coordinate素材別着こなしlifehack色・柄・素材

夏コーデはサマーニットで格上げ!暑い時期も着られる理由とは

Tシャツが多くなる夏コーデ。ちょっとマンネリ化してきたなと思ったら「サマーニット」を加えてみませんか?
サマーニットって「ニット」とつくだけに暑いと思われがちだけど「サマー」とつくからには夏コーデに取り入れられる理由がきっとあるはず!今回はサマーニットは実際どんなものなのかをご紹介いたします。

サマーニットとは

32575-1900621-s-07-dl

サマーニットとは、そのままの通りで「夏用のニット」ということ。
他の季節に着るニットとどこが違うのかというと、そこはやっぱりニットの中でも涼しく着ることが出来るという違いがあります。

どんなところが涼しく着られるようになっているのかというと、主には「素材」に一工夫されているいるものが多いのです。

32668-1900587-m-02-dl

綿や麻素材で涼しく

サマーニットに使われる素材で多いのは綿麻や麻、綿などです。
麻や綿は吸水性や通気性に優れていて、汗をかきやすい夏場に活躍する素材ですよね。そんな特徴を活かしてサマーニットは麻などが使用されているものが多くみかけます。

ざっくり編み目で風通しよく

編み方で涼しく着られるようにしているものもあります。
これはざっくりとした編み方で編み上げることで風通しをよくしようというもの。夏場に風通しがいいとやっぱり気持ちがいいものですよね。
ただ気になるのは透け感。ざっくりしているとどうしても透け感は出てしまいますが、実は夏場はインナーを着ていたほうが気持ちよく過ごしやすいのでインナーをプラスしてみてください。重ねるインナーの色を変えて色んな雰囲気を楽しむのも◎ですよね。

薄手で涼しく

32190-1900634d_07

Tシャツやカットソーもそうですが、暑い季節になるにつれて徐々に素材も薄手になっていきますよね。
サマーニットも同じように薄手のものが多くなっています。
買うかがどうか迷ったら厚みに注目してみるのも一つの方法ですね。

上手に加工してあるものも!

今までご紹介した以外にも最近では涼しく着られるように上手に加工がしてあるものもあります。
例えばヒヤッと感が感じられる冷感加工や、汗を素早く吸って素早く乾かしてくれるような吸水速乾加工など。
こんな加工がされたアイテムを上手に利用してみるのも夏場のワードローブを増やす方法のひとつです。

サマーニットならコーデの格上げが簡単!

サマーニットの特徴がわかったらやっぱり気になるのはコーディネートですよね。サマーニットはコーデをちょっぴり格上げしたいときにおススメのアイテムです。コーデに加えると上品さがプラスされるから例えばいつものデニムコーデなどのカジュアルコーデもTシャツからサマーニットにチェンジするだけでちょっぴりよそいきコーデにすることが出来ます。
そこまで頑張ったコーデがしたいわけじゃないけどちょっとだけ格上げしたい…と思ったらぜひいつものトップスをサマーニットにチェンジしてみてくださいね。

20040610_1

デニムコーデもサマーニットを合わせれば上品さがプラス。

20011501_1

カジュアルなサロペットのインにもサマーニットを合わせれば大人カジュアルコーデが簡単。

おわりに

ニットと聞くとそれだけで暑い時期は遠ざけてしまいがちだけれど、実は使えるサマーニット。
今年は一枚取り入れて夏コーデのマンネリ化を解消してみませんか?

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: