着こなしアイテム別

ハイカット?ローカット?どっちにすればいいの?もう迷わないスニーカーの丈選び

スニーカーを選ぶ際に頭を悩ませることのひとつに「ハイカット」と「ローカット」のどちらにするかという問題があります。
コーデがなんだかまとまらないな、という時は実はここにポイントがある場合も。
今回はハイカットとローカットそれぞれの特徴や効果などをご紹介いたします。

着やせにやキレイめカジュアルに便利なローカット

履き口の高さがくるぶしの下あたりに来るものがいわゆるローカットです。
もちろん各メーカーによって高さに違いはありますが、一般的には踝が出るくらいの高さのものが一般的。

26609-1501378-m-04-dl
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【今すぐ使えるクーポン使用で200円引き】【17%OFFセール】コンバース スニ…
価格:5280円(税込、送料別) (2020/11/19時点)

楽天で購入

 

 

大人カジュアルコーデをステキに見せるために、よく細い部分を出すとちょっと痩せて見えたり、大人っぽく見せやすいという話を耳にすると思います。
首とつくところは体のほかの部分に比べると格段に細い部分で、足首もその一つです。身体の他の部分よりも細くなっている足首を見せることで、全体が細いように錯覚させることが出来、抜け感を作ることが出来るので大人っぽい印象を作りやすくなるというわけです。
この時に便利なのがローカットスニーカーです。
ローカットタイプなら履くだけで足首を露出してくれるので、スッキリ感アップや抜け感アップに効果が高く、コーデをキレイめカジュアルに仕上げてくれやすくなります。

sneaker3

よりカジュアルを楽しむならハイカット

要するにローカットの逆で履き口が踝の上まで覆う高さまでくるものがハイカットです。
こちらももちろんメーカーによって差はありますが、以下の様な高さの物が一般的。

オールスター
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【即納・全国送料無料】コンバース CONVERSE スニーカー ハイカット キャ…
価格:5280円(税込、送料無料) (2020/11/19時点)

楽天で購入

 

 

ローカットとは反対に露出をおさえてくれる効果があるのがハイカットスニーカーの便利なところです。
くるぶしを覆ってくれることで露出が抑えられ、よりカジュアルなスタイルを楽しむことが出来ます。
夏場などは特にタイツや靴下をはくと暑く感じてしまうことから肌の露出が増えやすくなることがあります。スカートスタイルやショートパンツスタイルなどの時にちょっと露出が多いかなと思われるときもハイカットタイプなら露出を減らしてくれるため便利に使うことが出来ます。
また、ハイカットでくるぶしを覆うことでちょっとしたブーツのかわりのような効果もあることから、ショートブーツをはく感覚でスニーカーを楽しむこともおススメです。

sneaker2

おわりに

ハイカットとローカット、それぞれ特徴を掴めば自分にあった一足が選びやすくなりますよね。
コーデにあったタイプを選んでスニーカースタイルをぜひ楽しんでくださいね。

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: