用語

今季は襟がないノーカラーがトレンド!お洋服がもっと楽しくなる洋服用語講座【ノーカラー編】

トレンドの「ノーカラー」。最近では特にアウターなどで人気となり親しまれるようになった形です。
しかし、「ノーカラー」と聞いて、具体的にどういうものなのか説明できない…という方も多いのではないでしょうか?
ここではノーカラーについて、そもそもどんなアイテム?というところから、ノーカラーのおすすめアイテムもご紹介いたします。

ノーカラーとは

「カラー(=collar)」とは、英語で「襟」という意味。つまりノーカラーとは写真のように襟がないもののことを言います。
クルーネック(丸首)でもVネックでも形を問わず、襟がついていないものが「ノーカラー」です。

バンドカラーとの違いは?

ノーカラーと少し混同してしまいがちな「バンドカラー」。同じじゃないの?と思った方も多いのではないでしょうか。
バンドカラーは写真のように首回りに帯状の布を付けた襟の形です。
対して、ノーカラーは襟が全くついていないもの。なんとなく形は似ていますが、全く別物なんです。

バンドカラーについて詳しく知りたい方はこちらもあわせてご覧ください!

ノーカラーのおすすめポイント

ノーカラーは、バンドカラーよりもラフに着こなすことができ、抜け感のある印象を与えてくれます。また、シンプルで無駄のないデザインなので、着回しにも困らない万能アイテムです。
そして、レイヤードスタイルを楽しめるのもノーカラーの醍醐味。トレンドのノーカラーコートやノーカラージャケットは、タートルネックやハイネックとレイヤードして首元をのぞかせることでアクセントになります。

ノーカラーのおすすめアイテム

トレンドとして注目されているノーカラーは、アウターをはじめ様々なアイテムが登場しています。
ここでは、ノーカラーのおすすめアイテムをご紹介いたします。

トレンドのノーカラーコートは、首元がスッキリしているので羽織るだけで大人っぽい印象になります。
中に着るアイテムを選ばずマルチに着まわせます。マフラーやスカーフとも合わせやすい◎

デニムジャケットはどうしてもワーク感が強くカジュアルな印象がありますが、首元がノーカラーになるだけでカジュアルさを和らげてくれます。
きれいめなスカートにも合わせやすく、カジュアルすぎるのが苦手な方におすすめです。

さらに大人っぽく着こなしたい方は、Vネックのノーカラーがおすすめです。
とにかくスッキリとした印象になるので、首が長く見えて着やせ効果も◎

アウターやジャケットの印象が強いノーカラーですが、ブラウスもおすすめです。レギュラーカラーやスタンドカラーなどのブラウスはかっちり感が出ますが、ノーカラーのブラウスはほどよくラフな雰囲気で着こなすことができます。
ジャケットのように羽織るとレイヤードスタイルも楽しめます。

おわりに

いかがでしたか?
注目を集めるノーカラーの特徴や着こなしをおさえて、トレンドコーデをぜひ楽しんでみてください!

Tags: