体型別着こなし

洋なし体型さん必見!スッキリ見えファッションを叶える洋服選びとコーディネートのコツ

腰が張っている・太ももが太い・ヒップが大きい・ぽっこりおなか…
腰から下【下半身】の悩みが多く、全身の中で特に下半身に気になる部分が集中している人はいわゆる【洋なし体型】と呼ばれています。
この【下半身】は、個人差はありますがすぐにはほっそりしない箇所。

そこで今回は腰まわりなどの下半身をすっきりみせてくれて洋梨体型さんのお悩みを解消してくれるおススメのボトムスの種類と着こなしのコツ・コーディネートをご紹介いたします。

洋ナシ体型とは

洋梨体型とは上の図の様に「洋なし」の形に似ていて、下にボリュームがある体型の事です。

洋梨体型さんに多い特徴

・肩幅や肩回りが華奢な人が多い
・胸が小さめで上半身に厚みが少ない
・全身の中で比較するとウエストが細く、くびれがある人が多い
・腰回りに張りがある
・お腹周りに肉がつくと下腹がぽっこりしやすい
・太るとお尻や太ももにお肉がつきやすい
・太ももや腰から下に張りがある
・お尻が横に張っている人が多い
・脂肪がぷよぷよしている

これらのすべてが当てはまるというわけではありませんが、上記のような特徴を持つ人が多く、上半身と下半身を比較すると下半身にボリュームがある人が多いことが洋なし体型さんの特徴です。下半身にボリューム感が多いのでジーンズなどのズボンをはいた時にお尻や太ももで引っかかってしまうという経験があったり、「私って下半身が太いから…」と思ったことのある人が多いのではないかと思います。

実はこの洋梨体型、日本人の女性に多い体型であると言われています。
スタイリングやコーディネートのお悩みで一番多いのもこのお悩み。
また洋梨体型さんは下半身が痩せにくいとも言われているのですが、だからこそファッションが強い味方になってくれます。
アイテムの選び方や着こなしのコツを取り入れれば、気になる部分を上手に隠してスッキリ見せることができます。

まずは、洋なし体型さんにおススメのボトムスをご紹介します。

洋梨体型さんが全身のバランスを取るコツはこちら
”私に似合う&スッキリ着やせが叶う!【体型別】着こなしバランスの取り方”

洋ナシさんにおすすめのスカート

おすすめの丈

腰回りのボリュームが気になる場合は、ロング丈やマキシ丈がおすすめです。短めの場合でも着た時に膝が隠れる丈感を選びましょう。
膝上丈のミニ丈をおすすめできない理由としては、腰回り(ウエスト・ミドルヒップ・ヒップ)に布がとられてしまうため、思ったよりも短めになってしまうからです。
個人差はありますが、例えば「ひざが見えないような丈ではきたいな」という場合は、腰回りに取られてしまう分量を考える必要が出てきます。
素材や形などにもよりますが、感覚的に3cm以上は短くなると思っておくといいでしょう。
ひざの裏が見えるか見えないかはスタイリングのバランスを大きく変える要因の一つです。簡単にスッキリ見えさせるためには、ロング丈やマキシ丈が便利です。
丈感に困った場合は、ロング丈やマキシ丈を選ぶようにしましょう。

22092904

おすすめのシルエット(種類・形)

■Aラインシルエットのフレアスカート[マキシ丈やロング丈のフレアなスカート]

22091205

ロング丈やマキシ丈で裾に向かってふわっと広がるAラインシルエットのスカートは隠したい部分をふんわり包んでファジーにしてくれます。
選ぶ時に注意したいのが、スカートのデザイン。
Aラインシルエットでもタックが入っている立体的なデザインのものだったり、タックではなくダーツ処理されているもの、タックデザイン等が入っていなくウエスト周りがスッキリして見えるフレアスカートがおすすめです。

選ぶ時に注意が必要なのが、ウエスト部分にギャザーが多く入ったギャザースカート。
ギャザー分量にもよりますが、ギャザースカートは腰周りでギャザーが広がってしまうため、ジャストウエストで履くと太って見えてしまう場合があります。
腰履きしてトップスで広がりを抑える着こなし方もありますが、バランスを取るのが少し難しいかもしれません。

洋なし体型さんにおすすめなのは、腰周りがスッキリした立体的なAラインシルエットのスカートです。ウエストのくびれがある洋なし体型さんは、トップスイン(タックイン)してメリハリをつけるとスッキリ見えして、さらに脚長効果も。

■Iラインシルエットのスカート[マーメイドスカート・タイトスカートなど]

22083011

腰まわりが特に張っている人の場合は隠さずに出してきてしまうのがおすすめです。
くびれがあり腰まわりが張っている洋なし体型さんの特徴である体型をきれいに見せてくれるシルエットです。
スカートはウエストが決まれば腰の位置が決められます。このシルエットのスカートはハイウエストのものが多いのが特徴的。ウエスト位置を高い位置に決めてしまえば自然と足が長く見える効果があります。
また、タイトなシルエットは女性の体をきれいに見せてくれる効果があります。腰回りがない人よりもある人の方が抜群にきれいなシルエットを作ってくれます。
洋なし体型さんは、ウエストにあわせるとヒップがきつく、ヒップにあわせるとウエストがゆるいということがよくあると思います。
そのためIラインのスカートを選ぶ際は、下着やお肉を拾いにくいちょっと張りがあって厚みがある生地感でストレッチ素材のものや、プリーツ素材のものなどを選ぶようにするといいでしょう。
ストレッチ素材の腰周りがタイトなスカートは履いているうちに、どんどん上にあがってきてしまうことがあるため、丈は長めの丈のものを選ぶようにしましょう。
長めの丈のマーメイドスカートなどもおすすめです。

洋ナシ体型さんにおススメのパンツ

おすすめのシルエット(種類・形)

■テーパードシルエットのパンツ

22052716_1

テーパードパンツとは、ヒップ周りにゆとりがあり裾に向かって緩やかにすぼまっていくシルエットのパンツの形のことをさします。
多くの女性にフィットする形。
太ももからひざ下に向けてすぼまっているためすっきりとボトムをはきたいときにきれいにはけます。
洋なし体型の方はトップスもある程度フィットしたものを選んで「I」のシルエットを作るのもいいでしょう。
また、テーパードパンツはジャストウエスト・ハイウエストなデザインが多いので、トップスイン(タックイン)してメリハリある着こなしをすると、脚長効果もあります。

女性の体型に合わせたシルエットなので特に腰周りから太ももまでの張りが気になる人におすすめの形です。

下半身の中でも特に太ももが気になる方のパンツ選びはこちらから
”パンツで解決!太ももの太さをカバーするシルエットとコーデテクニック”

ワイドパンツ

22091304

ワイドパンツとはその名の通りウエストから裾にかけてワイドにつくられているもの。
足元にボリュームが作れるので簡単に「A」ラインのシルエットが作れます。
ウエストが調節できるワイドパンツは、ヒップにあわせて選ぶことができるので特におすすめです。
トップスをコンパクトなものにするか、ビッグシルエットのトップスはウエストをインをしてしまうとバランスがとりやすく、視点がウエストまわりから足元部分に移るのでスッキリ見えします。
隠しながらすっきりと見せるテクニックの一つです。

ガウチョパンツやスカンツ

ガウチョパンツはらくちんに体型カバーでき、ワイドパンツやフレアスカートと同じ効果があります。
特にガウチョパンツはウエストが総ゴムのものが多く、楽して隠してスタイルアップができるというすぐれもの。
ゆったりシルエットと柔らかい素材感のものが多いため、特にヒップ周りの肉を拾うことが多いのでサイズ感に注意して選ぶようにしましょう。
こちらもウエストにギャザーが多く入ったデザインだと、広がってしまうのでアイテム選びの際はギャザーがあまり入っていないものを選ぶようにするといいでしょう。

小物を使って簡単スタイルアップ

22462-1601341c_03

小物を使って視点を変えるのもとっても大事なテクニックの一つ。
ウエスト周りに張りがある人だと、どうしても敬遠しがちなのがベルト。
余計にウエストが目立ってしまう思いがちですが、実はそれは逆。

視点は普通ボリュームが多い場所や情報量が多い場所に注がれる事が多いです。そのため、例えばベルトでウエストマークをすると、そこに視点がずれます。
ヒップまわりよりも高い位置、ジャストウエストあたりにベルトをすると効果は抜群。
腰周りのお肉が気になる場合もふわっとトップスをインしてみてください。そうすることで自然と視点が上にずれ、腰周りから太ももにかけての張りが気にならなくなります。
是非お試しを。

苦手を克服!スキニーパンツ

22082910

今まではスッキリ見せてくれるボトムスをご紹介してきましたが、最後にやっぱり苦手も克服したいところ。

下半身の太さで悩む洋ナシ体型さんにとって天敵でありながら憧れでもあるボトムス細身のパンツ「スキニーパンツ
スキニーパンツは身体のラインにピッタリとフィットするデザインのパンツなので洋梨体型さんが悩みを抱える場所の形をすべてあらわにしてしまいます。
なかなか手が出しにくいアイテムの代表格だと思うのですが、スキニーパンツはストレッチが効いているものが多く、とってもラクチンにはけるパンツです。
洋なし体型さんがスキニーパンツを履くなら、やはり気になる腰・お尻・太ももなどを隠すのが一番です。
スキニーパンツとゆとりのある長め丈のトップスを合わせて【Vラインシルエット】を作れば洋梨体型さんもスッキリとスキニーパンツを着こなす事が出来ます。長め丈といっても色んな丈があると思うのですが、自分が一番気になる下半身の箇所によってちょうどいい丈が異なります。
腰まわり・お尻まわりが気になる方は太ももが細くなりだすくらいの丈、太ももが気になる方は膝上くらいの丈を基準にして選んでみてください。
ワンピースのレイヤードアイテムとしてあわせてもOKです。
一番細い足首部分を出すことで、華奢見えする効果も。

Vラインシルエットについてもっと知りたい方はこちらから
”基本となるシルエットを知ってもうワンランク上のコーディネートをゲット!【V(Y)のシルエット】”

おすすめコーディネート

アイテム別におすすめのコーディネートをご紹介。
ぜひ着こなしの参考になさってください。

スカートコーディネート

22081614

フレアスカートにトップスインスタイルは洋梨体型さんの体型の良さが際立つおススメのコーディネートです。
シックなカラーで合わせてすっきりとした印象に。

22090703

長めの羽織りを合わせるスタイルは腰回りやお尻まわりをカバーしてくれるおススメのスタイルです。フロントにIラインもうまれ、スッキリ感がプラス。

パンツコーディネート

22081803

トップスインや短め丈のトップスなどで着こなしの重心を上にすると、太さのあるボトムスのコーディネートもバランスが取りやすくなります。

22092910

スカートと同様に、腰回りやお尻まわりが隠れる丈の羽織物とのコーディネートはおススメのスタイルです。色合いを少なく合わせることで、よりスッキリとした印象に。

おわりに

スタイリングのお悩みでダントツに多いのが「腰周りから太ももにかけて張りがあってパンツが似合わない」というもの。
女子ならではの悩みではありますが、裏を返すとそれは「女性らしい体型」ということになりますよね。
ちょっとしたコツで解消されることが多いので、上記にあげたいくつかを是非ためしてみてください。

Tags:
pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status