coordinate着こなし色・柄・素材

着るだけで大人コーデ!バーガンディー/ワイン/ボルドーに合う5色解説

落ち着いた印象のボルドーやバーガンディー、ワインレッドと言った深めの赤色たち。シックで大人な雰囲気だからコーデに取り入れたいけどイマイチ私には合わせ方がわからない…なんて思っている人も多い色。
そこで今回はボルドーなどの深めの赤に合う色や合わせにくい配色などをご紹介致します。

それぞれの色の特徴

ボルドー・バーガンディー・ワインレッド、「全部同じに見えるような気もするけど違いは?」という方のためにまずはざっくりご説明いたします。

ボルドー…茶色味のある赤
バーガンディー…暗めの紫味がある赤
ワインレッド…濃い紫がかった赤(彩度が高め)

と言った感じがざっくりとした違いです。どれもアカの中で深みのある色なので大人っぽくて落ちつきがありながらも赤の持つ華やかさが魅力的な色。
着るだけで大人っぽくて華やかになれる大人コーデには欠かせないカラーですよね。

合わせにくい色

合わせやすい色をご紹介する前に、合わせる事にテクニックが必要なちょっと合わせにくい色から。
深みのある赤系なのでボルドーもバーガンディーもワインレッドもその色自体が主張が強い色ですよね。ですから合わせる色も主張が強い色だとちょっとテクニックが必要。

例えば…

原色のグリーン・濃いめのパープル・ブルー・オレンジやイエローなどはどちらにも主張があるので合わせにくい色。もしもこれらのカラーとコーディネートするならお互いの分量を変え、持ってくる位置に少し距離を取って合わせた方がお互いの色がけんかしずらくて◎。例えばトップスと靴、トップスとバッグなどのように分量とそれぞれの距離感を調整してみて。

合わせやすい色

キメすぎずにキマるグレー

19090303

何色とでもしっくりきてくれるグレーは間違いのない色。何にでも合わせやすい中間色代表のグレーならコーデをまとめてくれるのでちょうどいいキマり感でコーディネートが完成します。
メンズライクなグレーのチェック柄生地のジャケットにバーガンディーのストールを合わせる事で女性らしさがプラス。ダテメガネやベレー帽をプラスしたおりこうちゃんスタイルもバーガンディーを合わせれば大人が楽しむおりこうちゃんスタイルに。ワイドパンツのブラウンでこなれ感もアップ。

柔らかく着こなせるベージュ

19071114

グレー同様に中間色ニュアンスカラー代表のベージュも深みのある赤系と相性がよく合わせやすいカラー。
ベージュはアースカラーの1つでもあるので、落ち着いた柔らかい雰囲気がプラスされるので女性らしいイメージに。
袖にふんわり感のあるバーガンディーのニットに柔らかい印象のベージュのワイドパンツできれいめコーディネート。無地と無地の合わせは足もとのレオパード柄がワンポイント。印象深いバーガンディーとちょっと強めな印象のレオパード柄もトップスとシューズならちょうどいい距離感。

落ち着きをプラスしたネイビー

19072404

ネイビーは落ち着いたイメージがある定番色。濃さのあるネイビーは深みのある赤系と色のトーンを揃えてくれるので相性◎。

キャップを使ったボーイッシュでカジュアルなコーディネートもワイドパンツのネイビーと靴下のバーガンディーがカジュアルな中にも落ち着き感をプラス。

大人感をプラスするブラック

19072508

コーデを引き締めるブラックはシュッとした雰囲気がプラスされ、大人っぽさをプラスしてくれる万能色。ネイビー同様トーンの近さが色合わせを簡単にしてくれるすぐれたカラー。

バーガンディーのニットにブラックのミディー丈スカートを合わせた大人コーデをメガネと靴下、レースアップシューズを合わせて着くずせば上手にハズせてコーデがワンランクアップ。無地と無地の合わせも靴のエナメルがワンポイントに。

深みが増すブラウン

19081912_1

こなれ感のあるブラウンは深みのあるアカ系とは相性◎。

タートルネックにワインレッドは落ち着いた大人のコーデを楽しめること間違いなし。アースカラー茶色のワイドパンツで柔らかさがプラス。

おわりに

大人っぽくしてみたい時、ヘアカラーをちょっとボルドー系にしてみたくなる人やネイルやリップ、アイシャドウなどをボルドーにしてみる人も多いですよね。
そんな艶っぽさを感じられる、ボルドーやバーガンディー、ワインレッドなどの深みのあるレッド系のカラーでコーデを楽しみましょう。

 

最後に個人的に好きなバーガンディーのソックスと黒ヒールパンプスの合わせをちらりとお届け。

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: