coodinate着こなし

なんかダサい…を解決!ファッションのバランスは【リミット】が決め手

「あの女性と似たような洋服を着ているのにどうして私はちょっとダサく見えるんだろう…」
例えば雑誌やWEARなどのコーディネートサイトを見てかわいいアイテムを見つけて買ってみたのに私が着るとなんだか違うと思った事がありませんか?
この「ダサく見える」には色んな理由があるのですが、その一つを解決するために【リミット】という考え方があります。
今回はこのリミットとは何か、またリミットの基本について。
上手に使えば着こなしのバランスが取りやすくなり「なんだか着こなしが簡単!」になりますよ。

リミットとは

まずは【リミット】とは何なのか。
【リミット】(limit)というと「限界・限度」といった意味を思い出す方が多いと思いますが、この【リミット】には「境界・境目」といった意味もあります。
服を着こなす際の【リミット】とはこの「境界・境目」の事。
もっと簡単な言い方をすると【切れ目】です。
実はこの切れ目が増えれば増えるほどコーディネートの難易度はアップしていくんです。

なぜリミットが増えると難易度があがるのか

ではなぜ【リミット】が増えると難易度があがるのかということ。
【リミット】は【切れ目】なのでその部分で「色」「素材」「テイスト」「アイテム」などが切り替わるポイントの事です。この「色」「素材」「テイスト」「アイテム」などが切り替わるポイントが増えるとなぜコーデが難しくなるのか。【リミットが】少ないとなぜ簡単なのかについて例をあげてご説明します。

服だけで考えてみるとわかりやすいので一旦靴などの小物は置いておいて、洋服だけでリミットについて考えてみましょう。
【リミット】が少ないコーディネートが簡単な理由が最もわかりやすいアイテムは「ワンピース」です。それも単色の。

19072201

単色のワンピースって「切り替わるポイント」が基本的にはありません。要するに【リミット=切れ目】がないという事です。もちろん自分の体型にあっているかといった問題などはあるので、選び方や着方に全くテクニックが必要ないというわけではありませんが、体型のことは一旦置いておいて色合わせや素材といった面だけに着目して考えると単色のワンピースは【リミット】がなくそれだけで完成されているアイテムなので「色のバランスが取れているか」「素材のバランスが取れているか」などを考える必要性がなく着られるアイテムという事です。

19072206

ではこれがワンピースではなくトップスとボトムスを組み合わせて着る場合は最低でもトップスとボトムスの間に1つ切り替わるポイント【リミット】が出来ます。【リミット】がなかったワンピースの時と比べると、上下の色合いのバランスはよいか、素材感はあっているかなどを考える必要性が出てきます。
【リミット】が増えれば増えるほど何かと何かのバランスが取れているのかを考える必要性が出てくるという事なのでコーディネートするために色合わせや素材などの知識やテクニック、センスなどが必要になり、「難易度が上がる」という事なんです。

19052915

基本のリミット数

それではここからはコーディネートを簡単にする基本のリミット数について写真を見ながらご説明していきます。

パンツの場合

19071114

上のコーディネートの【リミット】を数えてみましょう。
1つ目・・・シューズとパンツの切れ目
2つ目・・・パンツとトップスの切れ目

パンツコーデの基本のリミット数は2つ。
先ほどはわかりやすくするために一旦靴については考えずにご説明しましたが、ここからは実際のところなので靴まで含めて全身で考えていきます。パンツコーデの場合はトップスとパンツの切れ目に加えてパンツとシューズの切れ目がうまれるので基本のリミットは2つになります。
ちなみにシューズとパンツの色を同じにして足首や足の甲などを出さずに着こなせば1リミットです。
パンツコーデの場合は2リミットを意識してコーディネートするとまずは簡単にバランスよく着こなす事ができます。

スカートの場合

19010707

上の写真のスカートコーデも【リミット】を数えてみましょう。
1つ目・・・シューズと脚の切れ目
2つ目・・・脚とスカートの切れ目
3つ目・・・スカートとトップスの切れ目

スカートの場合は基本は3リミットです。
脚と同じ色、つまりは肌色・ベージュのシューズを靴下や色のタイツなどなしではく・ベージュのストッキングではく場合、逆に靴と同じ色のタイツをはいた場合、くるぶし近くまで覆われ脚が全くでないマキシ丈スカートなどの場合は2という事になりますが、膝上丈・膝丈・ミディ丈・ミモレ丈などの脚が出る丈を基準にして考えると簡単にコーディネート出来る上限は3ということです。

パンツ・スカート共にこの基本のリミット数を意識すると、色や素材・形などをそこまで気にしなくてもよいのでバランスが取りやすく、毎日のコーディネートを簡単にしてくれます。

リミットになれてくると…

基本のリミットがわかったところで、リミットに慣れてくれるとどんなふうになれるのかについて以下の写真でご説明します。

19080202

このコーディネートでは【リミット:切れ目は】6つになります。

1、靴と靴下の切れ目
2、靴下とパンツの切れ目
3、パンツとレイヤードしたTシャツの切れ目
4、レイヤードしたTシャツ(裾の部分)とニットの切れ目
5、ニットとレイヤードしたTシャツ(首の部分)の切れ目
6、メガネ

リミットは6つ。
基本のリミット数に対して小物(眼鏡や靴下など)をプラス、レイヤード(重ね着)をしていくとリミット数が増えていくという事になります。
上の写真のコーデは基本よりも3つリミットが多いのでコーディネートするのに少しテクニックが必要になります。
「こんなの難しくて無理…」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。たしかにいきなりは難しいかもしれませんが、まずは基本の数を意識してコーディネートしているうちに徐々にコツが掴めてきます。コツさえ掴めばリミットの多いコーデも楽しめるようになるので、まずは基本を意識してコーディネートを続けてみてくださいね。

おわりに

使っているアイテムは似ているのになぜあの人はオシャレに見えるんだろう、と思った時は【リミット:切れ目】を意識してみてください。
コツを掴めばいつの間にかスタイリッシュな人、シンプルなのこなれ感があっておしゃれな女子、なんて呼ばれるかも。リミットのコツを掴んでお洋服を楽しみましょう。

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: