lifehack

ニットが縮む・伸びる原因や元に戻す方法とは?

寒い季節には欠かせないニットですが、着続けているうちに伸びてしまったり、お洗濯をしたら縮んでしまい、ダメにしてしまった…という困った経験をされたことのある方は多いですよね。きれいなシルエットで着続けるために、今回はそんなニットの伸びや縮みの原因や元に戻す方法をご紹介致します。

ニットが縮む原因

ニットの中でも縮みやすい素材があります。ウールなどの動物性の天然繊維はニットの中でも縮みやすい素材です。
毛を使ったニットが縮んでしまう原因は水です。ウールなどの毛は動物の毛ですから、私たちの髪の毛のようにキューティクルがあります。うろこ状をしたキューティクルはスケールと呼ばれており、このうろこは水に濡れると開きます。開いた状態でひねりが加わるとうろこ同士が絡まり合ってしまい、フェルトのような状態になります。このフェルトのようになった状態のまま乾くと、縮んだようになってしまうんです。

動物性の繊維以外でも縮みやすい素材はあり、天然素材である綿も比較的縮みやすい素材です。綿は縮れた繊維をより合わせて糸にしているので、水に濡れると元の状態に戻ろうとして縮んでしまうんです。

ニットが縮まない為に注意する事

ウールなどの動物性の繊維も綿も水が原因で縮みが発生します。衣類を取り扱っていて最も水に濡れる出来事と言えばやはり洗濯ですよね。洗濯する際に出来るだけ水に濡れている時間を少なくすることが大事なこと。
洗濯機でするとしても、手洗いでするとしても、どちらも手早く時間をあまりかけずに行うことは縮みを防ぐことに繋がります。洗濯機なら短時間に設定して行いましょう。

もう1つは脱水する時間の長さ。洗濯機で行う場合は30秒くらいで終わらせるようにすると◎。それ以外ではバスタオルなどに挟んで水分を吸ってあげるという方法もあるので一度ためしてみてくださいね。

縮んだニットを元に戻す方法

もしも洗濯に失敗して縮んでしまったら、完全にとまではいきませんが、元に戻す方法をご紹介致します。
髪の毛用のトリートメントを使用します。
トリートメントの中のシリコン(ジメチコン)が縮んだニットを元に戻す事に効果があります。

やり方は簡単。トリートメントを溶かした水に入れて押し洗いし、そのまま軽く脱水します。脱水したら元に戻したい大きさに伸ばして自然乾燥させればOKです。

完全に元の状態に、という訳にはいきませんが、何もしないままもう着られない、と諦める前に一度ためしてみてくださいね。

ニットが伸びる原因

ニットは元々伸縮性があります。ですから着ていれば伸びるのは当然のことなんです。着ているうちにニット自身の重みで伸びてしまう事もあります。特に首回りや手首や裾は脱ぎ気の際にも伸びやすい部分なので、気がついたらよれよれに…なんてことよくありますよね。

着ているとき以外では縮み同様にやっぱり原因になるのは洗濯の時です。洗濯の際に水分を吸ったニットは重みが増し、ハンガーにかけて干すと重みで伸びてしまいます。
また脱水の際も、脱水しすぎると余分な力が掛かり、あっちこっちに引っ張られるので伸びてしまう原因になります。

32489-1900166-s-07-dl

伸びやすいのはこの三か所

ニットが伸びないように注意する事

水分を吸ったニットはハンガーに掛けると重みで伸びてしまうので、吊り干しにはしないようにしましょう。
平干し用のネットを使用したり、ピンチハンガーなどの上に広げると言った工夫して干すようにすれば首元が伸びてヨレヨレになる事も防げますし、身頃や袖が伸びて長くなってしまうことも防ぐことが出来ます。

また洗濯機を使う場合は脱水時間は出来るだけ短めにしましょう。

伸びたニットを元に戻す方法

縮み同様に、完全にとはいきませんが伸びたニットを元に戻す方法をご紹介致します。

まずお湯につけます。つけたニットが元に戻したい大きさになったら、軽く脱水てドライヤーで乾かしてあげましょう。

その他にも、スチームアイロンをかけるという方法もあります。元に戻したいニットから5センチくらい浮かせてスチームアイロンをかけてあげてください。

こちらも伸びてよれよれだからもう無理…と捨ててしまう前に一度試してみてくださいね。

おわりに

秋冬のニットにどうしてもつきものなものが縮みや伸びですが、お気に入りのニットは出来るだけ買った時の形で長く着ていきたいものですよね。お洗濯などの際にちょっとだけ一工夫してみたり、ダメにしてしまったかも…と思っても諦める前に元に戻す方法を試してみれば、着続けられるかもしれません。ニットと上手にお付き合いして冬を楽しみましょう。

32158-1002991-s-06-dl
Tags: