アイテム別用語

バケットハットってどんな帽子?かぶり方は?お洋服がもっと楽しくなる洋服用語講座【バケットハット編】

新たにトレンドとして注目されている「バケットハット」。元々はメンズやストリートの印象が強いアイテムでしたが、最近では女性らしいコーデにも合わせやすいバケットハットもたくさん登場してきています。
一方で、被り方やコーデへの取り入れ方が難しかったり、買ってみたものの似合わない気がする…なんてお声も。
今回は、そもそもバケットハットとはどんな帽子なのか?ということから、初心者さんでも挑戦しやすいバケットハットやコーディネートなどもご紹介いたします。

バケットハットとは?

バケットハットとは、一般的に写真のような、つばが下向きで幅が狭めな帽子のことを言います。
名前の通り、バケツをひっくり返したような形をしていることから、「バケットハット」と呼ばれています。

一見難しく感じがちなバケットハットですが、コットンツイルなどの柔らかい素材で作られているものが多く、頭の形に馴染んで被りやすいため、実は初心者の方にもおすすめのアイテムなんです。

バケットハット、どう被るのが正解?

バケットハットはつばが短めなため、浅めに被っても深めに被っても楽しめる帽子です。
そのため、その時の髪形、コーディネートの雰囲気によって被り方を変えるのが◎
ぜひ自分で試してみてお気に入りの被り方を見つけてみてください!

浅めに被る

少し後ろに倒す形で浅めに被ると、顔まわりも明るく女性らしい印象になります。
特に、前髪を下ろして被るときにおすすめな被り方です。

深めに被る

垂直に近い形で深めに被るとクールな印象に。
髪の毛を下の方でまとめている時や、前髪をあげて顔まわりをスッキリさせている髪型の時におすすめです。つばの影で小顔効果も◎

つばの形をアレンジ

被る角度を変えるだけでなく、形をアレンジするのもおすすめです。
つばを少し折り曲げて曲線を描くようにうねうねさせると、くたっとした柔らかい雰囲気が出ます。
バケットハットのハードな印象を少し和らげてくれます。

おすすめバケットハットとコーディネート

ストリートだったりメンズのイメージが強いバケットハットですが、カジュアルなコーデ以外にも合わせやすいバケットハットもたくさん登場しています。
ここでは、初心者の方でも取り入れやすいバケットハットとそれに合わせたコーデをご紹介いたします。

ペーパー風の素材とつばのフリンジ加工でナチュラルな雰囲気で楽しめるバケットハット。今までバケットハットに挑戦したことなかった方でも挑戦しやすくて◎
通気性もよいので暑い夏にもピッタリです。
フェミニンなワンピースでも合わせやすく、一つ持っているだけで万能に使えます。

一見難易度の高そうなケミカルウォッシュデニムのバケットハットも、グレー系やチャコール系の色なら落ち着いた印象で大人っぽく取り入れられます。
カジュアルなスタイルはもちろん、こちらのようにボリューミーなスカートスタイルでも合わせやすいです。

秋~冬におすすめなのがコーデュロイ生地のバケットハット。
ほっこり素材でナチュラルな雰囲気に。防寒対策にもピッタリです。

おわりに

いかがでしたか?
バケットハットは、帽子を取り入れることにあまり馴染みのない方にはハードルが高く感じてしまうかもしれないアイテムですが、被り方や素材感によっていろんな雰囲気を演出できます。
日焼けが気になる夏が近づいてきた今、この機会に是非バケットハットに挑戦してみませんか?

Tags: