着こなし色・柄・素材

夏物に飽きてきたら……秋は色から始めるとちょっといい事。

夏のコーディネートって結構ワンパターンになりがちじゃないですか?
暑いので春や秋冬と違って重ね着できるわけではないからバリエーションが少ない。
ずっと同じコーディネートだと人は飽きてしまうものです。
加えてお盆を過ぎたころからさらには9月に入ると真夏みたいな恰好をしているとなんかおかしいような気がしてきたり。
かと言って「はい!じゃあ9月になったのでニットを着ましょう」なんて事は不可能な気温である事も事実です。

こんなふうに夏物に飽きてしまったり季節を先取りしたい!という場合何から始めたらいいか。
それは色を変えてみるという事なんですよ?

秋物の中にもすんなり


夏の色のイメージというと
ビビッドだったりはっきりした色だったりが想像されやすいですよね。
真夏の太陽の光に映える色ってやっぱり夏っぽい。

秋の色のイメージというと
深みがある色が想像しやすいでしょう。

それを踏まえて。夏のビビッドな色と秋の深い色合いを合わせるとちょっとちぐはぐな感じがしませんか?
もちろんビビッドな色を秋冬に着ることも素敵です。
ただ色のトーンをそろえるのにちょっとテクニックが必要。
簡単に秋先取り感を出すには素材や形は夏物だけど色は秋というアイテムを選ぶと季節先取り感で夏物に飽きてしまった気分を一新することができますよね。

加えて秋色のアイテムはそのまま秋物と合わせていくこともやりやすい。少し季節が進んで羽織を羽織る季節が来ても違和感なくその上に羽織ることが出来ます。

17080905

季節の変わり目は小物からが実践しやすい

よく季節の変わり目は小物からなんて耳にしますよね。
たしかにそれって正解。
なぜって小物は着るわけではないから暑くたって取り入れることが出来るから。


ではここで例えば。
夏に大活躍していたカゴバッグをそろそろ秋を取り入れたいからファーのバッグに持ち替えてみようかな、とした時に今着ている夏真っ盛りの色に合うでしょうか?
簡単に合わせられたらそれは素敵だけれど、やっぱり季節感の異なるもの通し。コーディネートのテクニックが必要になってきます。

こんな時やっぱり便利なのが、秋色のアイテムです。
ファーのバッグをそのまま例にあげてみると
近頃はあえて真夏にファーのバッグを持ってはずすコーディネートももちろんかわいくてあり。
ただ基本はファーって秋冬のアイテム。
秋冬のカラーの中にコーディネートしたほうが簡単に取り入れられて〇。

そうなるとやっぱり便利なのが形は夏物だったとしても色が秋色なアイテムが本当に便利なんですね。

おわりに

季節の変わり目のオシャレを楽しんでいる人ってとっても素敵に感じませんか?
よく秋物は着る期間が短いから……なんて思いますがお盆過ぎから半袖で秋色を楽しんでおく。そして日中は気温が高く昼間は半袖、夕方は羽織を一枚、という季節は思っているより長いもの。
そう考えると、秋色は早くに取り入れても思ったより長く楽しむことが出来ます。
色から上手に取り入れていけば移り変わる季節もきっと楽しい事間違いなしですよ!

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: