着こなしstaffcolumn

これで細見え!重ね着してもすっきりと着こなす為に覚えておきたい3つのこと

冬が近づき本格的に冬物のお洋服が活躍し始める季節になると気になることがありませんか?
それは「着太り」
私も含めてこう感じる女子の方は多くいるのではないかと思うのですが、出来ればスッキリ見えたい。
寒い冬は重ね着をしたいもの。けれどあまり重ねすぎると厚みで着太りしてみえてしまう。。
冷えない事は大事な事ですが、その次か、はたまたそれと同じくらいすっきりみえるかどうかもとって重要な事。

この着太りと暖かさをどう両立していくのかについて今回はご案内いたします。

インナー選び

寒いとついつい着こみたくなるものです。
まずはニットやスウェットなどのトップスの場合。

インナーを着るのはもちろんなんですが、中に着るインナーの厚みやサイズ感があっているかどうかは大事な事。

例えば、ぴったりしたニットの下に厚みのあるインナーを着るとニットがどんなにぴったりとしていても厚みが出てしまいます。
また一番上に着るものよりも下に着るもののほうがサイズ感が大きければ当たり前の事ですが、小さいものの中に大きいものを収めようとするので膨らんで見えがちになります。

college2018aw_01

下に重ねるものって見えないので何でもいいかなとちょっと置き去りになりがちですが、すっきりと見えるためには案外重要です。

今はインナー自体が薄くても発熱効果のあるものなどがあるので、着太り回避しやすくなっていますよね。

シャツを重ねる場合も大事。
シャツって基本は伸びたりしにくいので動きづらさで大きめを選ぶ場合もありませんか?
大きめを選んだ場合、そのシャツの大きさから上に重ねるものの大きさもきちんと選んであげると着太りして見えにくく〇。
ただ今は伸縮性のある素材なども多く出ている時代なので、用途に合わせて素材などを選ぶのも〇。

アウターは形

続いてはアウターの場合。
アウターにも先ほどのニットやスウェットと同じことが言えるので、厚みやサイズ感があっているかは重要です。

加えて特に気をつけるとよい事が一つ。
「形」
これ、結構重要です。

例えば袖にボリュームがあるトップスを着ていたとして解説。

袖にボリュームがあるトップスに袖がスッキリとしたアウターを重ねたら、もうそれだけで袖周りはぎゅうぎゅう。

ただこれは新しくアウターを買う場合は事前に回避が可能。
まず自分はどんな形のトップスが多いのかをきちんと確認したうえで、探しに行く。
当たり前のようですが、これって案外忘れがち。
ただ漠然とアウターが欲しい!でアウターを買いに出かけたり、これかわいい!だけで買う事を決めてしまうとうちに帰って実際着てみた時にちょっと困ったことになってしまう。

定期的にクローゼットを見たり、今よく着ているものはなんなのか、また今どんなものが気になっているのか、漠然とでも把握しておくことは大したことのないことのように思いますが、案外着太りを回避させることにもつながるので、時々思い出したらやってみると〇です。

17102711

体型に合わせた形選び

先にあげた2つは重ね方についてでしたが、もう一つ忘れてはいけない事が「自分の体型にあっているかどうか」という事。
インナーなどにどんなに気をつけても、着ているトップスやアウターの形が自分の体型に合っていなければ着太りして見えてしまう。

自分の体型に合ったものを選んですっきりと見せる事も着太りしてみせない為には大事な事の一つです。
普段自分の体型のどこが気になるのか、それはきっと自分が一番よく知っているはず。
気になる部分をカバーできる形を選べばすっきり見せる事が出来ますよ。

おわりに

いつの季節だって出来ればすっきりと見えるとうれしいものですが、特に冬は着太りして見えやすい季節。

何を重ねるのか、何を選ぶのか、ほんの少し気をつけていればすっきりと暖かくお洋服を楽しむことができるはず。
ぜひ試してみてくださいね。

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: