coordinate着こなしTPOアイテム別色・柄・素材

部屋着だけじゃない!実はおでかけにも使えるグレーの魅力と着こなしのコツ

スウェットやパーカーのグレーってリラックスタイムや在宅ワーク等の時はラクチンでいいけれど部屋着だけになってしまいがち。
だけど実はグレーのスウェットやパーカーの魅力は楽チンさだけではないのです。
今回はグレーの魅力とリラックスタイムやちょっとしたお出かけに使える着こなし方をご紹介します。

グレーを選ぶメリット

ポイントその①:ホコリが目立ちにくい

お部屋でくつろいだり寝転んだり。リラックスしていると着いてしまうホコリやちょっとした汚れはいくらお掃除していても、アレっと気づかぬ間に服に付いてるなんて事ありますよね。そんな時に〔グレー〕を着ていれば白っぽいホコリや汚れを目立たせづらく、気持ちが下がってしまう事も少なくなります。ほこりや汚れがついたまま気がつかずに出かけてしまうのは恥ずかしいけれどそんな時もグレーならばうっかりついていても目立ちにくく、安心です。

ポイントその②:ペットの毛の付着も目立たせない

ホコリや汚れ同様にお部屋でワンちゃんやネコちゃんと一緒に暮らしている方にも〔グレー〕は効果的!
どうしても抜けてしまうペットの毛も目立たせにくいので、安心して愛しい家族とも遊べるし、そのままお散歩にもいけるすぐれもの。

ポイントその③:色あせが目立ちづらい

白と黒の中間色のグレーは白っぽく色褪せていく日々のお洗濯にも強い味方。色あせても目立ちづらいので気兼ねなく洗えるグレーはデイリー使いな部屋着として理想的なカラーです。

ちょっとしたお出かけOK!
選ぶと良いグレーアイテム

朝のゴミ出しやご近所への買出し等、必要最低限の外出時は、部屋着からお出かけ着に着替えるのも正直面倒・・出来ることならおうち着のまま、堂々と出かけられたら最高です。そんな時も〔グレー〕は使える便利色!

おうち着だけどお外もOK!なグレーの着こなしをご紹介します。

①グレーのワンピース

IMG_5898

1枚でサッと着れば完成!の楽チンロングワンピース。スウェット生地は肌触りも良く動きやすさも。
パーカー襟は首元を包んでくれるので外の冷たい空気や風にヒヤッとする心配も減らせます。またパーカー部分で襟足や後頭部のカバーが出来るので毛先のはねや寝癖もほんのりカバーしてくれます◎

32136-1202015-s-16-dl

②グレーのボトムス・レギンス

②グレーのボトムス・レギンス

コットン地のパンツやレギンスもお部屋で快適なリラックスアイテム。
あわせるトップスはワンピースやチュニック。ボーダーTなどでラフなカジュアルアイテムでOK。
ご近所などちょっとしたお出かけ時には足元だけ一工夫を。暖かい季節にはシューズからちょこっと肌見せ部分を作れば、こなれた大人カジュアルスタイルに。
スリッポンシューズやバレエシューズなどのフラットなシューズは脱ぎ履きも楽チンでおススメです◎

33158-1403279-s-14-dl
IMG_5900

遠出もOKなグレーの着こなし

おうち着だけじゃもったいない!遠出のおでかけにだってコーディネートの一工夫できちんと感や女性らしい着こなしが作れます。

①シルエットに一工夫

32489-1900521-s-19-dl

アシンメトリーなデザインのスウェットやパーカーを選べば《前だけイン》のようなこなれた印象作りにも。

 

この投稿をInstagramで見る

 

服mania(@fuku_mania)がシェアした投稿

楽ちんなゆったりオーバーサイズのスウェットには、どこかに《メリハリ》ポイントを。
ラクしすぎに見えやすいスウェットパンツはインしてメリハリを作るのも効果ありです。

この投稿をInstagramで見る

 

服mania(@fuku_mania)がシェアした投稿

スタンダードなデザインのスウェットはインナー使いに一工夫。裾からインナーをチラ見せさせればこなれたレイヤードスタイルが作れます。

②素材感で差をつける

スウェット地やコットン地を感じさせるカジュアルな印象が強い素材には、反する印象のテロッとした素材のボトムスがおすすめ。
カジュアルさを減らしつつ、グレーのカジュアルさでこなれ感が作れます。

32602-1801229-s-11-dl

③足元・小物で変化を

②と同様に、反する印象のかっちりシューズやきれいめバッグ、メガネなどを合わせる事でグレーのラフな印象がハズシとなって洗練された大人カジュアルに!
暖かい季節には袖をまくって手首を出す事で女性らしさが作れます。

33620-1900432-s-16-dl

おわりに

リラックスしたいおうち着やお出かけまでも。《グレー》をとことん着まわして、おうちもお出かけも楽しく過ごせますように。

Tags: