coodinate体型別着こなしアイテム別

ワイドパンツが似合わないを解決!体型特徴別選び方&着こなし術

いつの間にか定番化したワイドパンツですが、「低身長だから…」「腰骨が…」など様々な理由で似合わないと諦めがちでもあるアイテムですよね。
今回はワイドパンツが似合わない原因とそれに合わせた選び方やコーデのポイントなどをご紹介致します。

背が低い女性の多くはワイドパンツが似合わないと感じがち。たしかにワイドパンツは高身長さんの方がスラっとスッキリ着こなしやすく、低身長さんが着るともっさりして見えやすいアイテムではあります。
その為低身長さんは「あんな風にはならないな…」とワイドパンツ全般を苦手に感じがちですよね。

そんな低身長さんがワイドパンツを選ぶときに大事にしたいのは「幅」と「視点の位置」です。

幅が広すぎるワイドパンツはコーデの下の方が重たく見えやすく、もっさり見えがちになるのであまり広すぎない形を選ぶと◎。

33620-1900432-m-02-dl

ストンとスッキリとしたシルエットのワイドパンツは
低身長さんもすっきり。

もう1つ背が低い女性が気をつけるといい事は視点の位置です。ワイドパンツはどうしても下に重さが出やすく、視点が下に行きやすいアイテムですよね。視点が行く位置を上に持ってくることでも「ワイドパンツが似合わない」を解消する事に繋がります。
例えば帽子を使ったりヘアアレンジやトップスに色を持ってくるなどのように工夫してみるとスッキリ感をアップさせることが出来ます。

19093012_2

お腹まわりが気になる人

ワイドパンツを着こなす際はウエストインするとバランスが取りやすいと言いますよね。
実際たしかにウエストインするとバランスよく見えやすいのですが、トップスをインするとどうしても気になるのはお腹まわり。
インするとお腹周りに視点が行きやすくなりますし、下腹あたりがポッコリとでてしまい、お腹周りのお肉を強調してしまう場合もあり、ウエストインしなければならないと思うと、ワイドパンツははけない…と思ってしまいがちですよね。

ですが、お腹まわりが気になる場合は無理にインする事はありません。大事なのは一緒にコーディネートするトップスの「丈感」です。
お腹がポッコリしているギリギリのラインに裾がくる丈のトップスを選ぶと◎。

19100108

また裾がお腹のラインよりも少し短い丈なら、レイヤードして長さを出してあげるとお腹のラインより短いトップスでも着こなす事が出来ます。

19082303

お腹まわりについてもっと詳しく知りたい方はこちら
”鍛える?隠す?30代からの『お腹問題』を着やせのプロが解決しましょう”

短足が悩みの人

ワイドパンツはどうしても重心が下に行きやすいアイテムなので、足が短いことがお悩みの方がワイドパンツをはくと、普通のボトムスをはいた時以上に重心が下がって感じられ、余計に短足に感じやすくなる場合があります。

そんな脚が短い事が悩みの人の強い味方は「ハイウエスト」シルエットのワイドパンツです。ウエスト位置が高く作られているハイウエストシルエットなら腰から足元までを自然と長く感じさせてくれる効果があります。

33620-1702364-m-05-dl

この時に気をつけるといい事が1つあるのですが、それは脚の付け根がピッタリしすぎないものを選ぶということです。
ハイウエストを選んでどんなにウエストから足元までを長く見せたとしても、脚の付け根の位置が分かってしまうと結果としてどこからが脚なのか分かってしまいますよね。それではせっかくハイウエストにした意味がない。
ですから、少しゆとりを持たせたサイズ感を選び、脚の付け根の位置をわからなくしてあげると脚の短さをカバーしやすくなるので、どれにするか選ぶときはサイズ感にも注意してみてください。

33620-1601064-s-13-dl

骨格がしっかりしている人

骨格がしっかりしている人は、骨格を覆い隠すような服は上手に着こなせる体型なので、ゆとりのあるワイドパンツは腰骨や膝周りなどの骨格を覆い隠してくれる為、とても便利なアイテムなのですが、それ以外の部分をすべて覆い隠してしまうと、体全体が大きく見えすぎてしまう場合があります。

そんな骨格がしっかりした女性がワイドパンツを着こなす際は、コーディネートのどこかに必ず「抜け感」を作ることが大事なポイントです。
どこかに抜ける部分を作って、スッキリ感をプラスすればワイドパンツはより一層体型をカバーする強い味方になってくれます。

抜け感についてもっと詳しく知りたい方はこちら
”「抜け感」て何?超簡単作り方と着こなしテクニック”

19080904

おわりに

ワイドパンツは一度履けるようになると、脚がラクチンで手放せなくなるアイテムです。
上手に体型カバーしてワイドパンツコーデを楽しみましょう。

Tags: