着こなしアイテム別

まずは1つで2コーデ押さえよう 実践着まわし方 ~ナチュラル素材のパンツ編~

リネンやリネン混のアイテムって涼しくって初夏から夏にかけて快適に過ごすことが出来る日本の夏には欠かせないアイテムです。
そんなリネンですが、天然素材だからちょっとナチュラルテイストなイメージがありませんか。
ナチュラルテイスト、とても素敵です。
ただせっかくならいろんな着方が楽しめれば活躍する機会も多いはず。
今回はリネン混のパンツをまずは2パターン着こなすところから始めてみましょう。

ツートーンですっきり

リネンパンツ

パンツ以外を「黒」で合わせたツートーンスタイル。
黒ってはっきりとぱきっとしたイメージ。
合わせ方自体はブラウスにリネン混のパンツとナチュラルなお洋服にも多いアイテム同士の合わせ方ですが、パンツ以外の色合いを「黒」にする事で、よりスマートに都会的なイメージでリネン混を着こなすことが可能。

またこのコーディネート、秘訣は「空間」。
ワイドパンツってインしたり、前だけタックインしてメリハリを出してバランスをとる事が多いですが、このコーディネートはインせずに着こなしているのになんだかバランスがよい。
ゆるめにゆるめを合わせるとどうしても空間が無くなり、重たく見えがちになりますが、髪の毛を結んで首の周りに空間を作り「抜け感」を出しているので重たく見えないのです。
またこれは手首を出すことでほどよく露出してい事も同様の効果あり。

色を増やしてカジュアルに

リネンパンツ2

全く印象を変えて、こちらはスポーツミックステイスト。
Tシャツ素材のノースリーブで夏らしくカジュアルに。
このコーディネートが一つ前のものよりカジュアルに見える理由の一つに「色の数」があります。
全身の中で色の数が増えるほど着こなしはよりカジュアルだったりPOPなイメージになる。
逆を言えば少なければ少ないほど、フォーマルなイメージ。
わかりやすいのは冠婚葬祭の際のお洋服。
結婚式やお葬式の時のお洋服って一色な事がほとんどですよね。
それ以外でもお仕事用のスーツなども基本は単色です。
そこに色が増えれば増えるほど、よりカジュアルになっていきます。

このコーディネートももちろんトップスの素材がTシャツになった事はよりカジュアルになった一つの要因ですが、先ほどは黒とツートーンだったところにもう一色ピンクが加わった事でカジュアルさがアップしたのです。

こんな風に色の数を増やす事によって服のイメージを変えることもテイストを変えてお洋服を着こなす事の大事なポイントですね。

おわりに

ナチュラルなイメージのリネンも色合いなどによってイメージを変えて着こなすことが可能。
コツを押さえて着こなしに幅を広げて毎日のお洋服を楽しんで。

Tags: