体型別着こなし

背が低いと悩む女子におすすめ 着こなしを助ける小物使い

背が低い女性にとってお洋服は悩みの種の一つですよね。
なぜって小柄な女性にとってお洋服の多くは、大きかったり長かったりするので、服に着られているように見えたり、実際お洋服が妙にあまっているように見えたり。
小柄さんが背が低くて困るというと、小さくてかわいくていいじゃないとうらやましがられることが多いけれど、お洋服を着るうえでは実は困ることが多いんだよ、と思っている小柄さんは多いのではないでしょうか?
けれどうらやましいと言われるという事は、お洋服を着る時の悩みが解消されると小柄なことはきっと魅力以外の何物でもないはず。
今回は小柄さんの着こなしの悩みを解消するための小物使いについてご紹介致します。

考え方を変えてみよう 大きいことは普通の事

小物使いについてお伝えする前にひとつ。

「ジャストサイズの服なんてない!」

という事です。

小柄で幅のせまい方からよく聞くことですが
長い、や、あまるという事。
気持ちは痛いほどわかります。私の身長は154㎝。
トップスもボトムスもほとんどのものは自分にとって長いかあまります。ジャストサイズの服なんてそうそう出会うことはありません。

そんな私のような小柄で幅のせまい方がお洋服を楽しむためにするべきは

「割り切る」ということ。

どんなに嘆いてみても、自分が大きくなれるわけではない。
小柄なものは小柄なんです。
ジャストサイズの服なんてそうそうないんです。

そのまま着たって絶対長いかあまるに決まっているのだから、まずは服は自分にとってそういうものなんだと割り切って腹をくくる。これが案外小柄で幅のせまい方がお洋服を楽しむためには実はものすごく大事なこと。
その上で服を着るコツをつかむことができれば今よりもっと楽しくなりますよ。

強い味方 小物を使おう

腹をくくることが出来たなら、じゃあ実際はどうすればいいの?というところ。
小柄さんがお洋服を楽しむうえでとっても役に立つものは小物です。
小物とひとことで言ってもいろんなものがありますよね。

例えば
帽子、メガネ、ベルトなど様々。

これらには本来の使用目的があり、帽子は日よけが理由のひとつ。メガネはもちろん目が悪い時に見えやすくするため、ベルトはボトムスが落ちてこないように止めるためのもの。
といったように本来の使い方があります。
もちろん本来の目的通りつかうのは当然のこと。
ただ小柄さんにとっては小物は本来の目的通りつかう実用性のためだけのものではありません。
長かったり、大きくてあまる洋服と自分のバランスをとってくれる大事な武器の一つなんです。

では小柄さんにとって役にたつ小物を見ていきましょう。

▼帽子・ヘアバンド・メガネなどの頭まわり顔まわり小物

18060609

丈の長いアイテムや下にボリューム感のあるアイテムは目線や重心が下に行きがち。そしてしつこいようですが小柄さんにとっては普通の丈のアイテムでさえも普通の人と比べたら長くなる。ならば丈の長いアイテムはさらに長くなりますよね。
引きずったりはしないから着られるけれど普通の人が着るより長いし着られている気がするからよけいに小さく見られそうだし。

そんな理由の時役立つのが頭まわり顔まわり小物。
人って目立つものがあるところに自然と目線がいくものです。
頭や顔のまわりに小物をつかい、ボリュームを持ってくると自然と上に目線を持っていくことができ、重心を上にすることが出来ます。

ただこの時気をつけるのはあれもこれもにしてしまうとコーディネートをまとめるのにちょっとテクニックが必要になります。
小物づかいに慣れてくるまではひとつひとつから初めてましょう。

18050901
17591-1701654c_06

▼ベルトやサスペンダーなどのボトムスを支えるための小物

小柄さんにとってほとんどのボトムスは長い。
全体の比率で考えればけっして脚だけが短いわけではなくてもボトムスが長いというだけで脚を短く感じさせてしまいます。
この時役に立つのがベルトです。
ベルトをすることで自分のウエストはここだよ、というように見せてあげることができる。太めのボトムスの時は特に効きめがあり脚の付け根の位置がわからないのでベルトを使ってウエストを自分で作ってしまえば脚を長く感じさせることができます。
ただこの時幅のせまい小柄さんあるあるなのがベルトをするとボトムスのウエストまわりが寄りすぎてしまう、ということ。
そうなってしまう時は、ボトムスの寄りを両サイドに広げてあげてください。それだけでサイズ感をすっきり見せることができます。

服mania snapさん(@fukumanias)がシェアした投稿

前に縦ラインを作るとIラインといって一本線が出来るためすっきり見せることができると言いますが、これに便利なのが長めの羽織なのがご存知のかたが多いと思います。
ただいつもいつも長めの羽織を着たいというわけではない。

トップスがコンパクトな着こなしの際に縦ラインを作ることが出来るのがサスペンダーです。
サスペンダーは見ての通り線を2本引くことが出来るので簡単に縦ラインを作ることが可能な役立ち小物なんですよ。

おわりに

小柄で幅のせまい人にとってお洋服はどうしたって大きいもの。
なかなか自分にあったものは見つかりにくい。
まずは服は自分にとっては基本は大きいものであることを認めて、そのままでは着こなしはむずかしいものと腹をくくる。
そして着こなしのテクニックの1つとして小物を上手に使いこなせばお買い物や毎日の着こなしがきっと今よりも楽しいものになりますよ!

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: