featuredstaffcolumn

季節の変わり目こそオシャレがしたい!「ワッフル素材」なら今買って春まで使える!

編集長が最近買ったもの

気温と日差しが変わると春物を着たくなる

季節の変わり目になるといつも思うのですが、
それは「早く次のシーズンの服が着たい」という事です。
私以外でもそう感じたことのある方はいらっしゃるのではないかと思います。
そうかと言って季節の変わり目ってあからさまに次のシーズンのアイテムを着る事ってなかなか難しいものです。
これを書いている今は二月。外の気温は真冬真っ只中。
なのにも関わらずもう次のシーズンの服が着たくてたまらない。

なぜそんなことになったのかを少しだけ。
数日前一日だけ突然春のように暖かい空気に包まれた日がありました。
日中の日差しも冬のそれではなく、明らかに春の柔らかさでした。

その日を境に次に暖かくなった日は次のシーズンの服を着よう、準備をしておこう、と思ったことがきっかけでした。

ですが暦はまだ二月。そうそう暖かい日など訪れるはずもありません。
そうわかってはいても一度沸いてしまったこの気持ちはそうそう抑えられるものでもない。

そんな時に私がこれを買おう、これならすぐ着られるけど春にちゃんと着られるわ、と思ったのが「ワッフル素材」のトップスでした。

保温性と肌あたりの良さを兼ね備えている

32607-1801271-s-11-dl
32607-1801270-s-09-dl

ワッフル素材は表面に凹凸がありぼこぼこしていて要するにお菓子のワッフルのような生地の事です。
表面の凸凹が冬から春にかけて使える理由なのです。
凸凹している事でその間に空気を含む事が出来ます。
この凸凹が自分の体温が作り出した暖かい空気をとどめてくれるので保温性が高く、暖かいのです。

また凸凹があることで肌に直接触れる部分を少なくしてくれる為、肌ざわりが良く、ルームウェアなどにも使われることもあります。
2月から3月にかけてはすごく寒い日があると思えば急に暖かい日があったり、特に3月は一日のうちでも朝と夜で気温に差があったりするものです。そんな時だからこそワッフル素材は季節の変わり目にとても万能なアイテムなのです。

32607-1801269d_03
32607-1801270d_03

一枚で着てもスタイリングに表情がつくれる

32607-1801270-s-06-dl

表面の凹凸は機能性だけではなく、普段の何気ないスタイリングに表情をつけてくれるのがワッフル素材のステキなところです。
何気ない無地の白いTシャツを一枚着ただけでステキにきまるコーディネートを作ることってなかなか難しいですよね。
ワッフル素材は無地でも表面の凹凸がちょっとした柄のような役割を果たしてくれるので、無地でシンプルなスタイリングだったとしても着るだけできまってくれる毎日のスタイリングにとても万能な素材感なのです。

おわりに

32607-1801271-m-02-dl
32607-1801269sk_01

ちなみに私が買ったのは上の二つ。
どちらも白でいち早く春気分が味わえそうです。

ワッフル素材はここ数年とても人気のある素材感ですが、多くの人が愛用するのにはやっぱり理由があるという事。
冬から春へ向かう季節の変わり目。この時期って何か欲しいけど何を買ったらいいかわからなくなりがちだし、それでもやっぱり先取りしたい気持ちもあるし。
季節ごとに合わせた素材感を選んでどんな時期でもお洋服を楽しみたいものですね。

季節の変わり目に何が欲しいのかわからなくなった時はこちらから
”「買ったのに着ない」になってない?何か欲しいけど何を買ったらいいかわからない時にしてみるといい事”

 

冬のお洋服にあきた時どうするか知りたい方はこちらから
”冬服にあきたらどうする?足すのは白で春先取り!”

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: