体型別着こなし

洋ナシ体型さん必見!下半身をスッキリ見せるおススメなボトムとその種類

「なんとかちょっとでもスラっと見えないものだろうか」
世の女子たちの永遠のテーマである。
そして悩み多き部分はどちらかというと下半身に偏っている。

腰が張っている・太ももが太い・ヒップが大きい・ぽっこりおなかちゃん・・・

などなど女子たちの腰から下の悩みは多い。
そこで今回は腰まわりのお悩みをお持ちの洋ナシ型体型さんにおススメのボトムスをご紹介。

洋ナシ体型とは

そもそも洋ナシ体型ってなぁに?ということなんですが、洋ナシ体型とは腰まわり、下腹、太ももなど腰から下の下半身に張りがある体型のことをさします。
実はこの洋ナシ体型、日本人の女性に多い体型であるといわれています。
スタイリングやコーディネートのお悩みで一番多いのもこのお悩み。
それでは洋ナシさんにおススメのアイテム等を見ていきましょう。

洋ナシさんにおススメのスカート

FullSizeR (3)

腰回りのボリュームが気になる場合は、短めでもひざ下かひざ下丈がおススメ。
あまりミニをおススメできない理由としては、腰回り(ウエスト・ミドルヒップ・ヒップ)に布がとられてしまうため。
個人差はありますが、例えばひざが見えないような丈で履きたいな~なんて思っている場合、腰回りに取られてしまう分量を目算する必要が出てきます。
素材や形などにもよりますが、3cmは短くなると予想しておきましょう。そのため鏡の前で当ててみてひざ下丈のものはだいたいひざ丈になる。そんな感じで考えておいてもいいかも。

ちなみにロングやマキシ丈だとそこまで慎重に考えなくても大丈夫。
その理由はそこまで敏感な場所ではないから。ひざの裏が見えるか見えないかはスタイリングのバランスを大きく変える要因の一つ。
丈に困った場合はロング丈やマキシ丈をチョイスすると〇

タイトスカートやペンシルスカート

まずおススメなのはタイトやペンシルタイプの形。
腰まわりが特に張っている人の場合は隠さずに出してきてしまうのがおススメ。
タイトなシルエットのパンツと違って、スカートはウエストが決まれば腰の位置が決められます。このシルエットのスカートはハイウエストのものが多いのが特徴的。ウエスト位置を高い位置に決めてしまえば自然と足が長く見える効果があります。
また、タイトなシルエットは女性の体をきれいに見せてくれる効果があります。腰回りがない人よりもある人の方が抜群にきれいなシルエットを作ってくれます。
下着やお肉を拾いにくいちょっと張りがあって厚みがあり、それでいてストレッチ素材のものを選ぶとなおよし!

33603-1702526c_02

ひざ下丈よりも長い丈のフレアスカート

おススメ丈でも書いた通り、腰やミドルヒップで丈を持っていかれることを考えるとひざ下丈のスカートがおススメ。
それもフレアだとなおバランスがとりやすいです。
台形に広がっているものだと途中のミドルヒップで張ってしまったり本来の形が出ないことが多いです。
そのため、台形ではなくフレアなシルエットのものをチョイスしましょう。
裾に向かって広がるシルエットは隠したい部分をふんわり包んでファジーにしてくれます。
マキシ丈やロング丈だとその効果はより顕著に。
張りのある素材感よりもふんわりと軽い素材のものを選ぶと腰周りが気になりにくくなりますよ!

33121-1601017d_07

洋ナシ体型さんにおススメのパンツ

テーパードパンツ

テーパードパンツとは、ヒップ周りにゆとりがあり裾に向かって緩やかにすぼまっていくシルエットのパンツの形のことをさします。
多くの女性にフィットする形。
太ももからひざ下に向けてすぼまっているためすっきりとボトムをはきたいときにきれいにはけます。洋ナシ体型の方はトップスもある程度フィットしたものを選んで「I」のシルエットを作るのが◎
女性の体型に合わせたシルエットなので特に腰周りから太ももまでの張りが気になる人におススメの形。

33620-1702257d_03

ワイドパンツ

ワイドパンツとはその名の通りウエストから裾にかけてワイドにつくられているもの。
足元にボリュームが作れるので簡単に「A」ラインのシルエットが作れます。
トップスをコンパクトなものにするか、ビッグシルエットのものだと思い切ってウエストインをしてしまって。
そうすることで視点はウエストまわりから足元部分に移ります。
隠しながらすっきりと見せるテクニックの一つです。

33543-1701286i_01

ガウチョパンツ

みんな大好きらくちんなガウチョパンツ。
ワイドパンツやフレアスカートと同じ効果があります。
特にガウチョパンツはウエストが総ゴムのものが多く、楽して隠してスタイルアップができるというすぐれもの。
ゆったりシルエットと柔らかい素材感のものが多いため、特にヒップ周りの肉を拾うことが多いです。
カットソー素材などの薄くて肉を拾いやすい素材感の時はヒップにゆとりがあるものを選ばないと×。

17012431

小物を駆使してスタイルアップを狙え

小柄小物

小物を使って視点を変えるのもとっても大事なテクニックの一つ。
ウエスト周りに張りがある人だと、どうしても敬遠しがちなのがベルト。
余計にウエストが目立ってしまうのではないのだろうか・・・という危惧からなんではないかと思うが、実はそれは逆。
例えばベルトでウエストマークをすると、そこに視点がずれます。
視点は普通ボリュームが多い場所や情報量が多い場所に注がれる事が多いです。(胸の大きい人のバストにどうしても目がいってしまうっていうのももしかしたらそういうカラクリなのかも。実際女性の私でも目が行ってしまいますしね。)
ヒップまわりよりも高い位置、ジャストウエストあたりにベルトをすると効果は抜群。
腰周りのお肉が気になる場合もできればウエストインしたいところ。そうすることで自然と視点が上にずれ、腰周りから太ももにかけての張りが気にならなくなります。
是非お試しを。

22462-1601341c_03

おわりに

スタイリングのお悩みでダントツに多いのが「腰周りから太ももにかけて張りがあってパンツが似合わない」というもの。
女子ならではの悩みではありますが、裏を返すとそれは「女性らしい体型」ということになりますよね。
ちょっとしたコツで解消されることが多いので、上記にあげたいくつかを是非ためしてみてくださいね。

画像出典:e-zakkamania stores

Tags: