lifehack

ニットに毛玉はなぜできる?原因と出来にくくするお手入れ・お洗濯方法

秋冬のコーデにはかかせないニットですが、このニットに必ずと言っていいほどついて回る悩み、それは「毛玉」です。
今回は毛玉が出来る原因や予防法、洗濯で気をつけることをご紹介いたします。

毛玉が出来る原因

DSC05606-1

毛玉が出来る原因がわかれば予防する事も出来るので、まずはじめに毛玉が出来る原因や仕組みをご説明します。

毛玉が出来る原因は摩擦です。
ニットが摩擦する事で、繊維同士が絡まり合い毛玉になっていきます。
摩擦は実は日常的に起きていて、腕を上げ下げしたり身体を動かせば自然と脇の下などが擦れます。デスクで仕事をしている際に背中が椅子と摩擦している場合もありますよね。
またニットの上に重ねて着たコートやジャケットなどのアウターとニットが擦れる場合もあります。

19100713

その他にもショルダーバッグやリュックなどのバッグと擦れている場合も。
日常を普通に生活しているだけで自然と摩擦してしまうものなんですよね。

19093009

その他にもショルダーバッグやリュックなどのバッグと擦れている場合も。
日常を普通に生活しているだけで自然と摩擦してしまうものなんですよね。

また摩擦は洗濯によっても起こります。洗濯機の中って洋服がぐるぐる回っていますよね。この回っている間に一緒に洗濯機に入れた衣服と擦れあう事も毛玉が出来る原因になるんです。

毛玉が出来やすい素材

摩擦で出来る毛玉ですが、ニットの素材の中には「毛玉になりやすい素材」があります。

繊維が強いと摩擦して絡まり合った繊維同士が簡単にはほどけてくれないため、毛玉になりやすくなります。また繊維が強い為出来た毛玉が千切れにくく、自然に落ちてくれにくいことから頻繁にお手入れしないと、どんどん毛玉だらけになって、気がついた時にはもう取るのも大変ということに。

逆に繊維が弱いものは繊維同士が絡まっても、ほどけやすく毛玉になっても自然に千切れてくれやすいので、毛玉が気になりにくいということなんです。

具体的な素材でお話しすると、アクリルやポリエステルといった化学繊維は、人工的に作られているため、繊維が強めで、毛玉になりやすい素材と言えます。

綿やシルクと言った天然素材は、基本的には毛玉が出来にくい素材です。
天然素材は全般的に毛玉が出来にくいものが多いのですが、中には例外もあり、ウールは編み方によっては毛玉になりやすい素材です。

最近では、化学繊維と天然繊維の良いところを合わせた、混紡の物などがありますが、丈夫で強い化学繊維が影響して繊維が落ちにくいので、毛玉が表面に残ってしまいやすくなります。

ここまでで毛玉になりやすい素材となりにくい素材がある事はわかりました。
ですが、毛玉になりやすい素材を着なければいい、ということではありません。それぞれの素材にはそれぞれの良さがあります。
アクリルは毛玉にはなりやすいですが、その繊維の強さから洗濯しても縮んだり型崩れをしにくい、と言った良さがあります。
ポリエステルは乾きが早い、という良い点があります。
ですから、毛玉になりにくいことがわかったから着ない、ということではなくて、毛玉になりやすいということがわかっていればそれに合わせて上手にお手入れしたり、着る時にちょっと注意してみたりというコトが出来る。その為に毛玉になりやすいぞ際などを知っておくことが大事ということなんです。

普段からきをつけること

洗濯をする前にニットを毛玉だらけにしにくくするために、普段から気をつけておくとよいことを3つご紹介します。

まず一つ目は、一日着用した後は、ブラシをかけるように心がける、ということ。
ブラシをかけて毛並みを整えることで毛羽の絡み合いを軽減し、毛玉が出来る原因を減らす事が出来ます。
ブラシ掛けする時のポイントは優しくかけること。せっかくのブラッシングもあまり強い力でかけると、結局ブラッシング自体が摩擦になってしまいますから、優しくかけてあげましょう。

二つ目は一度着たら、しばらく休ませてあげることです。同じニットを続けざまに何度も着ると、摩擦で毛羽が増えやすくなるので間隔をあけて着るようにしましょう。

32136-1600651-s-03-dl

最後は冬には欠かせないあのアイテムとの相性の問題です。真冬になるとニットだけなく、その上にアウターを着ますよね。アウターがニットの大きさに対して小さすぎると、着るだけで擦れて、毛玉の原因になります。
着るニットの大きさに対してゆとりのあるアウターを選んで摩擦が起きにくくしてあげましょう。

32603-1900489-m-04-dl

お洗濯で気をつけること

普段から気をつけることがわかったら、洗濯の際に気をつけることをチェックして、さらにニットを大事にしていきましょう。
基本は手洗いすることが、洗濯中に起きる摩擦を最も防ぎやすい方法ではありますが、毎日は忙しいですし、手洗いはなかなか手間にもなります。ですから毎回手洗いという訳にはいきませんよね。
ここは1つ洗濯機の手洗いコースを上手に使っていきましょう。

■容量を守る
洗濯機の手洗いコースを使用する際は必ず一度に洗う量を洗濯機の容量に合わせた量になるよう、入れ過ぎに注意しましょう。多すぎるとそれだけで洗濯物同士が擦れあう原因になります。しっかりと適正量を確認してからはじめましょう。

■ネットを使う
洗濯する際は洗濯ネットを使うようにしましょう。ネットを使うことで衣類同士が擦れあうことを防ぎます。ネットの大きさは、洗濯する衣類に合わせた大きさを選ぶと洗濯物がネットの中で動きにくく、これも摩擦を防ぐことに繋がります。また畳んでから入れるようにすると、洗濯の最中にぐしゃぐしゃに絡まって、伸びたり擦れたりすることを軽減してくれます。

■裏に返す
毛玉になって目立ってしまうのは表側。表を出来るだけ摩擦から守ってあげるために、裏に返して洗濯するようにしてみるのも◎。

■柔軟剤を使う
そしていざ洗濯の際は、ニットをお洗濯する用の洗剤を使用することはもちろんなのですが、柔軟剤を使うようにすると毛玉が出来にくくしてくれます。
柔軟剤には表面の摩擦を少なくする効果があり、表面の滑りが良くなる為、毛玉になりにくくしてくれます。
また静電気も予防してくれることから、ほこりを吸い寄せることも防いでくれるので、ぜひ使ってみてくださいね。

加工を上手に取り入れる

素材や洗濯方法などについてお話してきましたが、気をつけていてもどうしても全くできないというのは難しいところではありますよね。
こんな時は毛玉が出来にくい加工がされたニットなどを上手に取り入れてみるというのも、毎日を楽しく、そしてお手入れをラクにしてくれるのでおススメです。
抗ピリング加工(アンチピリング加工などと呼ばれる)という加工がされたニットが現在はたくさん出ています。ピリングと言うのは毛玉のことで、製品に加工を施す事で毛玉を出来にくくするというもの。
お仕事用であったり、学校の制服用、日常的に使うニットなど、着る頻度が高いものなどをこの抗ピリング加工がされたものにしてみるというのもありですよね。

おわりに

冬のニットにはどうしても付きまとう問題、毛玉。せっかくのかわいいニットも表面が毛玉だらけだと着ていてちょっと悲しくなりますよね。
毎日のお手入れや、洗濯などに一工夫すれば大事なニットを長く楽しむことに繋がります。今年の冬は毛玉対策していきましょう!

32158-0702402-m-02-dl

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: