着こなしアイテム別

簡単ストローハット 顔型別選び方とかぶり方のコツ

レジャーシーズン前に準備しておきたいのが日除け出来る帽子。初夏から夏にかけてかぶるなら通気性がよい麦わら素材で出来た ストローハット がおススメ。
ただ、顔の形は人それぞれ。それぞれの顔の形によって似合う形やかぶり方が異なります。
今回は、顔型別ストローハットの選び方とかぶり方のコツをご紹介いたします。

丸顔さん

2019-04-25 10 25 04

水平で顔の丸さをカバーして目立たせなくする形を選ぶことが丸顔さんのコツ。顔と同じような丸みのある形にすると顔の丸さを強調してしまうので輪郭を強調しない形を選ぶと顔まわりがスッキリとした印象になります。特にストローハットの中でも カンカン帽 はおススメ。またなるべく水平を意識してかぶることで顔まわりがすっきり。

面長さん

2019-04-25 10 27 23

ハットのトップが平らなものでバランスを取ると縦長の顔立ちが目立ちにくくなり、すっきりした印象になります。ハットの形は丸顔さんと同様にカンカン帽は面長さんにもおすすめ。カンカン帽以外ならつばが広めのものを選ぶと顔の長さが気にならなくなる効果があります。ツバの広いものを選ぶことで横に長さを出せるので顔の長さを目立たせにくくなります。

ベース型さん

2019-04-24 18 56 41

顔の幅が気になりにくくなるようにハットのツバが自分の輪郭よりも広めでボリューム感があるタイプを選ぶとスッキリ見える効果があるのでツバの広さを意識して選びましょう。
もう一つのポイントはハットのトップの高さ。トップに高さがあるものを選ぶと、ハットのトップから全体を顔に思わせてしまいます。トップが浅めのタイプを選ぶと顔を大きく感じさせない効果があります。

逆三角形さん

2019-04-24 18 58 45

逆三角形さんのシャープなあごのラインはスッキリしていてステキなのですが、ハットに丸みのあるデザインを選ぶと印象が柔らかくなります。クールな印象が和らいであごの華奢な雰囲気が強調されるので、華奢でかわいい印象になります。

おわりに

帽子って難しそうと思われる方も多いと思いますが、夏場は紫外線を遮ってくれたり、直射日光を遮ってくれたりするので、必然的にかぶる必要が出てきます。「被ったことないからちょっと恥ずかしいな…」と思われる方も、この「必要だから」という理由からなら自然とかぶることが出来るはず。
初夏に向けて自分にあったストローハットを選んで陽射しが強い日のお洋服も楽しんでくださいね。

帽子について気になる方はこちらから
”実は簡単ベレー帽!顔型別かぶり方のコツ”

使うやつ
DSC04775

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: