lifehack

快適で心地よい 麻(リネン)素材のしわと上手に付き合う方法

気温が高くなる時期になると麻(リネン)素材のアイテムを着る機会が増えますよね。汗をかく時期に麻のサラッとした着心地は気持ちがよく、暑い時期のお洋服も楽しくなる。

ただこの「麻」ですがしわになりやすいのがネック。
しかもしわになりやすいだけではなくてしわが取れにくい。しわと言ったらアイロンをかければいいだけと思いますが、夏場はただでさえ暑いのでアイロンをかけるのも億劫だし、暑さだけでなく麻素材についたしわは普通にアイロンをかけてもなかなか取れない。
なので着れば涼しいとわかっていてもお手入れを煩わしいと感じて手を出すことを諦めてしまわれる方も多いのではないでしょうか。

けれどせっかく涼しく快適に過ごせる素材です。
湿気が多くじめじめしやすい夏に着ないのはもったいない。そこで暑い夏を快適に過ごせるように、今回は麻素材のしわとの上手に付き合う方法をご紹介いたします。

麻(リネン)ってどんな素材?

しわについてご説明する前に麻について少し。
初夏や夏場の暑い時期に気持ちよく着られるとされている麻ですが、どうしてなんでしょう。
それは麻にはこんな特徴があるからなんです。
麻は水分をしっかり吸ってくれる吸水性があります。
そして発散性や通気性がよいので水に濡れてもすぐに乾いてくれるという特徴があります。
ようするに暑い時にかいた汗をしっかり吸ってくれるので汗でベタベタしたままにならずに済み、吸った汗がすぐに乾いてくれるので気持ちよく過ごす事が出来るというわけなんですね。

そもそもなぜしわになりやすい?

32596-1900117d_07.jpg1

麻がしわになりやすい原因。
それは他の素材と比べて弾性が乏しいからなのです。
弾性というのは、外からの力によって形を変えたものが、その力が無くなった時元に戻ろうという性質の事。
麻はこの元に戻ろうとする力があまり強くないので、一度その形になるとなかなか元に戻りません。
麻に限らず洗濯機で普通に洗濯して脱水が終わり取り出してみると、脱水後は基本しわになっていますよね。
麻は他の素材と比較して、弾性の弱さから普通に洗濯してしわがついてしまうと、干す際にどんなにはたいてみてもそう簡単には戻らなくなってしまうという訳なのです。

ネットを使おう

多くの麻素材のお洋服は洗濯絵表示に「手洗いで」というマークがついていることがほとんどですが、毎回手洗いというのも面倒なのは事実。
そこは洗濯機の手洗いコースを存分に活用しましょう。
その際みなさまやられていると思いますが、「洗濯ネット」を使いましょう。ネットは洗いたいお洋服に対して大きすぎないものを選ぶと〇。大きすぎないものを選ぶことでネットの中でお洋服が動くことを減らしてくれるのでしわがつきにくくなりますよ。
畳んでネットに入れてお洗濯しましょう。ネットの大きさにちょうどの大きさになるように畳むと〇。

汚れの気になる箇所がある場合は先にその部分が表に出るように工夫して畳んでみてくださいね。

絞ることをやめてみる

ここから先は洗濯機にお任せしてもいいのですが、コースを選ぶ際に1つだけ注意しましょう。
先ほど麻は弾性が乏しいのでしわになると元に戻りにくいとお伝えしましたが、洗濯の中で衣類に対して最も強い力をかけてしまうのが「脱水」です。
手洗いコースはそれ自体が脱水を弱い力でしてくれるものがほとんどなので最後までお任せしても良いのですが、麻をお洗濯する場合、脱水をやめてしまうというのはよりよい方法です。

ただ、すすぎはしっかりしましょう。
麻素材のお洋服に洗剤が残っていると、変色の原因になるので。
すすぎまでしっかり終わったら、そこで出してそのまま干す。
脱水をやめるという事は濡れたままということになりますが、それでいいのかしら?と思われるかもしれませんが、濡れたままでいいのです。
これが麻のしわとの上手な付き合い方のポイント。

麻がなぜ夏に良い素材かお忘れですか?
汗を吸っても乾きが速いの事が麻の特徴でしたよね。
そう。麻は乾くのが速いんです。
なので脱水せずに濡れたまま干しても他の素材の衣服と比べて乾きやすい。そんな麻の特徴から、いっそ脱水せずに干すことはめんどうなアイロンがけを少しでもせずに済む良い方法の一つなんですね。

アイロンと霧吹きはセット

とは言ったものの、失敗してしわになってしまったらどうすればよいか。
麻はしわも風合いに見える事が多い素材です。多少のしわならそのまま着て気にならない場合もあるので、その場合はお好みで風合いを楽しんで着るのもあり。

けどやっぱり気になるわ、という場合はついにアイロンがけ。アイロンがけの時はアイロンと霧吹きをセットで用意しましょう。
まず第一に麻は乾いた状態では伸びません。
水とセットは必須です。
それならアイロンについているスチームでよいのではと思われるかもしれませんが、スチームでは水分が足りないことがあるので、出来れば霧吹きを用意して湿らせやすくすると気持ちよくしわが取れることでしょう。
もしくは干した時に完全に乾ききる前の半乾きの状態でアイロンをかけるというのも一つの方法ですね。

32596-1900117d_02.jpg4

おわりに

麻は丈夫な素材で実は繰り返しお洗濯がしやすく、また使い込めば使い込むほど柔らかくなり風合いが増していく。
着れば着るほど自分の1枚になっていくステキな素材です。その上涼しいときたら気温が高くなる季節に着ないのはもったいないですよね。

お洋服のお手入れってちょっと苦手…という方でも、ほんの少しだけ普段のお洗濯の際に工夫すればそれほど特別な事はしなくても案外扱えてしまうものです。
お手入れを覚えて気持ち良く過ごせる素材をワードローブに取り入れてみませんか!

DSC09826.jpg2

麻素材の着こなしが気になる方はこちらもチェック!
ナチュラルテイストの麻をカジュアルに着こなすコツ

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: