着こなし

朝 服が決められない!迷った日の為の3つの対策

「今日はどうにも何を着たらいいかわからない!」
そんな日、誰しも一度は経験があるのではないかと思います。
何を着ようか考えるのって調子がいい時はとっても楽しい時間ですが余裕がなく、完全に思考がストップしている、女子にはそんな日だってあって当然です。
それでも苦肉で選んだ日、それがうまくいけばいいけれど、失敗した日なんかは、もう1日中憂鬱…
着替えたい… 誰にも見られたくない… なんだったらもう帰りたい…
そんな日を1日でも減らすために、準備しておくと使えるアイテムやコーデ、そして実は私がしている事も一つご紹介致します。

つながったものに頼る!

ただでさえ思考がストップしている時上下が分かれているものを着ようとしたら、2つ選ぶ分だけ時間がかかってしまいます。
しかもそれがうまくいかなかった日には上下ちぐはぐで1日過ごす事に……
そんな1日をなくすために頼るべきは「上下がつながったアイテム」です。
上下がつながっていれば上と下を2つ選ぶ必要がない。
2つ選ばなければ上下がちぐはぐになることもない。
朝困ったら迷わず上下がつながったアイテムを手に取れば間違えることなく1日を過ごす事が可能です。

じゃあ何を用意しておけばいいの?
もう思いついている方もいらっしゃるでしょう。

それはワンピースorサロペットです。

ワンピースはそれだけでコーディネートを完成させることが出来るアイテムです。
鉄壁のワンピースを1枚用意しておく。
これだけでOKです。

32593-1900245-s-15-dl

もちろんスカートはあまりはかないという方もいらっしゃいますよね。
そんな方にはサロペットがおすすめ。
ワンピースとくらべると中に合わせるトップスを選ばなければいけないという点はありますが、トップスが見える部分が少ないので選ぶのが簡単です。
パンツ派の方は鉄壁の一枚としてサロペットを用意しておきましょう。

33417-1801305-s-17-dl

ワントーンで色合わせに迷走回避

上下で合わせて着る場合のおすすめはワントーンコーデにすると簡単にまとまります。
上下で色を変えるとアイテムを選ぶだけでなく、全身で見た時の色のバランスも考えなければなくなります。
靴は何色にするのか、バッグは?という風に迷う原因がどんどん増えてしまう。
色の数などを考えなくてすむワントーンコーデなら朝選ぶアイテムを格段に減らすことができて「帰りたい……」をなくすことが出来ます。

簡単っていうけれどワントーンって同じ色じゃないとダメなんでしょ?
上下色があったものってセットアップ買わなきゃなんじゃないの?
と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。
「トーン」というのは色の明度と彩度のことなので、ワントーンコーデは色が全く同じでなくてもOKです。

ワンピースやサロペットが得意ではないかたは手持ち服でワントーンコーデを一つ用意しておきましょう。

ワントーンコーデについて気になる方はこちらから
”「ワントーン」と「トーンオントーン」の違いとそのコツ”

LoadImage (1)

曜日を決めておく

最後は私自身がしていて、これで助かっているというものを1つご紹介します。
私は週中、水曜日や木曜日頃になると余裕がなくなってくるのか、着るものを決めるところまで頭が回らなくなる事があります。
そんな時の為に決めているルール、「コーデに困りがちな曜日に着るアイテム」を決めているというものです。
余裕がなくなってくるとコーデを考えらるところまで頭が回らなくなってきます。
なので水曜日か木曜日あたりは「自分の得意なアイテムを着る曜日」にしています。
例としてボトムスでご説明します。
ボトムスの中でも、スキニーやワイドなど自分が着ることを得意としている形、もっと限定すれば「これを着るのは好きで得意なんです!」というものってありますよね。
そしてそんなアイテムってたくさん着たいから、合わせるアイテムも実は他のアイテムに比べて多めに持っている場合が多いですよね。それっておそらくお買い物する時に、「あ、あれに合わせられるな!」なんてことを想像しながらお買い物したりするから自然とそんな風になっていきますよね。
だとすると、「自分の得意なアイテム」は迷わず「鉄板で着られるアイテム」という事。
これをコーデまで頭が回らなくなりがちな曜日に着る、と決めておくと「朝もう時間がない!」となっても迷わず出かけることが出来て朝がいつもより快適になるので、一度試してみてくださいね。

おわりに

女子の毎日はいそがしい。
かわいくみられたいけれど正直服を選んでいる余裕がない時もある。
そんな時のために鉄板で着られるアイテムを用意して、忙しくて思考がストップしてしまった日も納得のお洋服でおでかけしましょう。

Tags: