着こなしアイテム別

秋冬コーデの必需品「厚手のニット」いつから着る?解決策は気温にあり!

気温が下がってくると気になる秋冬アイテムといえば「厚手ニット」
秋冬らしいコーデが楽しめるから気温が低くなってきたら毎日のコーディネートに取り入れたいアイテムだけど、実際いつ頃から着ていいの?と頭を悩ませることも。
今回は厚手のニットを着始める目安をご紹介いたします。

厚手のニットを着る目安:気温に応じてアイテムを変えてみよう

厚手のニットとひとことで言っても色んなアイテムがあります。
カーディガンタイプやかぶりのタイプ、かぶりの中でも首元まであるタートルのタイプなど種類は様々。
気温の下がり具合によって種類を変えていくと早いうちから楽しむことができます。

最高気温18℃以下はカーディガンタイプが便利!

cache_c5515548-04f6-497d-c906-eef74f6da0d6

最高気温が18℃を下回ってきたらカーディガンタイプの厚手ニットが活躍し始めます。
この気温の季節は日中の陽が差す時間帯はまだ暖かく感じやすいため、気温や時間帯に合わせて脱ぎ着が出来ると便利に使えます。
カーディガンタイプなら暖かい時間帯は脱いでおくことが出来るので早い時期から楽しむことが出来ます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

coco@(@coco.coco0301)がシェアした投稿

最高気温15℃以下はニットセーターを取り入れて!

cache_dd8d4f5d-4883-4d80-cdbf-7d79331b318d

気温が15℃を下回るようになるとかぶりタイプの厚手ニットセーターを楽しめるようになってきます。
日中は厚手ニット一枚でもOKな時間帯が増えてきます。ただこの頃になると朝方や夕方以降になると気温がグッと下がって肌寒く感じられるようになってくるので、ストールや羽織物も用意しておくとより快適に過ごす事が出来ます。

cache_244f5bc1-04ae-4095-c0b5-5f6f6a1b1ed0

最高気温13℃以下はニットタートルであったか!

cache_4d98237d-d4f7-47f2-c713-d6fa7aaeb386

気温が13℃を下回るようになってくる時期は冬へと移り変わっていく季節です。
タートルネックタイプなら首まで覆ってくれるので、夜グッと冷え込んだ時でも安心。
また、秋から冬へと変化していくので、厚手のタートルネックを着ていても見た目にも違和感なくコーデを楽しむことができます。

cache_42b63e7d-c3ab-4ec7-ce67-64b13c3cbfd6

厚手ニットに合わせるアウター選びのポイント

厚手のニットを買う時に頭を悩ませるのは、「上着どうする?」ということ。
これはもちろん皆さんが思う通り「入るものを着る」ということが大前提ではあります。
シルエットがコンパクトなコートやアウターに厚手のニットを着ると腕が動かしにくかったり窮屈に感じるだけでなく、着膨れして見えやすくなってしまいます。
ですからまずは厚手のニットが少しゆとりをもって着られるアウターを選ぶとよいのですが、その中でもここに気をつけて選んでみると選びやすくなるポイントをご紹介いたします。
全てのポイントが揃っていないということはありません。
どれかに気をつけてみると◎です。

裏地があると袖が通しやすい!

裏地が付いていると服を重ねて着る時に滑りがよくなるので、身頃だけでなく袖の部分にも裏地がついたコートやアウターは比較的着やすくて◎です。
滑りが悪いと着る時や脱ぐときに摩擦が起きやすくなるので毛玉が出来やすくなる原因にもなります。
コートを脱いだ時にニットが毛玉でいっぱい、なんてことを減らす為にも裏地が付いているものですべりよく着られるといいですよね。

outer

ドロップショルダーで肩まわりをラクチンに!

ドロップショルダーのシルエットは比較的肩まわりにゆとりのあるデザインが多いので、厚手ニットの上に羽織るアウターとして便利に使いやすいアイテムです。
上着をニットの上から着る時に何に一番苦労させられるって、それは袖を入れる時ではないでしょうか。肩回りに少しゆとりがあれば袖も入れやすくなるので、アームホールの大きさに加えて袖の付け根の位置にも注目して選んでみるのも◎です。

outer2

どうしても着れない時は大判ストールの出番!

真冬の時期は難しいですが、ライトアウターでちょうどいいくらいの季節なら大判ストールを使うのも一つの手ですよね。
厚手のニットを着たいけどちょうどいいライトアウターがない、なんて時は大判のストールを羽織っておくだけでアウターのかわりになりますし、ストールなら首だけに巻くことも出来るので、その時々に合わせた使い方で気温を調節する事も出来ますし、ストールの巻き方を変えてコーデを楽しむことも出来てとっても便利。

24117-0700144c_07

おわりに

ほっこりとしたコーデを簡単に楽しむことが出来る厚手のニット。
着るだけで秋冬感をアップさせられるとっても便利なアイテムです。
いつから着たらいいの?というお悩みは気温で解決して秋冬コーデを楽しんでみませんか?

Tags: