基礎・コツアイテムのこと

《着こなしのコツ》太めパンツとスッキリパンツどっちを選ぶ?あわせやすいトップスやコーデシルエット

パンツの種類にも色々なものがありますが、今回はシルエットに注目。
太めシルエットのパンツとスッキリシルエットのパンツはどちらも魅力的ですが、「どっちを選ぶ?」と迷うことも。
今回は、太めシルエットパンツとスッキリシルエットパンツ、それぞれにあわせやすいトップスや着こなしやすいコーデシルエットなどをご紹介いたします。

太めシルエットにおすすめのトップス&着こなし方

ワイドパンツなどの太さのあるパンツは下に重心がいきやすいシルエットです。
そのため上に重心をあげるようなアイテムや着こなし方はバランスが取りやすく、コーディネートがきまりやすくなります。

また、太めのパンツは緩めのトップスなど合わせるトップスによってメリハリがなく見えて、太って見えるということも。
メリハリを作ることでもバランスが取りやすくなります。

太めのパンツにおすすめのトップスや着こなしは

・ショート丈のトップス
・すっきりシルエットのトップス
・トップスインや前だけインしたスタイル

ショート丈トップス

ショート丈のトップスは着るだけで自然と重心があがるので、太めシルエットのパンツにおすすめのアイテムです。
重心があがることで脚が長く感じられ、スタイルアップ効果も。

000000046700-19-xl

すっきりとしたシルエットのトップス

すっきりとコンパクトなシルエットのトップスもおすすめのアイテムです。
上がコンパクトに、下にボリューム感のあるAのラインのシルエットになるので縦のラインが強調されてすっきりと見えやすくなります。

こちらは特に上半身が下半身に比べて華奢な方や肩幅が狭めの方におすすめのスタイルです。

23091908

トップスインや前だけインしたスタイル

ゆったりしたシルエットのトップスをあわせるとメリハリがなく太って見えやすくなりますが、トップスインや前だけインするとメリハリがうまれるのですっきり感がアップします。

お尻まわりや腰まわりが気になる方には前だけインがおすすめです。

23011809

↓トップスインや前だけインの方法はこちらをCHECK↓

落ち感のある素材でゆったり長めのトップスも

ゆるっと長めのトップスは全体が大きく見えて太って見えることもあります。
長めのトップスを着たい時はパンツの素材感は柔らかい素材や落ち感のある素材にしてみてください。

パンツの素材にハリがあると長めのトップスと着た時に全体が大きく見えやすくなりますが、柔らかさや落ち感があると着こなしにゆるみがうまれて「抜け感」が作れるので、ゆるっと長めのトップスもあわせやすくなります。

スッキリシルエットにおすすめのトップス&着こなし方

スッキリとしたシルエットのパンツは、上がコンパクトになるとメリハリがなく見えやすく太ってみえてしまうことも。
上にボリュームを、下をすっきりとあわせてメリハリがつくようにYのシルエットを意識してトップスを選んだりコーディネートすると着こなしやすくなります。

すっきりシルエットのパンツにおすすめのトップスや着こなしは

・長め丈のトップス
・ゆとりのあるシルエットのトップス

長め丈のトップス

チュニック丈などの長め丈のトップスはYのシルエットを作りやすく簡単にあわせやすいアイテムです。
お腹まわりや下半身のカバーにも。
また、こちらは上半身のボリュームや幅が気になる場合にスッキリシルエットのパンツを合わせる時に特におすすめです。

23012406

ゆとりのあるシルエットのトップス

ゆとりのあるシルエットのトップスは、上にボリュームを持たせやすくメリハリをつけやすくなります。

22102603

レイヤードで短め丈やコンパクトシルエットも

短め丈のトップスやコンパクトなトップスをあわせたい時は「レイヤード」してみてください。

短め丈の時は長め丈のシャツやカットソーをレイヤードして着丈を出してYのシルエットに。
コンパクトなトップスの時はロングベストやカーディガンなどの長めの羽織をレイヤードすることで縦のラインが出来てすっきりとした印象にも。

おわりに

色々なシルエットのパンツが楽しめるとコーディネートの幅も広がって毎日の着こなしもより楽しいものに。
簡単にあわせやすいアイテムやシルエットでどちらのボトムスも楽しんでみてはいかがでしょう。

Tags: