re:usere:make

簡単アバウトリメイク!シャツをヘアバンドにハンドメイド術

「OMOTENASI」(おもてなし)くらい日本語でいいなと思う言葉は「MOTTAINAI」(もったいない)です。
こんにちは、きょーさんです。

前回の”簡単アバウトリメイク!シャツをつけ襟にハンドメイド術をやった際に残ってしまったシャツの生地。

IMG_8943

MOTTAINAIので今回もまたリメイクしましょう!!

今回作るのはヘアバンドです。
ヘアバンド、私も大好きなので数個持っているのですが、なんだろう…
私の頭が大きいのか顔が大きいのか、ずっとつけてると頭痛を起こすんですよね。

でも私の買ったヘアバンドが全部小さめの作りだったのかもしれない…
多分そう、平成サイズなのかも!ということにしてキツくないヘアバンドをレッツリメイク!
ウエルカム令和!

用意するもの

・布(今回私はシャツワンピを使いました)

50×25センチ を2枚

10×35センチ を1枚

・ゴム (家にあった細いゴムを2本で使いましたが本当は平ゴム2cm位を使うと良いです)

作り方①生地をカットする

IMG_9397

「用意するもの」にあるサイズで生地をカットします。長方形の布が3枚出来る感じです。Bの長さは頭の大きさに合わせ作る途中で調節しましょう!
もちろん調節の仕方も後で出てくるのでご安心を。

作り方②生地を筒状に縫う

カットして材料の用意が出来たらそれぞれの生地を筒状にします。

2019-04-02 10 54 08
IMG_8945
IMG_8949

1センチの縫い代で直線に縫っていきます。
全部縫い終わったら表側に生地を戻します。

作り方③生地をクロスさせて形を作る

A1とA2の生地(長いサイズの2つ)をクロスさせます。
この時生地は表の状態です。

IMG_8951

クロスしたら折ります。

IMG_8954

ぱたん

IMG_8957
IMG_8965
2019-04-02 10 54 02

画像の様にクロスさせた布の端を合わせ縫い代1センチで縫います。

作り方④クロス部分にゴムをつける

AにゴムとBをつけていきます。
ここで一旦AとBをおさらいしておくと
・クロスした生地がA
・筒状になってる短めの生地がB

Aの端は下記の図のようにじゃばらに折り、Bの☆の幅に合わせます。

image1.jpeg1

Aの端を縫い終えたら、ゴムの端をAに乗せ縫い付けます。

image2

Bの端を1センチ中に折り込みゴムに通します。折り込んだBの端をAの上に被せて3ミリくらいの幅で縫いAとBを接着させて下さい。

片方が接着されたら1回頭につけてサイズの調節をしてみて下さい。大きいようであればゴムをカットしてOKです。その分Bの生地も切って下さい。

image3

サイズが決まったらもう片方の部分も同様にAにゴムとBを付けます。
Bを縫い付け終ったら完成です!

完成!!

お疲れ様です!出来ましたか??

今回は少し細かい過程がありましたが、じゃばらに折って縫う場面が少々雑になってもBを上からかぶせて縫ってしまうので問題ありません。何故ならアバウトリメイクだから・・・(もちろん丁寧に作ったほうが綺麗に仕上がります 笑)

これが出来たらもう立派なリメイクマスターですね。
裁縫なんて怖くないですね。

さあ、早速装着してみましょう!

IMG_9400
IMG_9401

ナイスフィット!
これで頭痛も気にせずオシャレを楽しめそうです。
ちなみに布幅を変えれば細くも太くも出来ますのでお好みで色々作ってみてください!

おわりに

今回はリメイクということでシャツを使いましたが、おうちにある生地なんかでももちろんOKです。ゴムの取り付けのところさえ1回出来てしまえば、楽しくなって何個も作りたくなってしまいますよ。

以上きょーさんのアバウトリメイクでした☆

次は何を作ろうかな♪

I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

Tags: