coordinate着こなし色・柄・素材

2020春夏もワッフル素材が欠かせない!生地の特徴・おすすめコーディネートはこれ!

春夏アイテムの定番素材になったワッフル生地のアイテムたち。
2020年春夏もワードローブに取り入れておきたいアイテムだからワッフル素材がどんなものなのかやお洗濯の時に気をつけるといいことを知っておくとより一層愛着が持てますよね。
今回はそんなワッフル素材の特徴やお洗濯の時に気をつけるといい事、そしてワッフル生地アイテムを使ったおススメコーデまでをお届けいたします。

ワッフル生地ってどんなもの?

加工後waffle_d01

ワッフルというとまず想像するのはお菓子ですよね。
まさにワッフル生地はお菓子のワッフルのようにマス目の凸凹が表面にある生地のこと。
お洋服ではもちろんですが、お家で布団カバーやシーツやタオルケット、タオルやふきんなどをお使いの方もきっといらっしゃるのではないかと思います。
お洋服だけで考えるとここ数年の流行の素材のように感じますが、実は私たちの生活の中に密着した身近な素材なんですよね。

ちなみにワッフル素材のアイテムが”サーマル”と呼ばれているのを聞いたことがある方も多いと思います。
サーマルはワッフル生地やワッフル生地に似たハニカム生地を使って作られたシャツの種類の名前のことで、元々アウトドアやミリタリー用のインナーとして使われていたものなんです。
ですからワッフルは生地の名前、サーマルはアイテムの名前ということなんです。

ワッフル生地の特徴は?

ワッフル素材は春夏に使いやすいいくつかの特徴があります。

吸水性や吸湿性がよい

ワッフル生地の寝具を使われている方はきっと実感されていると思いますが、夏場もサラッとしやすく気持ちがいい事が多いですよね。
ワッフル素材は表面のデコボコのおかげで吸水性や吸湿性がよいため、汗をかいても吸ってくれやすい。
そんな特徴が春夏のアイテムに使いやすい理由のひとつなんです。

保温性や通気性がよい

生地の表面に凸凹があるワッフル生地。
このデコボコがあることで肌と服の間に空気を保つことが出来るんです。デコボコしている事で肌に直接触れない部分ができ、この部分に空気が入り空気の層が出来る為保温性が高くなり、逆に空間が出来ることで通気性も保たれるというわけなんです。
通気性が良いわけですから暖かく、そして徐々に暑くなる春夏に気持ちよく着られますし、秋冬は保温してくれるので、実は一年中気持ちよく着られる素材なんですよね。

毛羽立ちが目立ちにくい

春夏は汗をかきやすくなる時期なので秋冬のアイテムに比べてお洗濯をされると思います。
お洗濯を繰り返すと「毛羽立ち」気になりますよね。
もちろんワッフル素材も全く毛羽立たないというわけではありませんが、生地がデコボコしているので他のアイテムと比べて目立ちにくいという特徴があります。

お手入れで気をつけるといいこと

春夏にとっても便利なワッフル素材ですが、やっぱり気になるのはお手入れですよね。お気に入りの一枚は長く楽しみたいもの。

ものによって強度に違いはありますがワッフル素材は着ているうちに、そしてお洗濯の際に伸びや縮みがみられる素材です。
ですからベストなお手入れ方法はやっぱり手洗い。優しくお手入れしてあげる事で長く楽しむことが出来ます。

とはいっても、春夏はお洗濯するものも増えるしそんなに時間をかけられない!という時は無理せず洗濯機に頼りましょう。
畳んで洗濯ネットへインして手洗いコースに頑張ってもらうというのも、忙しい毎日を助ける一つの方法。

また、水分を吸収しやすいという特徴があるため、洗濯して吊るすと伸びてしまう可能性があります。
出来れば平干しにするのがベストですが、太めのハンガーを使ってみたりすると伸びを軽減してくれる場合があるので干す時もちょっとだけ手をかけてあげてみてくださいね。

ワッフル素材アイテムコーディネート

それでは最後にワッフル素材のアイテムを使ったおススメコーディネートをご紹介致します。

20021817

カットソーにカットソーの重ね着って表情が出にくいからなんだか難しく感じがちだけど、ワッフル素材を重ねれば表情がつくからカットソーの上にレイヤードしてもコーディネートが決まりやすくて◎。

20021912

2020年春夏のトレンド、くすみカラー。くすみカラーのアイテムってなんだかのっぺりして見えがちだけど、表面に凹凸があるワッフル生地ならくすみカラーアイテムも着こなしやすくなりますよね。

20022105_1

Tシャツにデニムって憧れのスタイルだけど、それだけだとコーディネートがキマリにくくて難しいもの。
こんな時も素材感のあるワッフルなら憧れのスタイルにもチャレンジしやすくなりますよね。

20021705_1

キレイめアイテムを着くずして大人カジュアルコーディネートを作るのもワッフル素材なら簡単。

おわりに

春夏には欠かせないワッフル生地アイテム。
一枚あれば春夏コーデがより一層楽しくなること間違いなし。
ワードローブに一枚加えてみませんか?

画像出典:e-zakkamaniastores

Tags: