着こなしアイテム別

裾の違いって何?シルエットの種類を知って着こなしをチェンジ!

トップスの「裾」
どんなものを選んでいますか?
近頃色々なものが出ていますが、裾の形やデザインによって同じアイテムでも着た時の印象が変わります。
そこで今回は、裾の種類をご紹介いたします。

ストレート(ボックス)

32560-1801344-m-06-dl

ストレート、もしくはボックスと言われる形は、Tシャツなどでよく見かけるベーシックなシルエットです。
ストレートという名の通り、裾が横に直線になっています。
Tシャツの定番ともいえるこの形はカジュアルな雰囲気をコーディネートにプラスしてくれる形。

tshirt

ラウンド

32621-2000095-m-04-dl

ヘムラウンドと呼ばれることもあるこのシルエットは曲線を描いた形で、シャツのようなアイテムに使われることが多く柔らかく上品な印象のあるシルエットです。
裾が曲線になることで、切れめがわかりにくくなるため脚のはじまりをわかりにくくしてくれます。また、レイヤードスタイルにも使いやすいシルエットです。

tshirt2

スリット

32621-2000097-m-04-dl

スリットはその名の通り裾に切れ目が入ったデザインのことです。
横に入っているサイドスリットのタイプが多いですが、近頃は後ろに切れ目の入ったバックスリットのタイプもよく見かけます。
スリットがあることで前後に広がりが生まれることから、身体のラインを出にくくしてくれるうれしいシルエットです。

tshirt3

リブ

32621-2000106-m-02-dl

リブは縦のうねが出るように編まれた状態のもののことで伸縮性があります。
裾にリブというとスウェットやパーカー、ニットにあることが多いけれど、最近はTシャツやカットソーについているものも見かけます。
リブがあることで裾がめくれ上がりにくくなったり、リブの位置で止まってくれるので長さを調節したい時にも便利です。

rib

テールカット

tailcut

テールカットは裾の前の部分が短く、後ろの部分を長くしたデザインのことで、お尻まわりをカバーするのに便利なシルエットです。
裾に広がりがうまれるので、身体のラインを拾いにくく横から見た時のシルエットもきれいに見せてくれます。
また、前から後ろにかけて自然な前後差があるので「前だけイン」したい時にも便利なシルエットです。

tailcut2

おわりに

裾とひとことで言っても色んな形がありますよね。
それぞれにいいところがあるので着こなしに合わせて裾を変えてみるといつものコーディネートがちょっとアップデートできて、お洋服がより楽しくなるかも。
色々な裾の形にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

Tags: