着こなしアイテム別

動きやすくって軽やか【スカート×スニーカー】コーデを大人っぽくする丈と合わせ方のコツ

 

春夏らしくコーデが軽やかになるスカート×スニーカーコーディネート。今はお休みやレジャーシーンだけでなく通勤でもされる方も。
ただ、カジュアルになりすぎてしまったり、子どもっぽく見えてしまう事も。今回は大人っぽく着こなすコーディネートの為の選び方や合わせ方のコツをご紹介致します。

大人が着こなしやすい丈

脚の露出が多かったり、膝が出るスカート丈のものにスニーカーを合わせるとどうしても子供っぽく見えてしまいがちになります。
特に春夏は秋冬とくらべてタイツを履くこともあまりなくなりますし、ブーツを履く機会も少なくなります。そうするとどうしても秋冬とくらべて脚の露出が多くなりますよね。そしてそこにカジュアルなスニーカーを合わせるとどうしてもちょっと子供っぽく見えてしまいます。
春夏にスカート×スニーカーを簡単に大人っぽくコーディネートするなら、膝より下のロング丈やマキシ丈がおススメ。
ロング丈やマキシ丈スカートなら脚の露出が必要最小限で済むので、大人っぽさを簡単に出すことが出来るので、簡単コーデするならロング丈やマキシ丈を選ぶと〇。

抜け感やハズシを調節する

簡単に合わせられる丈がわかったら、次は何を基準にどんなスニーカーを選ぶのかという事。
ロング丈やマキシ丈のスカートと言っても、色んなものがあります。
フレアスカート、シフォン素材のスカート、タイトスカート、柄物など様々。素材や形によってはパンツとくらべるとスカートは基本はそれだけでフェミニンでパンツに比べると着こなしに甘さやかわいさが出やすいアイテムです。ここで考えるのがスニーカーの種類や雰囲気。
大人っぽい着こなしに不可欠なものが「抜け感」や「ハズシ」。抜け感やハズシがあるとコーディネートが大人っぽい印象に。

「抜け感」について詳しくはこちらから
”超簡単テクニック!抜け感の作り方とそのコツ”

ここからはスカートの雰囲気に分けて解説します。

かわいさのあるスカート

花柄やシフォン素材、チュールなどのかわいい印象があるスカートは足もとをスッキリさせてあげる事が大人っぽく着こなすコツ。
コーンバースなどに代表されるローテクスニーカーならスニーカー自体がスッキリしているので、足もとの印象も自然とすっきりしたものに。
ローカットでもハイカットでもOKですが、より抜け感を出したい場合はローカットスニーカーを合わせて足首を出してあげる事でよりすっきりして見えるため抜け感が出て大人っぽい印象になります。

つかうやつ

花柄スカートもローカットで足首を出してスッキリと。

つかうやつ

かわいらしい印象のティアードスカートもローテクスニーカーで大人っぽく。

シルエットがタイトなスカート

タイト目なスカートはそのシルエット自体が女性らしい形です。女性らしさを強調するものなので、この時はスニーカーを履くことで「ハズシ」の効果が出るので、基本的にはどんなものでもOKです。
カジュアルな印象があるハイテクスニーカーを合わせてもそれほどカジュアルすぎる印象や子供っぽいイメージになりにくいのでハイテクスニーカーでも〇。
スカートがタイトでボリュームが少ないシルエットなので、コーディネートにボリュームが欲しい場合やハイテクスニーカーやローテクスニーカーでもハイカットを合わせると〇。ただ出来ればハイテクスニーカーの中でも足首が隠れないものを選ぶと抜け感が出しやすく〇。
よりすっきりさせたい場合はローカットのローテクタイプを選んで。

つかうやつ

広がりの少ないタイトなシルエットをカジュアルにコーディネート。

つかうやつ

スカートのボリュームが少ないことでカラフルなスニーカーも子どもっぽくなく。

コットン素材などのカジュアルなスカート

コットン素材のスカートなどは素材だけでもカジュアルな印象があるので、足もとはスッキリさせてあげると〇。ローテクスニーカーなら足もとがスッキリした印象になるので、簡単に抜け感を出すことができます。

つかうやつ

色味もベーシックでシンプルにとことん大人に着こなす。

つかうやつ

ペールトーンのパープルをスッキリと合わせて。

おわりに

春夏は静電気もそれほど気にしなくてもいいし、軽やかにスカートを履きこなしやすいステキな季節です。スニーカーを合わせれば暖かくなると多くなるレジャーシーンにも最適。
スカートとスニーカーを上手に合わせて、春の毎日を楽しんでくださいね。

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: