでしょう。

サイズはちょっと大きめのものをチョイスして。
大きめサイズだと体型を拾わず、体と着ているものの間に余白が生まれるため自然と華奢見えします。

000000025232-35-xl

画像出典:e-zakkamaniastores

一枚で着るときに選ぶと『×』な素材

基本的に「伸びる素材」のものはNG。
伸びるものは体にフィットします。「胸を目立たせたい」場合にはOKですが、「胸が目立つのが嫌だ」と感じる場合は避けた方がいい素材感です。
カットソーだったらフライス素材やリブ素材。ニットだったらリブやトタンテレコなどフィットして伸びる編地のもの。
布帛は、とろみのある素材だとは胸のふくらみがあらわになるため形によっては少しいやらしいイメージになる場合も。

②形選びのコツ

おすすめのネックデザイン

胸の大きい人は、胸のふくらみだけ服の布の分量が見た目に多くなるため、首元でその分量の調整を行うとすっきり感がアップします。
首元の開きで服の分量の調節をするとバランスがとりやすくなります。
胸の大きい方がチョイスしたい首の開きは「Vネック」や「ボートネック」
肌の露出部分を増やし布の分量が調整することで、バランスがとりやすく胸元に目が行きにくいという視覚効果を狙ったものです。
首の開き方で注意しないとならないのは「開き加減」。
肌の露出のし過ぎは下品な印象を与えてしまいがちです。谷間が見えないくらいの開き具合を選んだり、インナーで空き加減を調節しても。
もちろん好みではありますが、TPOに応じてエチケットやマナーは守りたいものです。

余談ですが、この布の分量の調節は肩幅の広い人にもおすすめの選び方のコツです。逆に肩幅が狭い人は首の詰まったもので布の分量を調節するとちょうどいいバランスになります。

000000025232-05-xl
000000040870-03-xl

NGなデザインとおススメのデザインの選び方

■NGなデザイン

胸元のデザイン
まずは胸元に過度な装飾(たくさんのフリルやビジューなど)のあるデザインのものはNG。
胸元に視線が行ってしまいます。
またフリルは広がるとより胸の大きさを強調させてしまいます。
胸元にアクセントをもってきたい場合は胸にかからないくらいのネックレスなどアクセサリーを付けるのが効果的。

袖丈と袖の装飾
袖丈や袖のデザインにも注意が必要です。
トレンドからもはや定番になりつつあるいわゆる「袖コンシャス」なデザインのものには特に細心の注意を。
胸の高さに広がりがあるデザインのものはNG。胸を強調するだけでなく、胸が広がって見えてしまいます。

■おすすめのデザインの選び方

デザイン選びにもすっきり見えのコツはあります。

袖丈も胸よりも下の位置の丈を選びましょう。
袖丈が終わる部分は必ず目線がいくポイントになります。
そのためバストトップの延長線上に袖丈の終わりの部分がいくと、胸が目立ってしまうことに。

以下に気を付けてデザインを選ぶのがおすすめ。
・胸元はシンプルなデザインのものを選ぶ
・袖のデザインがあるものはバストトップよりも下に袖の広がりのあるものを選ぶ
・袖丈はバストトップよりも下のものを選ぶ

000000043731-02-xl

③着こなしのコツ

ウエストインでメリハリを

「ビックシルエットのトップスを着ると、太って見えてしまう」
胸の大きさでお悩みの方のあるあるだと思います。
実はこれ、バストトップで体の厚みが固定されてしまうために起こってしまう現象です。
体の下までバストトップとずっと同じ厚みが続くため、太って見えてしまいがち。
これは「メリハリ」を作ることで解消できます。

おすすめの着こなし方のコツはウエストイン・タックインです。
その際ぴったりとインしてしまうのはNG。
胸が余計に強調されてしまいます。胸がちょっと遊ぶくらいの緩さでブラウジングしてあげましょう。
お尻やわき腹が気になってしまう・・・という方は前だけインでもOK。
ちょっとたっぷりめにブラウジングすると、お腹のお肉やわき腹のお肉も気にならないので一石二鳥に。

22080319

ウエストインや前だけインの方法は下記の記事をチェック!
簡単2step!「トップスイン」「前だけイン」が簡単にキマル方法

「X」シルエットで着やせ効果も

ワイドパンツやAラインのスカートなどをはくときのコーディネートや、ワンピースを選ぶ時に覚えておくと便利なのが『体型にあったシルエット』です。
胸の大きい方におすすめのシルエットは【Xライン】シルエットです。
胸の大きさが気になる人は【Xライン】シルエットのコーディネートが似合う人が比較的多いです。

ウエストインやタックイン、ベルトなどでウエストマークして、アルファベットのXのようなシルエットを作ればOK。Xを作る事でシルエットにメリハリがうまれ、コーディネートをスッキリと見せることができます。

Xにしたら「胸が余計強調されて太って見えるんじゃ…」と不安に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、洋服を着た時にスッキリと見せるためには全身の中で気になる箇所を全体像で見てバランスを取ってあげる事が大事なポイントです。
ウエスト部分を細く見せてあげる事で、他も一緒に細く感じさせてしまえればこっちのもの。
ぜひ一度試してみてくださいね。

22010515

④アイテム選びのコツ

これまでにお伝えしたコツを踏まえて胸が大きい人が苦手に感じやすい代表アイテムの中で胸をスッキリ見せてくれるシルエットや形などをご紹介致します。

Tシャツなどカットソー

春から夏、季節の変わり目から秋にかけて必須アイテムのTシャツは素材感も薄く、胸だけでなく背中などの肉感もひろってしまうアイテムですよね。胸の大きさがわかりやすい為、下品に見えそうなどの理由から胸が大きい人にとっては苦手意識が強いアイテムの一つです。

胸が大きい女子が似合うTシャツ選びのコツは「ゆとりとネックデザインと着丈」に気を付けること。

サイズ感
ボディラインに沿うなど体にピッタリフィットするTシャツは胸を強調しやすくなるためNG。身体とTシャツの間にほどよくゆるみのあるゆったりとしたサイズのものを選びましょう。
サイズ展開のあるTシャツなら普段のサイズよりもサイズアップして選んでみてもいいですよね。
そして素材選びのコツでもお話ししたとおり、ハリ感があり薄すぎない素材のものを選ぶとよりスッキリ感がアップします。

ネックデザイン
ぴっちりと首元が埋まってしまうネックデザインのものではなく、首元にゆとりが生まれるボートネックやVネックのデザインのものを選ぶのがおすすめです。

着丈
ショート丈のTシャツなどのトップスはバストトップからストンと落ちてしまうため、太って見えてしまう丈です。
「インして着れる丈感」を意識して選ぶようにするのがおすすめです。
ショート丈のカットソーでも、裾にリブがついていたり、着るだけでインしたように見えるようなデザインのものは◎
『胸とウエストのメリハリ』をゆるやかに作れるサイズ感やデザインのものを選びましょう。

000000029750-09-xl

ニット

コットン素材を含めると一年中活躍するニットですが、Tシャツ同様にボディーラインが目立ちやすいものや、厚手のためさらに胸に厚みがでてしまったりと、胸が大きい女性の中には苦手に感じる方も多いアイテムです。

Tシャツの選び方同様に、気を付けたいのはゆとりとネックデザインと着丈。
注意点やおススメはTシャツの選び方と同じですが、編地もデザインの一つになるニットは、編地にも気を付けて選んでいただくと◎

編地
編み目の細かいニット(ハイゲージニット)は薄手でやわらかなものが多いため、肉感を拾いやすいニットです。ある程度ゆとりがあるものを選んでも「胸が強調されちゃう」と感じることがあるかもしれません。
おすすめなのは、編み目が粗くざっくりと編まれた(ローゲージニット)もの。
ケーブル編みなどの縦のラインが強調される編地のニットもおススメです。

またリブ編みなどの体にフィットするものではなくちょっとゆとりのあるもの・首元がゆったりしたデザインのオフタートルデザインなどを選ぶのもおすすめです。

000000041252-05-xl

春夏など薄手になる時期のニット
もちろん春夏にもローゲージのニットは存在しますが、ざっくりニットは少なくなる時期。
そんな時は「編地に特徴があるるもの」「丸みのあるシルエットのもの」「首がつまりすぎていないデザインのもの」を選んでみてください。
Tシャツ同様にピッタリしたシルエットは胸の形を強調してしまうのでゆるみで胸の大きさを感じさせないようにしましょう。

000000036356-03-xl

タートルネックやハイネックニット

ニットの中でも「胸が目立つのが嫌だ」と感じている人が特に苦手に感じやすい種類は【タートルネック】や【ハイネック】ですよね。タートルネックやハイネックは首元が詰まっているので、布の面積が増えるため、その分太って見えてしまいがちなアイテム。
また、ぴったりと体に沿うデザインのものが多いので胸の大きい人にとっては難しく感じやすいアイテムです。

ハイネックではなくてモックネックがおすすめ
ネックラインが少し下がるモックネックのデザインだと、ハイネックよりもスッキリ見えします。
その際は袖にボリュームがそこまでなく、身頃のデザインもスッキリしているものを選んでください。
また、手首を少しだしてあげるとぐっとバランスがとりやすくなるのでぜひ実践してみてください。

胸が目立たないように着こなしたい場合のポイント
体に沿ってしまうデザインや素材だとどうしても胸が目立ってしまいます。
そんな時は一枚で着ないようにするのがポイント。カーディガンやパーカーやシャツなどを羽織ると縦のラインも強調され、胸が目立たなくなるだけでなくスッキリ効果も◎

ワンピース

一枚布仕立てが多いワンピースはメリハリを作るのが難しく、素材やシルエットによっては胸が強調されてしまったり、胸のせいで太って見えてしまったりしがちなアイテムです。
そのため「胸が大きくてワンピースが似合わない」という声を多く聞きます。
今回はおすすめのシルエットとNGシルエットをご紹介します。

■おすすめのワンピースのシルエット・形(デザイン)

Aラインのフレアーワンピース

裾に向かって広がりきれいなフレアが出るフレアワンピースは胸が大きい女子の強い味方になってくれます。
足元のボリュームが胸のボリュームをファジーにしてくれる効果があるからです。
中途半端丈ではなくマキシ丈を選ぶとより効果的です。

22072106

■避けた方がいいワンピースのシルエット・形(デザイン)

Iラインのワンピース

基本的にXのシルエットが似合う胸の大きい女子にとってIラインのワンピースは太って見えてしまう可能性が高いワンピースのシルエットです。
胸が窮屈になってしまうというのもその要因の一つではありますが、一番の要因は胸の高さが体の幅になってしまうということ。
Iラインのワンピースだとバストトップでワンピースが下にストンと落ちるので横から見た時にバストトップが体の幅に見えてしまうんです。
トップス選びでもこの現象がおこりますが、トップスの場合だとウエストインしてしまえばメリハリが簡単に作れますが、ワンピの場合はなかなかそのメリハリが作りにくい。そのため全体的にボリューミーに見えがちです。

胸下に切替があるワンピース

胸のすぐ下にシャーリングやギャザー・リボンなどのデザインディティールや切り替えのデザインがあるワンピースはそれだけで、目線が胸元に集まりがちです。
胸が窮屈に見えやすく、全体的にボリューミーな印象になってしまうことも。
胸元・袖・襟元などできるだけシンプルなデザインのものを選ぶようにしましょう。

オールインワン・サロペット・オーバーオール

オールインワンやサロペットも胸が大きい女子には難しいアイテムです。
こちらもワンピース同様にデザインとシルエットに注意すれば大丈夫。
以外とスッキリと着ていただくことができるアイテムです。

■おすすめのシルエット・形(デザイン)

胸当て部分にディティールの少ないものや、フロント部分がVあきのものなどがおすすめです。
その際やはりゆったりしたシルエットのものを選ぶのは必須です。
ぴったりしてしまっていると余計に胸が強調されてしまいます。
また、その際は胸当てから胸がはみださないようなしっかりとした胸当てのデザインがあり、しっかりめの素材感のものを選びましょう。
インナーをサロペット等と同色であわせると、境目がファジーになるのでおすすめです。

■避けた方がいいのシルエット・形(デザイン)

Iラインのシルエットのもの
避けたいのが、少し細身で、胸当ての位置が高めにあるIラインのシルエットのものです。
サロペットやオーバーオールを胸の大きな人が着ると、どうしてもバストトップが体の幅になってしまい、太って見えてしまいます。ワイドなシルエットだとそこまでわからないのですが、少し細身だと強調されてしまいます。

胸当て部分が小さいもの
胸部分のゆとりがなく、胸当て部分が小さいと、胸がはみ出てしまっているように見えてしまいます。
ゆとりがあるのは大前提ですが、胸はみ出て見えてしまうものはNGです。

おわりに

体型のせいで「好きなものが着れない」「好きなものを着るのをあきらめる」。
もしかすると日常で無意識のうちにこういう選択をしていることがあるかもしれません。
『胸が大きいから似合わない』を少しでも解消できたら、もっとお洋服を楽しめるはず。

体型もそれにまつわる悩みも人それぞれ。
ぜひ上記のコツを試していきながら「自分にあった選び方や着こなし方」を見つけてみてください。

Tags:
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status