coodinate着こなしアイテム別

テイスト別ライダースジャケット着こなし集とそのルール

春と秋、季節の変わり目に持っていると万能なアウターの一つ
「 ライダースジャケット 」
ライトアウターの中でもハードなイメージがあるので、着てみたくても「自分のテイストと違うかな」と思われる方もいらっしゃると思います。けれど実は色んなテイストで着こなせるんですよ。今回は3つのテイストの着こなしとそのルールをご紹介いたします。

カジュアルなスタイルが他のテイストとどう違うかというと、色や柄、また使うアイテムが比較的多い、という特徴があります。
ハードなイメージのライダースジャケットをカジュアルに着こなす時もコーディネートに色や柄を使ってみると〇。

DSC06775

上下とも赤を効かせたスタイル。スウェットのロゴやバッグの柄もポイント。

DSC09391
DSC09404

ベイクドカラー パープルのスウェットに柄のスカートで色柄を取り入れたスタイル。

柔らかさをプラスしてナチュラルに

ハードなイメージのライダースもほんの少しやわらかさを取り入れるとナチュラルなテイストが好きな方でも簡単に普段のお洋服に取り入れる事が出来ます。コーディネート全体も使う色をおさえると〇。

DSC07359

首元のフリルで甘さを効かせてハードさをやわらかく。

DSC07392

清潔感のある白をメインに着こなす事で柔らかい雰囲気

DSC07369

落ち着いた黒メインのコーデも首元のフリルで柔らかさをプラス。

シルエットを意識してキレイめに

キレイめスタイルのポイントはやっぱりどこかに「女性らしさ」が見える事。キレイめスタイルのコツはシルエットを意識する事が大切です。例えばトップスをインして「メリハリ」をつける、きちんとI(アイ)のラインを作って縦にスッキリ見せる、などを意識して。

DSC09033

ウエストを絞ってメリハリを意識したスタイル。

DSC09068

カジュアルっぽいスタイルの時もウエストをインしてスッキリと。

DSC09024

I(アイ)ラインにすっきりとしたワンピーススタイル。ほんの少し素肌を見せて適度な露出もポイント。

終わりに

ちょっとハードなイメージはありますが、コツさえおさえれば簡単に色んなテイストで着こなすことが出来るんです。しかもライダースは風を通しにくいので風が強く吹く事がある春と秋、季節の変わり目にはとっても万能なライトアウターなんです。
あなたの雰囲気に合わせた着こなしでライダースを楽しんでみませんか?

他にも季節の変わり目に万能なライトアウターが知りたい方はこちらから
”春アウター定番てどんなもの?万能な5アイテムとコーディネート公開”

Tags: