staffcolumn

30代 昨日まで着ていた服が急に似合わなくなったと感じたときの為に知っておきたい事

dai

30代になって、ついこの間まで何も思わなかった服がある日突然似合わなくなった気がする。
こんな風に感じたことはありませんか?
特にカジュアルなスタイルが多かった人ほどそう感じがちになることが多い。
ロゴに顔がついてきてない気がするとか。
Tシャツが急に部屋着にしか見えないとか。
Tシャツにデニムが突然若作りに見えたりとか。
突然の違和感に気がついてしまったらもう見過ごすことはできない。
だって服は毎日身につけるものだから。
この違和感とどう付き合っていくのか、もう一度毎日の洋服を楽しむためにはどうしたらいいのか。
今回は30代を過ぎてからのカジュアルとの付き合い方をご紹介いたします。

違和感を感じたときは実はチャンス

違和感をいだく理由は様々ありますが、
例えば

”体型が変わった”
徐々に重力に逆らえなくなっていきます。

”肌の質感が変わった”
10代20代のころとは違って当然です。

”生活スタイルが変わった”
よりバリバリ働くようになったり、はたまた結婚したり、出産したり30代は特に変化が多いです。

といったように。

こんな風に違和感を感じた時、どうしたらいいかわからなくなり悲観しがちになっていませんか?
解決できなければこの違和感が毎日続いていくわけで、家ならパジャマや部屋着でいいけれど外に出るときはそうはいかないのでたしかに悲観しがち。

けれどこの違和感って実は結構良い出来事。
だってこれから先また違った服が着られるかもしれない、今まで似合わなかった服やテイストが着られるのかもしれない。
ちょっとポジティブすぎるかもしれませんが、そう考えれば実はそんなに悲観する事ではないですよね。
新しい発見のチャンスととらえてちょっと前向きに楽しんでみるのもあり。

ただ楽しむといったって、解決の仕方がわからなければずっと違和感が続いてしまいますよね。
解決法はこの次で。

一番好きなところはどこ

着たいものと似合うものが一致しなくなったからと言って、すべてをやめる、変える必要はありません。
だっていくらものすごく似合うからと言っても、全く自分が好きじゃない格好をしていたら違和感どころかそれこそ全然楽しくありませんよね。
かと言っていろいろな事が変化したなかで全部がそのままというわけにもいきません。

こんな時どうするのか。
今まで着ていたもののどこが好きだったのかを考えましょう。
それが形やデザインなのか、はたまた色なのか。
自分がどうしても譲りたくない部分を一つ見つけてみましょう。
そして今後もそこは残してみる。
それ以外をアップデートしてみる事で着たいものと似合うものを両立させると〇。

例えばカジュアルな人の大好きなボーダー。
同じボーダーでもきっちりした形からほどよく抜け感が出るものに見直してみるなど。

小物は好きなものを残す強い味方

では具体的にはどうしていくのか。
本当に簡単な救世主は”バッグ”です。
バッグってちょっと違ったテイストのものを持っていたとしても、いわゆるハズシに見えやすいアイテムです。
なんだったらハズシて見えればこなれたちょっとオシャレ上級者にも見える。
例えばロゴのTシャツを着るのにちょっと抵抗が出始めて無地のお洋服に方向転換したとしてもやっぱりロゴは好きだった、となればバッグにロゴが入ったものをもてばロゴをやめることなくちょっと大人にアップデートすることができます。

18072008
17122515

カジュアルな人ほど程よく露出

もう一つ簡単に変えてみるといい事。
それは露出する部分を作ってみるという事です。
首とつくところをほどよく出してみると〇。

子供の体型を思い出してみてください。
子どもってくびれがないでしょう。
逆に大人の女性の体型。
子どもの時にはなかったメリハリがある。
この違いは子どもっぽく見えるか、ちょっと大人に見えるかに大きな差があります。
首とつくところは全身の中で比較すると細い部分。
そこを程よく出しておくことでメリハリがうまれ子どもっぽくなく無理している感もなくカジュアルを着こなすことが出来る。

18052205

大人は素材感が大切

20代の頃ってそんなに素材にこだわらなくても良くなかったですか?
だって30代になってからと比べると肌もつやつやだった気がするし。
どんな質感のお洋服でも素材に自分が負けてなかったから。

あの頃と同じにしていたらどうしたって素材に自分が負けてしまう。
30代になって大事なのは素材感選び。
やっぱり大人になってきているのだから、素材感をきちんと選ぶことはちゃんと見る目が養われてきているように感じられる

似た形のものならちょっと質感がよく見えるほうを選ぶようにしていくと着たい形は譲らずにアップデートが可能です。

おわりに

30代を過ぎて着ていたものに違和感をいだき始めたからといって、全部をまるごと変える必要はない。
せっかく好きだった服、一旦自分はそれのどこが好きだったのかじっくり考えてみてください。
そうすればきっと好きだったところは残して大人にアップデートできる。
もう一度お洋服を着る毎日が楽しくなりますよ!

画像出典:e-zakkamaniastores

Tags: