lifehack

これで紫外線対策OK!お洋服で日焼けを防ぐ方法

春から夏にかけて、女子の大敵と言えば紫外線。顔はしみやシワの原因になるし、腕も日焼けするとヒリヒリするし、疲労の原因の一つにも。日焼け止めを塗って対応をしている方は多いはず。
お洋服でも紫外線対策出来たら春から夏にかけての余計なストレスを減らすことが出来ますよね。
今回はお洋服や小物で出来る紫外線対策をご紹介いたします。

色で出来る紫外線カット

まずは着る色から紫外線対策。色によって紫外線が通る割合は異なります。最も通しにくいのは「黒」というのは有名ですよね。日傘でもここ最近は黒を持っている方を多く見かけます。そして黒に次いで「青」(濃いめ)は黒の次に紫外線を通しにくい色。
次いで順番は、
黄→ピンク→オレンジ→白 と続きます。
春から夏にかけて色を選んで紫外線対策を行うというのも一つの手。黒やネイビーが好きで夏でもよく着る、という方は自然と紫外線対策していたんですね。

詰まった素材は効果大

実は洋服の生地によっても紫外線を通す割合は異なります。
紫外線を通すかどうかの重要な点の一つに生地の「詰まり方」があります。生地の目が詰まっていれば詰まっているほど紫外線は通しにくいのです。
夏でも生地がしっかりしたお洋服が好きなんだよね、という方は自然と紫外線対策をしていたんですね。

 

 

そうは言っても、いつも同じ色を着ていたり、しっかりした生地のアイテムを選ぶというのもコーディネートにあきてきたり、マンネリ化してしまったり、そもそも買い物する時に選ぶ幅が減ってしまったら毎日のお洋服が楽しめなくなるかもしれません。

ではどうしようか?
そんな時は便利に使えるアイテムを使えば好きなコーディネートやアイテムを楽しみながら紫外線対策をする事も出来ますよね。
それでは次は紫外線対策に便利なアイテムをみてみましょう。

紫外線対策に便利なアイテム

帽子

DSC02811

まずは夏の定番と言えば帽子。紫外線を防ぐならツバが少し広めの物を選ぶと〇。色選びから考えると、黒やネイビーの帽子をかぶることがよりよいのですが、熱を吸収してこもりやすくなるので頭が熱くななってしまうことも。それではちょっとつらいですよね。
ここは無理せずにストローハットを選んであげても〇。ストローハットなら風を通すので、頭が熱くなりにくく紫外線対策をしながらも無理せず過ごす事が出来ます。
帽子を脱いだ時にじゃまになりにくい様に折り畳みできるものだとなおよしですね。

日傘

日傘は黒がいいというのは、今やもうよく聞く話でみなさんご存知だと思いますが、案外忘れがちなのが裏側の色です。「地面からの照り返し」という強敵がいます。裏側が薄い色だと照り返しからの日焼けを防ぎにくくなるので、日傘の中側の色が濃いものを選ぶとより紫外線対策になります。

55587-1900021-s-15-dl

アームカバー

半袖を着る時に腕が日焼けするのを防いでくれるのがアームカバー。自転車や車を運転される方は使っていらっしゃる方が多いですよね。ただこれ、半袖とアームカバーの色があまりにも違いがありすぎると、紫外線対策している感が出過ぎてなんだかなという気持ちに。
色合わせが気になる場合は、着るトップスの色に近い色のアームカバーを選んであげるとアームカバーだけが目立ちにくくなるので、そんな風に選ぶのもいいですね。
そしてこんな風にトップスに合わせて選ぶのもまた楽しいものですね。

ストール

首の後ろも日焼けしやすいポイントなので、ストールがあると便利です。けれど暑い中ストールを巻くのってちょっとつらいところもあります。夏のストール選びは素材に注目です。リネン素材の物を選べば風通しがよく、肌触りも爽やかなので「暑くてつらい」が軽減されます。

32593-1800250d_01

長袖を着る

腕の日焼けを防ぐのにアームカバー以外なら長袖を着ると〇。ですが「本当の長袖」を着ると暑くても脱げなくてつらい。当然の事のようですが、半袖やノースリーブの上にカーディガンやパーカーといった羽織物というスタイルで長袖着ると、外では紫外線を防ぎ、中に入ったら脱いで涼しくで快適に。
また、羽織なら紫外線対策だけでなく、夏のオフィスやお店などの冷房が良く効いている場所での冷房対策も一緒に出来て本当に便利です。

DSC00017

パーカーならストールを巻かなくても首の後ろの日焼けを防いでくれるのでなお便利。

DSC00188

UVカット効果のあるアイテムを着る

長袖というだけでなくそのアイテムにUVカットの効果がついていたらさらに〇。日焼け止めを塗ると肌が日焼け止めに負けてしまう、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。何度も塗り続けると肌に負担もかかります。UVカット効果のあるアイテムなら日焼け止めを塗る回数も減らせるので、肌への負担がかかりにくくて〇。
ただこのUVカット効果。永遠に続くものではありません。洗濯するたびに落ちていくものなので、ワンシーズンで買い替えるつもりで選ぶとよいですね。ワンシーズンと思えばその年のトレンドカラーを楽しむことも出来るて楽しい。
またお洗濯でUVの効果が落ちてきたら、UVカットスプレーを併用するのもいいですね。

おわりに

お洋服や小物で紫外線を防ぐ方法は今回のようにたくさんあります。
実は定番アイテムデニムもその一つだったりします。
デニムはそのインディゴカラーが色の面から紫外線を防ぎ、しっかりと織られた厚みのある丈夫な生地も紫外線を防いでくれる。
こんな風にお洋服に目を向けてみると、コーディネートの一部として楽しみながら夏の女子の大敵、紫外線と戦う事もできるんです。
自分に合った方法を見つけて春から夏にかけても快適にお洋服を楽しんで!

画像参考:e-zakkamaniastores

Tags: