素材別着こなしlifehack用語

秋冬に一枚は持っておきたい「フランネル素材」お手入れの方法は?お洋服がもっと楽しくなる洋服用語講座【フランネル編】

軽くてあたたかな着心地で、寒い季節には欠かせないフランネル素材のアイテム。フォーマルな洋服からカジュアルなものまで実に様々なアイテムに使われています。特にいろんなチェック柄のネルシャツは定番ですよね。
しかし、いろんな種類のアイテムがあるからこそどんなアイテムを選べばいいのか分からなかったり、また毛玉や毛羽立ちが気になるなどお手入れの問題も。
この記事ではフランネル素材とはどんなものなのか、そしてお手入れ方法やおすすめのアイテムをご紹介します。

フランネルとは

「フランネル」というとあまり馴染みのない言葉かもしれませんが、「ネルシャツ」という言葉なら聞いたことがある方はきっと多いのではないでしょうか??
そうです、あのネルシャツこそがフランネル素材のアイテムの一つ。

フランネル素材とは、主にウール(羊毛)などの太くて短い紡毛糸を使って作られる毛織物のことを言います。しかし現代では安価な綿(コットン)や合成繊維から作られる「コットンフランネル」が多くを占めています。

また、ネルシャツのように「フランネル」を略して、単に「ネル」と呼ばれることもあります。

フランネル素材は、表面が起毛していてとても暖かく、また軽くてふわっとした着心地の良さが特徴です。

フランネル素材のお手入れ

フランネル素材のお手入れ方法は、原料となる繊維によって異なってきます。しかし、最近では綿素材を使った「コットンフランネル」が主流。まずはコットンフランネルのお手入れ方法を見ていきましょう。

コットンフランネルは、綿素材なので洗濯機でも洗うことができます◎
ただし、何度も繰り返すと摩擦で毛羽立ちや毛玉が発生してしまうことも。
そのため洗濯機で洗う際は、

・洗濯ネットに入れる
⇒他の洋服との絡まりを防ぐ

・ボタンを閉めて裏返して洗濯する
⇒表面がなるべく傷まないようにする

・乾燥機の使用は避け、軽くしわを伸ばして日陰干しする
⇒乾燥機を使用すると縮みの原因になるため

この3つに気を付けることで傷みを最小限に抑えられます。

ウールのフランネル素材のお手入れは?

ウールのフランネル生地は、水に弱く縮んでしまう性質があるため洗濯機洗いも手洗いもNG。洗いたい時はドライクリーニングに出すのがベター。
しかし、着る度に毎回クリーニングに出すのは手間がかかる上に経済的にも大変ですよね。そこで、着る度にクリーニングに出さずとも少しでもいい状態を保つために、ブラッシングをしてお手入れするのがおすすめです。
着た後はハンガーにかけ、静電気でついてしまったほこりやチリを優しくブラッシングして取り除いておくことで、キレイな状態を保つことができます。

フランネル素材で着たいのはこんなアイテム

フランネル素材はトップスからボトムスまで様々なアイテムがあり、いろんな着こなしを楽しめるアイテムでもあります。ここでは、フランネル素材を使ったおすすめのアイテムと着こなし例をご紹介します。

ネルシャツといえばやっぱり定番のチェック柄ネルシャツは外せないアイテムです。シンプルなコーディネートにさっと羽織ると◎

定番のチェック柄が苦手な方は、ストライプやグレンチェックなどのネルシャツがおすすめです。柄で差をつけられます。

ビッグシャツならさっと羽織るだけでこなれ感とトレンド感を手に入れられます。少し抜き襟っぽく着れば抜け感も◎

スカートも、温かみのあるフランネル素材を選べばふんわりとした優しい雰囲気に。ナチュラル派さんにおすすめです。

シャツとボトムスの柄を合わせてセットアップ風に着るのもおすすめの着こなし方。フランネル素材ならかっちりしすぎず程よいラフさがあります。

おわりに

肌寒くなる季節にほっこり温かみのあるフランネル素材は必須のアイテムですよね。
お手入れ方法や着こなし方もしっかりおさえて、寒い季節のオシャレも楽しみましょう♪

Tags: