着こなしアイテム別

ハイ?ロー?どっちにすればいいの?もう迷わないスニーカーの丈選び

学生のときは体育などではいていたけれど、大人になりお仕事を始めるとスニーカーをはく機会が減ってしまったという方がすくなからずいらっしゃいますよね。
いざスニーカーが必要になったとき、案外迷うのがこれ。
「ハイカット」と「ローカット」があるけれどどっちにしたらいいの?と言うこと。
ハイカットとローカットを選ぶ決め手を掴んでお店で、はたまた玄関先でも迷わず出かけられるようにしてみましょう。

着やせに便利なローカット

履き口の高さが踝の下あたりに来るものがいわゆるローカットです。
もちろん各メーカーによって高さに違いはありますが、一般的には踝が出るくらいの高さのものが一般的。

ローカット

よく耳にしますが、「細い部分を出すとちょっと痩せて見える」と言いますよね。
首とつくところって体のほかの部分に比べると格段に細い。足首もその一つ。
ロング丈のパンツやロングスカートを履くとどうしても足が全体に覆われがちになる為、細い部分が見えなくなりちょっとぼてっとして見えることがあります。
そんな時役に立つのがローカットです。
ローカットを選ぶことで踝が露出して、細いところを強調してくれる為スッキリ見えやすい。
さらに露出が増えることでスニーカーでのカジュアルスタイルも女性らしさが加わります。

パンツの中でもクロップド丈を合わせるとさらに踝が出しやすいですね。

ローカットきたじまさん

ハイカットは春夏用ブーツと思うべし

要するにローカットの逆で履き口が踝の上まで覆う高さまでくるものがハイカットです。
こちらももちろんメーカーによって差はありますが、以下の様な高さの物が一般的。

オールスター

膝上のスカートやひざ下スカートを履いた時ってちょっと露出が多いなぁなんて思う事ありませんか。
冬ならばタイツやブーツを履けばスカートスタイルでも露出が減らせるけれど、春夏はなかなかそうもいかない。かといってパンプスって場面じゃないし。
こんなときハイカットはくるぶしまで隠してくれるのでブーツやタイツを履いたときと同様に露出を減らすことが可能です。
露出が多くなるスカートスタイルでスニーカーが必要な時はハイカットが便利ですね。

コンバース

おわりに

ただでさえたくさんある種類から選ばなきゃいけないのに、短いか長いか、まずそこから決めなきゃいけない。
そんなちょっと億劫だったスニーカー選びですが、二つの特徴と合わせやすいスタイルが見えてきませんでしたか?
自分にどちらのスタイルが多いか分かっていれば迷わず選ぶことができる。
迷わず選んで、玄関から飛び出そう(

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: