着こなしアイテム別

初心者でも失敗しないカンカン帽を始める第一歩はこれ一つだけ

帽子ってかぶった事がないとか、どうかぶっていいかわからない、どう合わせたらいいかわからないという方が多いアイテムですが、ひとたびかぶれたら、普段のコーデがいつもとなんだか違って見える気がしませんか。
そんな帽子の中から今回は夏の代名詞、カンカン帽を始めるために気をつけるべきことを一つだけご案内します。
初めてならばこれだけ気をつければ大丈夫ですよ。

帽子だけ大きくしない

一つだけ守る事は帽子だけ大きくしない、と言う事です。
カンカン帽は横に広い形をしています。
首から下をIラインなどにすると頭だけ大きく見せてしまう。
ゆったり目のガウチョパンツやワイドパンツ、ロングスカートやワンピースなど頭以外にボリュームが出せると簡単にバランスが取りやすい。
もちろんかぶり慣れてしまえばIラインシルエットの着こなしなどでもバランスをとる方法はあります。
ただまず初めてかぶる場合は首から下にボリュームを持たせて頭だけ大きく見せないようにしましょう。

16031504
16021603
16021509_1

ちなみにですが、どうしてカンカン帽と言う名前かご存知ですか?
カンカン帽は、麦わら帽子の一種で固く編んだところにニスや糊を塗り固められて出来たもので、叩くと「カンカン」と音がするほど固かったところからカンカン帽と言う名称が定着したそう。
そして明治の末から昭和初期ごろまでは女性ではなく男性が夏場に被るものとして一般的だったそう。
その名残からか、女子度の高いスタイルにかぶると丁度良い「ハズシ」になってくれる強い味方のアイテムです。

おわりに

首から下を小さくしすぎず「帽子だけを大きくしない」これだけ守れば、まずカンカン帽をかぶる第一歩はクリアです。
何事も初めて見なければわからない。
カンカン帽に限らず夏の帽子を手に入れて暑い夏のコーディネートも楽しみましょう。

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: