coodinate着こなしアイテム別

2019年秋冬は【パーカー・スウェット】を大人に着こなす!3つのコツで簡単コーデ術

この秋冬欠かせないアイテムといえば最近はフーディーなんて呼ばれ方もするパーカーやスウェット。着心地はラクチンだし、洗濯は簡単で毎日のコーデを助けてくれる便利アイテムだけど、間違えるとカジュアルになりすぎたり部屋着感になりがち。大人女子が着るならやっぱりちょっときれいめにいきたいところ。
今回は、パーカー・スウェットを簡単に大人女子が着こなすコツを3つ、そしておススメコーデをご紹介致します。
コツはどれか1つ出来たらOKだから簡単ですよ。

落ち感ボトムスを合わせる

スカート・パンツどちらの時もスウェットやパーカーに合わせるボトムスは出来るだけ落ち感のある素材を選んでみてください。

というのも、スウェットやパーカーのようなカジュアルなアイテムは、「とにかくカジュアルに着たい」「ボーイッシュやメンズライクに着たい」と言う場合はメリハリが無い方がコーデがキマルのものですが、大人になるとなかなかいわゆるカジュアルなスタイルやボーイッシュなスタイルって難しくなってきますよね。パーカーやスウェットはとにかくカジュアルなアイテムだから一緒に合わせるアイテムによってはちょっと子供っぽく見えてしまったり、間違えるとダサい人に見える、なんてことも。

落ち感のある素材を選ぶことでシルエットが繋がって見えにくく、自然とメリハリがうまれ、抜け感が出来るので簡単に着こなしやすくなりますよ。

プリーツスカートコーデ

19091117 (1)

シフォンなどの柔らかい素材のスカートを合わせれば「ちょっと部屋着感で難しそう…」と感じがちなグレーのスウェットコーデも大人っぽくワンマイルコーデに格上げ。
ドロップショルダーになったゆったりシルエットなら簡単に抜け感を出してくれるからより一層簡単に着こなせて◎。

ニットパンツコーデ

19102102

2019年秋冬はもはや当たり前の一本になったニットパンツは素材が柔らかく下にストンと落ちてくれるものが多いので、ズボンの中でも着こなしやすくて◎。
ニットパンツのリブが縦ラインも作ってくれるから、コーデがのっぺりして見えにくく、縦にスッキリ感もうまれるすぐれもの。

ゆとりのあるサイズ感を選ぶ

大人女子が簡単に着こなすなら、パーカーやスウェットの裾とボトムスの間にゆとりや空間が出来るサイズ感やシルエットを選ぶというのも1つの手です。

ゆとりのある空間が着こなしを簡単にするポイント。

例えばデニムなどの落ち感のない素材感のボトムスと合わせる時は、パーカーやスウェットそのものをゆとりや空間が作れるシルエットにしてあげれば、全身が繋がって見えにくく、そのゆとりや空間が抜ける部分になってくれるので裾や身幅がゆるめのデザインを選ぶとコーデが簡単。

裾にスリットが入ったデザインもゆとりがうまれやすいので、スウェットやパーカー初心者さんにはおすすめです。

サイドスリット入りなら空間作りが簡単に。。

スキニーデニムコーデ

19102407

デニムとスウェットって大人になると本当に難しく感じますよね。だからこそトレンドのビッグシルエットで自然なゆとりを作って抜け感を作りたい所。ゆとりのあるパーカーにスキニーデニムなら裾に自然と空間が作れるから簡単。
足元はちょっとキレイめを意識すると大人のワンマイルコーデが簡単に作れて◎。

ワイドパンツコーデ

19102110

ワイドパンツを合わせる時もパーカーがゆったりシルエットなら裾が詰まることなく、全身が繋がって見えにくくて◎。
抜け感が足りないかも、と思ったら髪形もアップにしてみたり耳に掛けてみたりしてみると、全身の中で顔周りに空間が出来るから、試してみてくださいね。

タイトめボトムスを選ぶ

2019年秋冬のスウェットやパーカーはとにかくビッグシルエットやオーバーサイズシルエットが多いですよね。
「自分が着るとただおっきい人になっちゃいそう…」そんな不安がある方もいますよね。

そんな時は、思い切ってボトムスをちょっとタイトめなシルエットにしてみてください。
タイトスカートやペンシルスカートのようなタイトなシルエットにすれば自然にメリハリが作れちゃいます。
タイトボトムスはお腹周りやお尻が心配と言う方も、なんたってスウェットやパーカーがオーバーサイズだから気になる腰回りもカバーしてくれるので思い切ってタイトなボトムスも試してみてくださいね。

マーメイドスカートコーデ

19101716

腰回りがスッキリしたマーメイドスカートなら自然にメリハリが作れて、ちょっときれい目な大人カジュアルが簡単。

ペンシルスカートコーデ

19102405_2

ペンシルスカートなら腰回りにスッキリ感が出せるからビッグシルエットやオーバーサイズのパーカーやスウェットの着こなしに取り入れてみて。
タイトスカートも同じ効果があるので一度試してみてくださいね。

おわりに

スウェットやパーカーって9月後半や10月頭になれば着られる秋冬を先取りできるアイテムだし、裏起毛のものなんかもあるから11月以降の冬になっても着られてほんとに使えること間違いなし。家で使えることはもちろん、コーデのコツさえ掴んでしまえばワンマイルコーデアイテムとしても抜群に便利。裏の素材や色を選べば春・秋・冬と長いシーズン使えるからコツを掴んでコーデに取り入れちゃいましょ。

Tags: