体型別着こなし

なで肩・肩幅が狭いでも簡単に着こなせるトップス選びのコツ

なで肩じゃなければ洋服がもっとうまく着こなせたかもしれなのに……
あなたもなで肩さんならそんな風に思ったこと、一度はありませんか?
なんだかだらしなく見られたり、服に着られているように見えがちなで肩さん。
着物は似合う体型って言われるけれど、洋服は似合わないんだ!と思っているとしたらそんなことは全くもってありません。
なで肩さんだからこそ似合うトップスの形があるんです。
今回はなで肩さんがなぜだかだらしなく見られがちな理由と、そうは見せないおすすめのトップスの形を見ていきましょう。

詰まった首元

なで肩さんがなんだかだらしなく見えてしまう原因の一つは「お洋服が遊んでしまう」という事。
下に傾斜しているため、首回りがあまりにもあいたデザインのトップスを着ると普通の肩の人よりも首回りが緩んでしまうため、首回りが遊んでしまうんです。
その為だらっとして見えるがゆえに、なんだかだらしなく見えてしまう。
それを解消するのが詰まった首回りです。

首の付け根に近いものを選ぶことで首回りの遊びが無くなり、着こなしが安定します。

18052314_1

横に錯覚させる

下に向かって傾斜している肩を下に見せない事も着こなしのコツ。
ボートネックなら自然と肩が横に向かっているように見せる形なので肩が下ではなく横に向かっていると錯覚させてくれます。

ただこの時気をつけるのは前に開きすぎていないものを選ぶこと。
横にも前にも開いていたら結局のところ首回りでお洋服が遊んでしまい、結果としてだらしなく見せてしまいます。
横にひらいているボートネックを選んで目の錯覚を上手に利用しましょう。

18010715

おわりに

なで肩をコンプレックスに感じている人、多いでしょう。
たしかに洋服を着こなしにくいのは事実です。
ただそれだけで人より華奢に見えるのは、実は女子として素敵に見える武器の一つ。
コンプレックスを逆手に取って、トップスを上手に選び、毎日の着こなしを楽しものにしましょう!

Tags: