coodinate着こなし

大人女子のためのダサ見えしないカジュアルファッションのポイント

ラフで気軽なオシャレが楽しいカジュアルファッションですが、大人になるとなんだか似合わなく感じがち。今回はカジュアルファッションを「ダサく見せない・失敗しない・上手に着こなす」大人になってもカジュアルを着こなすコツをお届けします。

使う色を3から4色を意識

色んな色をまとまりよく見せる事ってなかなか難しいもの。
単色のワンピースって色合わせを考える必要がないので着るだけでOKな事が多いですよね。これがトップス・ボトムス・重ねる羽織など、アイテム毎に色が異なったものをコーディネートして使う色が増えれば増えるほど色合わせがしっくりきているかを考えなければならなくなります。
カジュアルファッションを洗練された大人の印象に見せるには全体で使う色の数を3色から4色を意識してコーディネートすると簡単にコーディネートしやすくなります。もちろん色をたくさん使って上手にコーディネートする事も出来ますがこれには結構テクニックが必要です。
ちょっとダサく見える気がする…と思った時はまず色の数に注目してみると解決する場合が多いので迷った時はぜひ試してみてくださいね。

19072402
19071805
19070901

抜け感を意識

まず「抜け感」て何?と思われる方も多いと思います。これは洋服を着こなす際の「テクニック」の1つです。
洋服を着る際にゆとりやスキを作ることで「ゆるみ」を着こなしに入れて、リラックス感や女性らしさを出す着こなしテクニックの事で、これは大人カジュアルには欠かす事の出来ない着方です。

抜け感の作り方が気になる方はこちら
”抜け感」て何?超簡単作り方と着こなしテクニック!”

一見難しそうに感じるかもしれませんがコツさえ掴めば案外当たり前に取り入れる事が出来るようになるので、カジュアルな服装をすると「なんだか子どもっぽく見える気がする…」と思う方や「年齢とともにカジュアルが似合わないくなってきた…」という方はこの抜け感を一度試してみると着こなしの印象が変わりますよ。

19070310
19061911
19072208

素材感を意識

質がよく見える服を着ている人ってどこかシュッとして見えますよね。素材の見え方を意識してアイテムを選ぶとそれだけで洗練せれたイメージを簡単に作ることが出来ます。
だからといって何もすごく高いものを買わなければいけないというわけではありません。高見えする服ってありますよね。素材感が良く見える物を選べばそれだけでも着こなしが洗練された印象を出す事が出来るので素材感選びもぜひ取り入れてみてくださいね。

バランスを意識する

これはカジュアルに限らずなところではあるのですが、大人がお洋服を簡単に着こなす上で欠かせないところが自分に合ったバランスを意識して着こなすという事。
体型って人それぞれ違いますよね。自分の体型にあったバランスで服を着るとそれだけで着こなしは洗練されてみえるのでカジュアルはもちろん様々なテイストにも当てはまるところです。
カジュアルの代名詞「Tシャツ・デニム・スニーカー」の組み合わせだってそれぞれの体型に合わせて着こなし方は全く違ったものになってくる。そのバランスを意識して着ればコーディネートはきっと見違えたものになりますよ。

体型に合わせたバランスが気になる方はこちら
”私に似合う&スッキリ着やせが叶う!【体型別】着こなしバランスの取り方”

おわりに

年齢とともになんとなく自分が着るとダサく見えるような気がしてしまい距離が遠くなりがちなカジュアルファッションですが、ポイントさえ抑えれば実はいくつになっても楽しむことが出来るんですよね。
ポイントを抑えて楽しんでいきましょう!

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: