着こなしアイテム別

マストアイテムタイトスカートの着こなし術 体型カバーで細見え!

年齢を重ねるごとに重力に逆らえなくなり、太ったわけでもないのにお尻やお腹がどうしても気になり始めると遠ざかるものの一つ。
「タイトなシルエットのスカート」
広がりのないタイトシルエットは上手に取り入れられれば実は可愛くなりすぎない大人のスタイリングにもってこいなはずなのですが体型を拾いやすく手を出しにくくなるアイテムでもありますよね。
お尻やお腹を気にせず着こなすコツを抑えてもう一度タイトシルエットのスカートに挑戦しましょう。

ポイントはトップスの丈

タイトシルエットと一言で言っても、タイトスカートやペンシルスカートなど様々です。どちらもウエストから腰に掛けて体にピッタリしている事が特徴ですよね。

タイトスカートの着こなしといえばイメージはウエストインが思い浮かびますが、インして合わせられたらそれは素敵ですが、なかなか勇気が出ないもの。

まずはインせずに着こなせるトップスを選んでタイトシルエットにチャレンジ。ギリギリお尻とお腹にかかるくらいの丈のトップスを選ぶことがポイント。短すぎるとお尻もお腹も強調してしまうし、かといって長すぎるとタイトのシルエットが全く見えなくなりバランスが悪く見せてしまう。ちょうどよい丈を選んで気になる場所をカバーしましょう。

タイトスカート

インするなら前だけイン

とはいえせっかくのタイトスカートインもして着こなしたいものですよね。インする場合気をつける事は、「抜く」という事。トップスをきっちり入れっぱなしにしてしまうとお腹についたオニクが目立ち寸胴に見せてしまう場合もあります。インしたら少しトップスを抜くことでほどよいゆとりとウエストにメリハリがつきすっきりした着こなしが可能。

さらにお尻が気になる場合は前だけインしてお尻も隠しながらトップスを抜いてあげると気になるお尻は隠しながら前はすっきり感を出すことが出来ます。

タイトスカート3
タイトスカート4

合わせるものだけではなく、生地選びもポイントの一つ。少し厚みのある素材を選べば、肌感や体のラインを拾いにくく気になる部分をカバー。

おわりに

いくつかのポイントを押さえれば気になるお尻やお腹をカバーしつつ、タイトシルエットスカートも今までよりも身近なものに。あなたのワードローブに一つ加えてみませんか。

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: