coordinate着こなしアイテム別用語

夏を乗り切るオトナ女子のフレンチスリーブコーデ!お洋服がもっと楽しくなる洋服用語講座【フレンチスリーブ編】

いよいよ今年も始まった蒸し暑~い夏。
思い切って腕を出したいけれど、ノースリーブを着る勇気は出ない…

今回は、そんなオトナ女子のお悩みを救ってくれる真夏の救世主「フレンチスリーブの魅力と、コーディネートのコツを存分にご紹介いたします。

フレンチスリーブとは

最近よく見かける「フレンチスリーブ」って、どんなアイテムかご存じですか?

「フレンチスリーブ」とは、普通の半袖と違って身頃から袖への切り替えがなく、ノースリーブのようにそのままカットされた袖のこと。

frenchsleeve

「半袖よりも短くノースリーブよりも長い」袖丈は、まさにいいとこどりのアイテム。
ほどよいバランス感が上品な女性らしさを引き出してくれます。

カジュアルになりがちなカットソー素材でもきれいめに着られるのも嬉しいポイント。
さりげなく肩先を隠してくれるので、二の腕が気になる方やノースリーブに抵抗のある方にもおすすめです。
肩から腕にかけて斜めのラインが入ることで、腕が長く見える効果も期待できます。

フレンチスリーブコーデ

フレンチスリーブがどんなアイテムかわかったところで、次は着こなしについてご紹介します。
コーディネートに悩んでいる方も、まだ一度もフレンチスリーブに挑戦したことがない方も、ぜひこのコーディネートを参考にして夏のファッションをお楽しみください。

frenchsleeve6

短めの袖丈がすっきりとした印象を与えてくれるので、ウエストをインしなくてもボリューム感のあるボトムスとのバランスがとれます。
すっきりと見せたいけれど、お腹周りに自信がなくてアウトスタイルで着たいという方におすすめしたいアイテムです。

frenchsleeve5

普段は挑戦しにくい鮮やかなカラーのアイテムも、コンパクトで上品なシルエットなので落ち着いた雰囲気で着られます。
ブラウスを選ぶとより上品さが引き立ちます。

frenchsleeve1

ちょこんとお袖があるので、サロペットやキャミソールワンピースなどとの重ね着にもぴったり。
サロペットは子どもっぽくなりがちですが、上品さもあるフレンチスリーブと合わせることでオトナの女性にちょうどいいカジュアル感に。

frenchsleeve2

色の異なるTシャツと重ねれば、頑張りすぎないラフなレイヤードスタイルが楽しめます。
ショート丈Tシャツの下に重ねるのもよし、ベスト代わりに五分袖Tシャツの上に重ねるのもよし。
袖が長すぎないので、Tシャツ同士を重ねても袖がもたつかないのが嬉しいポイント。

frenchsleeve3
frenchsleeve4

タンクトップの代用としてインナーに使用するのもおすすめ。
トレンドのシアー素材アイテムに挑戦したいけれど、タンクトップやキャミソールでは肌見えが気になるという方にもぴったりです。
シアーニットからTシャツのロゴをこっそりのぞかせると今っぽく仕上がります。

おわりに

さらっと一枚で女性らしく着こなせて、レイヤードにも大活躍のフレンチスリーブはこの夏のマストバイアイテム。
暑い夏を楽しく乗り切るべく、この機会にフレンチスリーブを取り入れてみませんか?

Tags: