アイテム別用語

寒さが残る季節はトレンチコートが便利!お洋服がもっと楽しくなる洋服用語講座【トレンチコート編】

春のライトアウターとして定番となっている「トレンチコート」。
冬から春に向かう中途半端な気温の時期にちょうどよいアウターで使いやすい一方、かっちりした印象だったり、きれいめなイメージがあり、着こなしが難しいと感じる方も多いかもしれません。
今回はそんなトレンチコートの特徴と、おすすめのトレンチコートと着こなしをご紹介いたします。

トレンチコートとは

トレンチコートとは、前のあわせがダブルになっており、肩から背中にかけて二重構造になったストームシールド、水の侵入を防ぐために右肩から胸にかけて付けられたガンフラップ、肩にはボタンで留められたエポレットと呼ばれるショルダーストラップなどなど様々な機能とデザイン性を持ち合わせているコートです。

そもそもトレンチコートの「トレンチ(=trench)」という言葉は「塹壕」という意味。
元々は第一次世界大戦中にイギリス軍が塹壕戦で使用するために作られた軍事用のコートでした。戦時中に使用されたことがきっかけで一般にも普及し、この名がつけられたのです。

軍事用コートということもあり実用性にも優れているだけでなく、そのデザイン性にも注目され、戦後はファッションアイテムとして一般にも広まっていきました。現在では定番のコートとして親しまれている存在です。

トレンチコートのおすすめポイント

季節の変わり目にちょうどいい

トレンチコートは薄すぎずほどよく厚みがある素材なので、季節の変わり目にぴったりなアウターです。
元々軍事用のコートとして使われていたので保温性も高く、まだ寒さが残る季節におすすめです。
最近では取り外し可能なライナー付きのトレンチコートもあるので、調節がしやすく長いシーズン楽しめます。

デザインが豊富

最近ではショート丈のトレンチコートや、ノーカラー、異素材ミックスなど、トレンドに合わせて様々なデザインのトレンチコートが登場しています。
カラーも豊富にあるので、いろんな雰囲気を楽しむことができるのも魅力の一つです。

おすすめトレンチコートとコーディネート

どんなコーディネートにも合わせやすいとはいえ、ビジネスやリクルートのイメージが強いという方も多いのではないでしょうか。
ここでは普段のカジュアルなスタイルにも取り入れやすいトレンチコートと、そのコーディネートをご紹介します。

オーバーサイズのゆったりしたトレンチコートは、さっと羽織ってラフに着こなすことができるので、カジュアルなコーディネートにもピッタリのアイテムです。
スウェットとパンツ、スニーカーというカジュアルなコーデにもマッチします。
また、ゆったりしている分中に厚手のトップスを着込みやすく、調節しやすいのもおすすめポイントです。

一見難しく思えるショートトレンチですが、ショートトレンチはバランスがとりやすく、合わせるボトムスを選びません。
特にワイドパンツやロングスカート、ハイウエストのボトムスと合わせるとスタイルアップが狙えます。
低身長さんにもおすすめです。

シンプルな形のトレンチコートは少し遊びのあるデザインのものを選ぶと◎
このトレンチコートはデニムがドッキングされたデザインで、かっちりした形でありながらカジュアルに羽織れる一枚です。
カジュアルなスタイルに合わせるのはもちろん、きれいめコーデをカジュアルダウンさせることも。個性派に見えて着回し力バツグンです。

おわりに

いかがでしたか?
トレンチコートは、選び方や着こなし次第でフォーマルでもデイリー使いでも楽しめるアウターなんです。
ぜひこちらの記事を参考に、春に向けてのコーディネートを楽しんでください!

Tags: