coodinate着こなし

着回し上手を目指せ!デイリーorおでかけにチェンジする3つのコツとコーディネート例

 

お洋服を着るシーンは色々な場面があると思います。その都度必要なシーン用にお洋服をそろえていけたらいいのですが、どんどん買い足していくと収納も大変でクローゼットがパンパン、なんて事にもなるし、ほとんど出番のない服が増えていく事にもなりかねませんよね。

本当にフォーマルなシーンは、その為にお洋服が必要な場合が多いですが、「ちょっとしたお出かけ」という場面なら普段着ているお洋服を「ちょっと余所行き」に見せられたらこんなに便利な事はありませんよね。

今回は普段使いするアイテムを「ちょっと余所行き」に見せるための簡単なコツをデイリーに使うアイテムを例に挙げながら2つのイメージに変える着回し術をご紹介していきます。

コツは3つ

実際にアイテムを使いながら説明していく前に、普段使いするアイテムを余所行きに見せるための着回しのコツを3つお話ししますが、ご説明する前に注意点を1つ。
コツは3つありますが、3つすべてしなければいけないというわけではありません。もちろん3つとも出来ればいいのですが、3つの中から1つ出来ればコーディネートのイメージは変えられます。まずは1つずつ試してみてくださいね。

■色合わせ・色使い

まず1つ目は、コーデ全体の色合わせや色使いに注目します。

1つのコーディネートの中で色のトーンの差を少なくするとちょっとフォーマルな着こなしが作れます。結婚式ってわりと最大な余所行きシーンだと思うのですが、結婚式に着ていくお洋服って基本のスタイルはフォーマルですよね。最大の余所行き、結婚式に着ていくお洋服はほとんどの場合が色のトーン差が少ないものが多い。この最大の余所行きの法則を普段使いするアイテムに落とし込めば、いつも着ているお洋服を余所行きにチェンジする事が出来ます。

■小物使い

2つ目はデイリー使いしやすいアイテムに使う「小物」を普段とおでかけシーンで変えてみるとそれだけでイメージを変える事が出来るので、1枚のお洋服を着回しする事が出来ます。

小物代表と言えば「バッグ」「シューズ」など。またスカーフなどもイメージを変えるのに便利。例えば1枚のデニムに合わせるシューズをスニーカーにするのか、はたまたエナメルのシューズにするのかという風に小物をチェンジするだけで充分コーディネートのイメージは変わります。これなら服の数を増やさなくてもいくつかのシーンに使える小物をシーンごとにそろえておけばOK。

■リラックスorメリハリ

3つ目はコーディネートにリラックス感を出すか、メリハリをつけるかという所。
ゆるめのお洋服を着ている時ってコーデのイメージにリラックス感がありますよね。「リラックス」とは「緊張をとく」や「くつろぐこと」という意味があるので、リラックス感を出すと頑張りすぎていない普段使いのイメージ。
そんなコーディネートにメリハリをつけてあげる事でリラックス感のある雰囲気にちょっとシュッとした感じがプラスされるので、イメージを変えることが出来ますよ。

ではここからは実際のアイテムを「デイリー」と「お出かけ」に着こなした例を見ながら解説していきます。

◆Tシャツ編

【色使いでチェンジ】

32136-1701203sk_02

着まわすのはとにかくベーシックなこんなTシャツ

・デイリー

LoadImage

ベーシックな色合わせのコーデにチェックのシャツをオン。カラーを取り入れたカジュアルなスタイルなら普段の毎日もちょっと楽しく!トレンドのPVCバッグにローファーを合わせたハズシコーデならTシャツも大人カジュアルにコーディネート出来ます。

・おでかけ

19060511


グレー×グレーのトーンオントーンコーデで色使いをおさえれば、ベーシックなTシャツもお出かけコーデ用に早変わりできます。落ち着いた色同士の合わせだからこそバッグの赤がコーデにピリッとエッセンスをプラスしています。

◆ノースリーブ編

【色使い】

32489-1801163sk_06

真夏に涼しいノースリーブを着まわし

・デイリー

19061417

ギンガムチェックと小物のカラーでシンプルコーデに色味をプラス。
キャップにバレーシューズのハズシテクならデイリーコーデもワンランクアップできます。

・おでかけ

LoadImage (1)

無地×無地で色味を少なめにスッキリ感を演出。首元のレースがシンプルコーデを格上げ。
バッグの素材感で夏らしさをプラスしています。

◆スカート編

【色使い×小物使い】

33136-1800577-m-02-dl

爽やかなストライプを着まわし

・デイリー

19060719

トレンドのイエローを効かせてフレッシュに。
動きやすいスニーカーをオンすればより一層デイリーシーンに活躍するコーディーとに仕上がります。

・おでかけ

19060717

トップスと小物の色をそろえて色味を少なくすれば柄物もシックな着こなしに。
T
ストラップのシューズが余所行きキレイめ感をアップさせてくれます。

◆パンツ編

【小物使い×リラックスorメリハリ】

33678-1900046sk_01

オールシーズン使いやすいベージュを着まわし

・デイリー

19060509

キャンバス素材のバッグでカジュアルさをオン。
トレンドのビッグシルエットはリラックス感の秘訣です。

・おでかけ

19060508

お利口さんローファーがシンプルコーデによそいきスパイスをオン。
長めの羽織で作る「I」ラインがスッキリシルエットを作り出しています。

◆ワンピース編

【色使い】

32518-1101080c01-s-14-dl

長めのマキシ丈ワンピースを着まわし

・デイリー

19061416

パーカーでカラフルさをプラスしてより一層カジュアルに。「ちょっとそこまで」のワンマイルコーデも色使いでぬかりなくコーディネート出来ます。

・おでかけ

19061415

色使いを抑えれば、リラックスワンピも余所行きアイテムに。ワンピにボトムスをレイヤードすれば今年顔スタイルを楽しむことができます。

おわりに

上に挙げた例の中でコツを3つ使ったものはありませんでしたよね。1つもしくは2つのみ。全てのコツを使わなくても十分デイリー使いとお出かけ用に着まわす事が出来てしまいます。コツさえ掴めば服も枚数を増やし過ぎず、ワードローブを少ない服でまわせてちょっとしたミニマリストにもなれちゃうかもしれませんよ。
イメージを変える基本を掴んでお洋服を最大限活用していきましょう!

Tags: