体型別着こなし

洋服が似合いたい!悩めるなで肩女子必見 似合うファッションのポイント

「着物が良く似合う」って言われがちななで肩さんですが、なかなか毎日着ものというわけにはいかないので洋服がちゃんと似合いたい!
そんななで肩さんの為になで肩をカバーする方法をお届けします。
このなで肩カバーは実は肩幅が狭い人にもおすすめですよ。

そもそもなで肩とは?

そもそもなで肩ってどんな人のことをいうのか。
なで肩とは両肩が水平ラインよりも下がっている状態のこと。鎖骨が外側へ向かってハの字型に下がっている場合はなで肩の可能性が高いです。生まれつきなで肩の方もいますし、日頃の姿勢によってなで肩になっている人もいます。

服を着るとどんなふうに見える?

なで肩の人は肩が下がっている為、肩幅が狭く見られやすい事が体型の特徴です。その為服に着られているように見えがち。また首元が遊んでしまいがちになるので服を着るとなんだかだらしなく見えてしまうと感じやすい事もなで肩さんあるあるの1つです。
また肩が下がっているためにサロペットやキャミソールワンピースなどの肩紐が落ちてきやすくイライラさせられるという経験をなで肩さんなら一度はしたことがある人が多いのではないかと思います。

これではなかなか洋服が楽しみにくいですよね。
というわけでここからはなで肩を気になりにくくする形などをご紹介していきます。

首回りのデザインで解決!

まずは首回りのデザインでなで肩さんの着こなしを解決する方法から。

詰まった首回りを選ぶ

詰まった首元のトップスは首の付け根から肩の位置までを広く錯覚させてくれるのでなで肩が目立ちにくく、また詰まったトップスは首回りが動きにくいので首元が遊んでしまうという問題が解決されやすいアイテムです。

19072401.jpg1

ただこれは首が短かったり胸が大きいなで肩さんの気になる首の長さや胸を強調させてしまう場合があります。とはいえ開きすぎた首元はなで肩さんの場合、首元が遊んでしまいがちなので便利に着たいアイテムです。
こんな時は首のまわりに縦のラインが作れるように工夫してあげる事がおススメ。例えば縦に長めのネックレスで首から下に縦ラインを作ってあげる。羽織物を空けて羽織る事で前に縦ラインを作る、といった風に工夫すれば首の長さや胸の大きさが気になりにくくなるので一度お試しを。

19070502.jpg1

横に開いた首元を選ぶ

なで肩さんが詰まった首回りの物しか着られないという訳ではありません。開いた首元の場合はボートネックのような横に開いた首元のトップスを選ぶと首元が開いたトップスでもなで肩が気になりにくいので◎。
前ではなく横への開きが横の長さを強調してくれるので開いたトップスを選ぶならボートネックなどがおすすめ。
ポイントは前に開きすぎない事。横だけでなく前にも開いてしまっている場合は結果として首回りでトップスが遊んでしまうので、だらしなく見えてしまう可能性大です。横の開きを意識してみてくださいね。

19071004_2.jpg1

開いたデザインを着たい時は...

首回りが開いたデザインがあまり得意ではないなで肩さんですが、首元をレイヤード(重ね着の事)すれば首元が開いたトップスも着こなす事が出来ます。このレイヤードは上半身が華奢ななで肩さんにとっては得意分野なのです。上半身が華奢な方は重ね着しても厚みが出にくいので着太りして見えにくいので実は似合う着方の1つです。
首回りが開いたトップスで気に入ったデザインの物を見つけたら一度レイヤードを試してみるのもいいですよね。

19080610.jpg1

袖のデザインで解決!

袖は季節によって変わってくるところですが、袖のデザインでもなで肩を気になりにくくしてくれるデザインがあります。

フレンチスリーブ

これは夏場に活躍する袖のデザインですが、肩から腕にかけて少しだけ袖がついている事が特徴の袖のデザインです。
肩より少し布がある事で、そこまでが肩と錯覚させてくれるのでなで肩の方がそう思われやすい肩幅が狭く見えるという状態をわかりづらくしてくれます。

19032006_1.jpg1

パフスリーブ

パフスリーブは肩の先や袖口にギャザーをやタックなどが入り、袖が膨らんだデザインの事です。一般的には袖が短いものが多いため春夏のイメージが強いアイテムですが、もちろん長袖もあります。
この膨らみが肩にボリューム感を出してくれるので、下がった肩を目立たなくしてくれるのでパフスリーブはなで肩さんにとってはとても便利なアイテムです。

19072609.jpg1

柄で解決

洋服の柄でもなで肩を目立たなくする事が出来るんです。

ボーダーで横を強調

ボーダー柄は横幅を広く見せてくれる効果があるので、なで肩さんの肩を横に広いと錯覚させてくれる便利な柄です。
肩回りが貧相に見られやすくそのせいで顔が大きいように見られてしまう…なんてお悩みもなで肩さんには多い悩みの1つですが、ボーダーで横を強調する事でそんなお悩みを気にならなくする事も出来ます。

19061911.jpg1

大柄を選んでみる

柄の中でも大柄って難しそうとさける方も多いと思いますが、実はこの大柄のトップスは上半身を大きく見せてくれるので華奢に感じるなで肩を大きく見せてくれる効果があるんです。

18062102_1.jpg1

サロペットを着るなら…

サロペットやオーバーオール、キャミソールワンピースなどの肩紐が落ちてきやすいなで肩さん。
肩紐が太めのタイプは比較的安定しやすいので落ちてきにくくて◎。他には肩紐の部分が短めのものもおススメ。また背中で肩紐がクロスしているものも安定しやすいのでサロペットなどを選ぶときは注目してみてくださいね。

19022103.jpg1

体型の違いを意識してなで肩をカバーする

体型って人それぞれ違うので、「なで肩」と一言で言ってもみんな体型はバラバラですよね。
なで肩で胸が気になる人・なで肩で首の長さが気になる人・なで肩で二の腕が気になる人、などこれ以外にも様々いますよね。
上にあげた着方や形によってなで肩以外の部分を目立たせてしまう場合も出てきます。せっかくなで肩をカバーしてもカバーしたことによって他のところが強調されてしまったらとても悲しいですよね。
上にあげた中で自分の体型に合ったなで肩のカバーの仕方を選ぶと、より体型が気になりにくくなるので、どれが自分に合うのかなどを試してみてくださいね。

おわりに

肩って骨格だからなかなか変えようがなかったり、変えるのが難しい部分だからこそ、洋服の着方や選び方で悩みが減ったら嬉しいですよね。自分に合ったなで肩カバーをぜひ試してみてくださいね。

Tags: