着こなしTPO

秋服っていつから着るのが正解?目安は気温、上手な揃え方のコツは?

「秋服って一体いつから着るの?」毎年悩む人は多いはず。残暑が続いていたと思ったら急に気温が下がり、秋服を買う時期や着る時期がわからないままになりがち。今回は秋服を着る時期や秋の着こなしを楽しむための揃え方についてご紹介いたします。

目安は気温

制服を着ていた学生のころは「今日から衣替えです!」というちょっとした目安がありましたが、大人になるとわかりやすい目安がなく自分で判断していくことになります。
真夏のようにわかりやすければよいのですが、秋は気温が上下しやすいので「この日から」という目安がむずかしいですよね。
そんな時に目安にしたいのはその日の気温です。

「最高気温25度未満・最低気温20度以下」

最高気温が25度未満になる日が続くようになると夏の装いでは少し肌寒く感じられるようになってきます。そして最低気温が20度以下になり始めると昼と夜の気温に差が開き始めるので朝の通勤時や帰宅時間頃にはより肌寒く感じられるようになりますよね。
地域によって差はありますが、実際にこの気温になり始める時期は一般的には9月中旬頃から下旬にかけて。
この頃になると秋服の出番です。

ちなみに15度を下回ると冬物の出番になり始めます。

秋服いつから揃える問題

秋服を着る目安がわかったら、次にしておくといいことは「準備」です。

秋服の準備で頭を悩ませるポイントは2つあります。

1つ目は【衣替えをする時期】です。
9月中は気温が上下する日も多いので、衣替えは10月に入り気温の上下が落ち着き始めた頃がおススメです。

2つ目のポイントは【新しく買う時期】です。
その年によってトレンドの変化もありますし、自分の好みが変化したり体型が去年までと変わったなんてこともありますよね。
そんな時、新しい秋服を購入することがあると思いますが、この時気をつけておきたいのが「秋服を買う時期」です。
秋の服を実際に着始めるのは9月中旬以降から下旬にかけてですが、その頃に着るのにちょうどいい秋服がお店に沢山おいている時期は実際着る時よりもちょっと早い時期が多いです。
8月中旬以降くらいから9月にかけて秋物が並んでいる場合が多く10月に入ると気がつけば冬服が並び始め、いざ秋服の時期が来たから買おうと思った時には欲しいデザインは選びにくくなっていたり、欲しい色が売り切れてしまっていたりして結果として秋服を変えずに終わるなんてことも。
ですから秋服を新しく買う場合は実際に着る時期よりも少し早めにお店を見て回り買い始めると、自分が欲しかった・着たかった秋服を楽しめるので、ちょっと早めを意識してみるのがおススメですよ。

何から準備していく?

秋のお洋服を何からそろえていくか考えた時に、早めに揃えておいたほうがいいとしても、すぐに着ることが出来ないものを買うのってなかなか悩むものですよね。
そんな時は時期に合わせたものを順番に揃えていくと買ってから実際に着るまでに期間が空きすぎず、早くに着て楽しみやすくなります。

まずはじめに揃えるとよいものは「秋カラー」アイテムです。
夏のセールが半ばに差し掛かったころから出始める事が多い「秋カラー」アイテムは、夏物に飽きてきたかもと思い始めたら気温が高くても着られるシルエットが多いので一番初めにそろえると◎。
お盆を過ぎたころから少しずつ秋カラーにしてみると早い時期から秋コーデを楽しめます。

000000028722-09-xl
000000040618-07-xl

お次は七分袖のカットソー・ブラウス・シャツなど。

七分袖のカットソーなら暑い時期の冷房避けとしても使えますし、ニットを着る時期のインナーとしても使えるので早いうちから着られてシーズンも長く使えるので用意しておくと便利です。

000000011449-07-xl

ブラウスやシャツは身幅や腕のまわりにゆとりがあるものを選べば風が入るのでこちらも早いうちから着ることが出来ますよね。
また、前あきのタイプは羽織としても使えるので便利でおススメです。

000000036117-24-xl

次に準備しておきたいアイテムは、秋アウターなどの【羽織物】です。
秋は気温が上下しやすく、一日の中でも朝晩と昼間の気温にも差があることが多い季節。日中は半袖や七分袖などでも平気な場合もあるので、気温に合わせて脱いだり着たり出来ると調節出来て便利です。
半袖や七分袖、ブラウスやシャツだけでは肌寒くなってきたら、トレンチコートやチェスターコート・ステンカラーコート・モッズコートなどの薄手の秋アウターやカーディガン、パーカーなどの羽織ものを用意しておくと◎。

21080407_1
20062904_2

おわりに

秋は他の季節とくらべると短く感じますが、実は一番色んなアイテムが楽しめる季節でもありますよね。
気温が把握出来たら、上手に準備して秋のコーディネートを楽しんでいきましょう。

Tags: