staffcolumn

お洋服が楽しめれば音楽も何倍楽しくなる フェスコーデのススメ

今や全国各地で行われている夏フェス。
もはや夏以外も行われており、いつだって音楽を楽しめるようになりましたね。せっかく楽しいイベントだもの。お洋服もぬかりなくコーディネートすればきっと何倍も楽しい一日になる。
場所も加味したお気に入りのコーディネートを押さえて素敵な一日にしませんか?

自分らしさは小物や色でプラス

bi-san

夏にはえる色づかいが太陽光がまぶしい野外にもってこいなスタイル。
日よけの帽子はもちろん汗をかいてもOKなTシャツ、最低限の荷物の入るウエストバッグ、そして突然冷えてもOKなようにパーカーも常備。
基本をクリアしたキャンプなどにも対応可なスタイルです。

ただもちろん基本は守っていきたいところですが、せっかくの特別な1日。
どこかには自分らしさも出していきたいですよね。
このスタイルの場合帽子をキャスケットにして自分らしさもプラス。
小物や色柄使いなどで自分らしさがプラスできると楽しみがアップです。

キャンプなどにも対応可能という事で勝手にキャフェススタイルと名付けます。

非日常だからこそちょっとした挑戦したってOK

服mania snapさん(@fukumanias)がシェアした投稿


都心の近くで行われるフェスなどではけっこう身軽な服装でもOKな場合も多い。
これならいつもの服装に近くてもOKです。

ただまったくいつもと同じでもよいのだけれど
フェスって非日常な特別な空間です。
普段は恥ずかしくて冒険しない方でもちょっとくらいいつもと違うことをしたっていいじゃない!と思うのです。
普段柄物を着ない方だったら上のコーデのように柄物をプラスしてみたり、日常一切色物に縁がない方でも小物で色を足してみたり。
そんなことが楽しめるのもフェスのいいところですね。

ちなみに注意をひとつ。
上の写真はヒールを合わせていますが、ヒールの方は出来るだけゆったり参戦してくださいね。
けがをしたらせっかくの1日も、その後の生活も楽しめなくなってしまうので。

都市に対応したスタイルなのでトフェススタイルと呼んでみます。

大人女子だからこその着くずしが楽しい

fes

もういい大人だし、ゆっくり見るくらいがちょうどいい。
アウトドア感が強いスタイルも年々顔に合わなくなっている。
そんな大人女子ならコットンのロングワンピースにカンカン帽でちょっとナチュラルなスタイルもあり。
シャツ素材なら風も入りやすく涼しく過ごすことができます。

ただそれでもやっぱりせっかくのフェス。
アウトドア要素は忘れたくないもの。
足元はスポーツサンダルで動きやすさをプラス。
ナチュラルなワンピースをスポーツサンダルで着くずす事でこなれ感もアップです。

ちょっとロハスなスタイルという事で略してろフェススタイルと呼んでみます。

おわりに

フェス、という目的は一緒でも場所や楽しみ方などでも服装を変えることが出来ます。
自分なりのファッションでせっかくの特別な1日を楽しいものにしましょう!

フェスの基本の持ち物が知りたい方はこちらの記事がおすすめ
【夏フェス】必需品を総まとめ。あると便利なアイテムまでリストアップ!

Tags: