lifehack用語色・柄・素材

秋冬に取り入れたい定番素材「ツイード」お手入れの方法は?お洋服がもっと楽しくなる洋服用語講座【素材:ツイード編】

秋冬になると注目度が高まるツイード素材。柔らかい風合いで上品な雰囲気があり、さらに優れた防寒性も持っているので寒い季節にもってこいの素材です。
しかし、フォーマルなイメージが強い素材なので、普段のコーディネートに取り入れるのが難しいと感じる方や、お手入れが分からないという方も多いのではないでしょうか?
ここではツイード素材についてお手入れ方法やおすすめのアイテムなどを紹介していきます。

ツイードとは?

ツイードは、イギリスやスコットランドが発祥で、太くて短いウール(羊毛)の紡毛糸を使って作られる毛織物のことです。
紡毛糸とは、刈り取った羊の毛の縮れを伸ばしたり長さをそろえたりせずに、そのまま紡いで作られた糸のことを言います。たくさんの羊毛を使うので厚みがあり、保温性や耐久性に優れているのが特徴です。

また、同じくウールから作られるフランネルとは違い表面を起毛させないので、織り目がしっかり見えます。

しかし、現代では安価なポリエステルなどとの混紡で作られることも多く、デイリー使いにも取り入れやすくなっています。

ツイード素材のお手入れ方法

ツイード素材は、糸と糸の間にホコリがたまりやすいため、きちんとお手入れをしないとホコリが定着してしまいます。
そのため、日ごろから「ブラッシング」をしておくことが必要です。

以下のように、こまめにブラッシングをし、なるべくキレイな状態を保つようにしましょう。

①まずは、毛並みとは逆の方向に軽くブラッシングをする
⇒ホコリを浮かせる

②毛並みに沿ってブラッシングし、表面を整える

・豚毛などの天然毛を使った洋服ブラシを使う
・特に縫い目の間などにはホコリが溜まってしまいやすいので、念入りにブラッシングする

洗濯方法は?

洗濯の方法は、原料となる素材によって変わってきます。
ウール100%のツイード素材は、水に弱く縮んでしまう性質があるため、手洗いも洗濯機洗いもNGです。そのため、汚れが付いたときや洗いたい場合はドライクリーニングに出す必要があります。

ポリエステルなどと混紡で作られているツイード素材は、ものによっては手洗いや洗濯機洗いができることもあります。
洗濯機で洗う場合は、摩擦や形が崩れるのを防ぐため、たたんで洗濯ネットの中に入れて洗うようにしましょう。
また、なるべく「手洗いコース」「ドライコース」など、やさしい水流のコースを選ぶようにすれば、傷みを少なくすることができます。

ツイード素材で着たいのはこんなアイテム

アウトドア感が強いキルティングコートも、ツイード素材のものを選べば落ち着いた上品な雰囲気に。
また、保温性もばっちりなので寒い季節にもってこいです。

ジャケットなどのアウターはかっちりしすぎる…という方は、ボトムスに取り入れると◎
どんなスタイルにも合わせやすいので、普段使いにもおすすめです。

タイトなツイードスカートは、キレイめなスタイルに。

フレアなタックスカートはクラシカルな雰囲気に仕上がります。

カジュアル派の方はワイドパンツやガウチョパンツもおすすめです。
ツイードの風合いでやさしく上品な雰囲気もありつつ、ルーズなシルエットがカジュアルダウンしてくれます。

おわりに

いかがだったでしょうか。
寒い季節にぴったりなツイード素材。お手入れの方法もしっかり押さえて、ぜひツイード素材のアイテムでオシャレを楽しんでみてください!

Tags: