coordinate着こなしアイテム別

寝癖でボサボサ…そんな時はキャップでキマリ! 初心者でも簡単選び方のコツとコーデ集

ちょっとだけ外に食料品や日用品を買いに行くだけ、という時に髪の毛がボサボサのままじゃいけないけどわざわざなおすのも面倒なもの。
そんな時キャップがかぶれたらちょっとくらい寝癖がついてたってOK。
今回は初心者でも簡単キャップ選びのコツとおすすめコーデをご紹介致します。

寝癖がカバー出来てラクチンだけど、カジュアルすぎてハードル高いと思われる方も多いキャップ。だけど実はたった2つのポイントに気をつけて選べば初心者でも簡単なんです。

コツ1:浅すぎないものを選ぶ

23670-1702271-s-10-dl

似合わないなと感じたそのキャップ、すごく浅いタイプを選んでいませんか?
キャップ初チャレンジの時は少し深めにかぶれるものを選んでみるのがおすすめ。
浅すぎると頭にのせているような感じになり、ちょっとストリート感が強くなるので合わせるのにテクニックが必要になってきます。
少し深めのタイプならのっている感に見えにくいのでコーデが簡単。

また、深めのタイプは浅めのタイプよりもうれしいことがもう1つ。
顔が見えにくくなるので、「メイクは日焼け止めくらいでもいいかな?」と感じるリラックスタイムにちょっとだけ外に出ることになった時にもこの深さがうれしいんです。
髪の毛をなおさなくていい上にメイクもがんばらずにちょっとそこまで行けたらとってもラクチンですよね。

コツ2:シンプルなものを選ぶ

23670-1900228-m-02-dl

かぶりやすいキャップを選ぶポイントの2つめはシンプルなものを選ぶということです。
これはキャップに限らず帽子全般にいえることなのですが、帽子ってコーデの中で存在感がありますよね。
その存在自体が目立つものだからデザインや色が派手過ぎるとさらに存在感が増してコーデから浮いて見えがちに。
キャップコーデに慣れてきたら、カラフルなものや鮮やかなものをポイントにしたコーデももちろんステキなのでチャレンジしてほしいのですが、まずはかぶり慣れることが大切なのでキャップ初めはシンプルなものから取り入れてみてくださいね。

おすすめキャップコーデ

選び方がわかったらあとはもうリラックススタイルにオンすればOKです!
ここからはおすすめキャップコーデをご紹介致します。

20021212
20012211

ラクチンスタイル、TシャツワンピプラスデニムレギンスコーデにキャップをオンすればちょっとそこまでもOK!

20020708_2
20012104_1

ゆったり×ゆったりのTシャツプラスワイドデニムスタイルもキャップをオンすれば重心が高くなってコーデのバランスがよくなるのでコーデが格上げ。

20031108
20031809_2

リラックスに最適、ロングワンピコーデもキャップをプラスするだけでちょっとしたお出かけOK!

おわりに

ちょっとだけ外に出かけたい時もキャップがあればすぐに出かけられること間違いなし!
とっても便利なキャップたち。デイリーコーデにプラスしてみてはいかがでしょ?

参考画像:e-zakkamnaiastores

Tags: