coodinate体型別着こなし

短足はたった3つの技で解決!足が短い人のファッションコーデ講座

短足が原因で
「コーディネートしてもきまらない…」
「おしゃれとか無理…」
そう感じている人のお悩み、解決します!

「足短いから座高測定がつらい過去だった…」という女性必見。
簡単に足を長く見せるファッションのコツをご紹介致します。

短足がわかる原因

もちろんモデルさんのように脚が長い人もいますし、近頃は脚が長い人も増えてきていますが、悲しいかな日本人は足が短い人が多いと言われていますよね。
そんな風に足が短い人が多いと言われる現状の中で実際は自分と同じくらいの短足なのになぜ「脚短いと感じさせない人 」「脚の長さが自分よりあると感じる人」がいるのか。
その違いは服を着た時に足が短いと感じさせるように洋服を着ているから、短足がわかってしまう部分が見えているからなんです。

短足を感じせる服の着方、短足がわかってしまう部分の特徴とは

・脚の付け根の位置がわかる
・お尻の位置がわかる
・下半身が短いと感じさせるシルエットにしている

というものです。まずはこれを1つずつ解説します。

脚の付け根の位置

脚の付け根の位置がわかることによって短足がわかってしまう理由は簡単。脚の付け根は脚の始まりだから前から見た時そこから下が股下として認識されますよね。そこが見えていると股下が短いというふうに見られてしまいやすくなります。
例えばどんな時にわかるかというと、スキニーパンツを丈短トップスで着た時に脚の付け根がくっきり見えている場合。これは足が長い人はよいのですが、足が短い人にとっては辛い着方。

お尻の位置

次はお尻の位置がわかる、とはどういうことか。これは特に後姿や横から見た時に足が短いことを感じさせる原因になるのですが、後ろや横から見た時はお尻の一番出ているところから下が脚の長さと認識されてしまいます。
出っ張っているところやへっこんでいるところは視線がいきやすく、そこを境目として次の出っ張っているところやへっこんで居るところまでを1つに認識しやすいですよね。お尻の一番出ているところはその部分を脚との境目と認識させてしまう。
なのでお尻の大きい位置がわかってしまうような着方をしていると後ろや横から見た時に短足がわかってしまうんです。大きい位置が重要なので、大きいところが下の方にある人が特に気をつけたほうがいいところです。お尻の大きいところが下にある人はそれだけ脚の始まりを下に見せてしまうという事になるからです。ですから加齢とともに重力に逆らえなくなり垂れ尻になってきたりすると後ろから見た時に「短足なったような気が…」と感じてしまいやすくなるんですよね。

これはスキニーパンツのような細いズボンをはいた時はもちろんですが、ぴったりしたタイトスカートをはいた時などが良い例で、スカートで実際の脚の長さは見えていなくてもお尻がどこかがわかるとそこから下を脚として認識してしまいますよね。

下半身を短く感じさせるシルエット

洋服を着る時には基本のシルエットというものがあります。
この基本のシルエットはコーディネートのバランスをよく見せる方法なのですが、シルエットが崩れバランスが悪くなることによって上半身が長く見える場合があります。
上半身とは腰から上の部分の事をさしますが、腰から上が長く見えるという事は胴長に見えるという事。胴長短足という言葉がありますが、胴長とは他の部分と比較して胴が長いという事なので、それ以外の部分が短いという事。
人は背が高い人もいますし低身長の人などそれぞれ身長が違いますから実際の脚の長さでは脚の長さは比べようがありません。脚の長さで重要なのは自分の中の比率の問題。胴と比較して脚の比率が短く見えればそれは脚が短いと感じさせてしまうということになります。

短足カバー方法

それではお待たせしました。この原因を踏まえて短足を体型カバーする対策をご説明します。

脚の付け根をカバーする方法

脚の付け根を簡単にカバーしてくれるのは

・スカート
・脚の付け根よりも幅の広いパンツ
・長めのトップス

当たり前ですが、スカートは股下が割れていませんから脚の付け根を出しようがないので◎。
スカートを着る時に脚を長く見せるためのポイントはウエストの位置が高めに見えるようにするという事。付け根が見えなかったとしてもウエストが下の方にあるように見える着方をすると胴長に見えてしまいます。
胴長に見えるという事は結局のところ、比率で脚が短く感じられてしまう事になるので、ウエストの位置が高めに見えるように着ることが大事。
元々ウエスト位置が高く設定されているハイウエストタイプは役に立ちますし、タックインする事もおススメです。お腹周りが気になってどっちも無理だよ~という人はトップスの丈を工夫すればOKですよ。

お腹まわりが気になる方はこちらへ
”鍛える?隠す?30代からの『お腹問題』を着やせのプロが解決しましょう”

また、膝下が短いことが気になる方はスカート丈を膝が隠れる丈にすると◎。膝頭が隠れることによって膝下の短さを隠す事ができます。

タックスカートに黒のショートブーツならオフィスカジュアルにも可愛いレディースコーデ。トップスのタックインで脚長効果アップ。さらに脚長に見せるなブーツと同じ色のタイツを合わせたりロングブーツにするのも◎。

脚の付け根よりも幅が広いズボンは脚の付け根がどこかを曖昧にしてくれるので実際の股下を感じさせにくくなります。例えばワイドパンツ、ガウチョパンツ、キュロットなどの明らかに幅が広いズボン。
またその他にはテーパードパンツもその仲間。
テーパードパンツ は太ももやお尻まわりにほんのりゆとりがあり脚の付け根の位置をわからなくしてくれます。
これらは短足をカバーしてくれるだけでなく脚が太い場合に太さもカバーしてくれるすぐれものです。

このズボン達を着る時のポイントもスカートの時同様にウエスト位置が高めに見えるように着ることが一番簡単。ハイウエストはスカート同様使えますしウエストインも効果的。こちらもお腹周りが気になる方は『お腹問題』をチェック。

付け根がどこかカモフラージュしてくれるワイドパンツは足の太さもカバー。ミントグリーンのリブニットにカーキが新鮮な色合わせ。レオパードのシューズはコーデのワンポイントに

長さのあるトップスは主にはスキニーパンツなどの細身のシルエットのズボンをはく時に使います。細身のパンツはその性質上どうしても脚の付け根の位置がわかるズボンですからはく時は脚の付け根を隠してあげると短足カバーになります。

この時気をつけることは、体にぴったりとフィットしない身幅のトップスを選ぶようにしてみてください。
身体にフィットしてしまうということは胴の形がわかってしまうという事なので胴の長さもわかってしまいます。
胴の長さがわかってしまうと短足と認識されてしまいやすくなるので自分の体とお洋服の間にゆとりのあるものを選んでみてくださいね。

19082104

付け根が隠れる長さのシャツなら足スッキリ。濃いめのデニムがよりシュッとしたイメージに。ロールアップは細めに折ると◎。もしもっともっと脚長に見せたい時はパンプスに合わせる靴下をパンプスと同じ色かボトムスと同じ色にしてみて。

お尻の位置をカバーする方法

お尻の大きいところが下の方にある、と気がつかせず簡単にカバーしてくれるのは

・スカート(フレアやAラインが◎)
・お尻に沿わないパンツ
・長めのトップス
・長めの羽織

ほぼ脚の付け根と同じなのですが、お尻をカバーするスカートを選ぶときはフレアスカートやAラインスカートが万能です。
裾に向かって広がっていく形のスカートはお尻の形を拾わないのでお尻の大きいところがどこにあるかわからなくしてくれるので◎。
お尻が大きくてスカートは…という方はこちら
”大きさでもう悩まない!スカートで【お尻スッキリ見えする】選び方のコツ”

こちらも着こなす際はウエストの位置を高めにすることを意識してみてくださいね。
また膝下の短さが気になる方も付け根の時同様にスカート丈に注意してみてくださいね。

フレアになったロングスカートをタックインで脚長にスッキリ。ジーンズにスニーカー、Tシャツがかわいいカジュアルスタイル。くるぶしまで来るロング丈がより一層縦長に。

お尻に沿わないパンツはお尻のどこが大きいかを曖昧にしてくれます。
脚の付け根の時と同様にワイドパンツ、ガウチョパンツ、キュロット、テーパードパンツは便利に使えるアイテムです。
そしてもう1つ気をつけることは素材感。お尻にフィットするような素材を選ぶとお尻の形や大きさがわかってしまうので選ぶときは素材感にも注意しましょう。
ハリのある素材か下に落ち感のある素材を選ぶようにすると◎。
着こなす際はもちろんウエスト位置を高く見せるように注意してくださいね。

19082304_1

裾幅の広めな黒のワイドパンツはカバー効果大。シャツインで脚長感アップ。エナメルのシューズにストライプがかっこいいワイドパンツスタイル。

長めのトップスは付け根の時同様にスキニーをはいた時にお尻の位置を隠してくれることはもちろんなのですが、洋梨体型さんやなで肩だったり肩幅が狭い人はオーバーサイズ気味で長さのあるトップスにすればスキニー以外のボトムスを合わせるのもありですよ。

19090405_1

お尻をすっぽり隠す丈が嬉しいコーデ。上半身が比較的華奢な女子ならこんなゆる×ゆるコーデも◎。もっと脚長にするなら足元に合わせたコンバースと同じ色のタイツを合わせてみて。

長めの羽織はお尻の位置を隠してくれる優れもの。その上縦長のラインが作れるのでより一層スッキリ感を出すことが出来ます。

19062801

ロングカーディガンは後姿と横から見たシルエットの強い味方。膨張して見えがちな白パンツもグリーンで引き締めてスッキリ。ボーダーのボートネックカットソーをウエストインして体型カバー。

シルエットでカバー

着こなしシルエットの基本は4つ。

・Aライン
・Iライン
・Vライン(Yラインともいわれます)
・Xライン

これらはアルファベットの形を見た通りにコーディネート全体のシルエットを作ればOKです。

Aラインは上半身のボリュームを抑えて下半身へ向けて広がりを作る着方。
肩幅が広い方や洋ナシ体型さんにおススメのシルエットです。

32190-1900453msk_01

ワンピースはAラインを簡単に作りやすく、脚がどこから始まるかなんて全部カバーしてくれるすぐれもの。モカで女性らしさもプラス。

Iラインは上半身と下半身のボリュームを同じくらいにして着る着方。
これは身体に凹凸が少ない方、板チョコみたいな体型の方におすすめ。

19091302

オーバーオールやオールインワン、サロペットは着るだけでIライン完成。メンズっぽいイメージのオーバーオールもスカートタイプなら着こなしやすい。

Vライン(Yライン)は上半身にボリュームを出し、下半身をスッキリとさせる着こなし方。逆三角形をイメージしてみてください。メリハリのあるシルエットになります。
これはなで肩さんや肩幅が狭い方、洋ナシ体型さんやりんご体型さんにおススメの着方です。

19081907

短足が気になると苦手に感じがちなスキニーパンツは実はトップスを長めに合わせてYラインを作ればスッキリシルエットに。身長が低くて似合わないかもと思う人はヒールを合わせても◎。

Xラインは上半身にボリューム、くびれを作る、下半身にボリュームをつくるという女性らしさが作れるシルエットのことです。
胸やお尻にはボリュームがあるのだけれどそれに対してウエストはくびれている、砂時計のような体型の人におススメの着方です。また肩幅が広くてがっちりして見えるなと思う人にもおススメ。

19072508

ボリューム感のあるニットをロング丈スカートにウエストインすれば簡単にXラインの完成。ちょっと抜くブラウジングは忘れずに。もっと脚長に見せるならロングスカートや靴と同じ色のタイツやショートブーツ、ロングブーツを合わせてみて。

自分の体型に合ったシルエットで着こなす事によってコーディネート全体のシルエットのバランスが良く見えるため、短足をカバーする事に繋がります。

おわりに

「足が組めない…」などは短足の人あるあるの1つ。
確かに脚の長い人が足を組む様はとてもかっこいいなとうらやましく見える時もあります。(実は私足短いです。)
骨格だから明日から足が長くとは変えようがないからなかなか足組みは出来ないけれど、バランスの良いファッションに身を包み似合う服を着こなしてシュッと座った様はきっと佇まいをステキに見せてくれる。
コンプレックスなんてステキなコーディネート解決して短足なんて気にせずファッションを楽しみましょう!

 

最後はおススメの短足カバーコーデをチラッとだけ。

19080611

ワイドパンツにニットをウエストイン。チェスターコートで前は縦長の脚長感バツグンコーデ。ロングコートは秋冬体型カバーの強い味方。

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: