coordinate体型別着こなしアイテム別

簡単2step!「トップスイン」「前だけイン」が簡単にキマル方法

なんかちょっとバランスが取れないなぁなんて時にとっても便利な「トップスイン」や「前だけイン」ですが、「お腹周りが気になって・・・」なんて感じで、やりたいけどできない・・・っていうことってありませんか?
でも実はコツさえ覚えてしまえばとっても簡単!

誰でも簡単にトップスイン・前だけインがきまる方法をご紹介します!

トップスインのメリット

20022113-horz

トップスをインするときに気になるのは、やっぱり「おなかまわり」と「おしりまわり」
ウエストにトップスをインするわけですから、普段ちょっと気になる部分をすべて晒していくことになりますよね。だから躊躇するのは当然なのですが、ちょっとしたコツを使えばその躊躇していたポイントが気にならなくなるとしたら・・・?とっても素敵ですよね!

まずは、トップスインすることで受けられる恩恵=メリットについてみていきましょう。

トップスインすることでのメリットは大きくわけて3つ

◎脚長効果
トップスインすると腰の位置が強調されるので、ハイウエストのパンツやスカートなどのボトムをはくことでウエスト位置を高く見せることができます。

◎着やせ効果
脚長効果もそうですが、ウエストの位置をはっきりさせることでコーディネートにメリハリが生まれます。それと共に体型もメリハリがついた感じに見えるので、着やせ効果が抜群!

◎女性らしさときちんと感UP
コーデなど見た目、特にウエストまわりにメリハリをつけるということは、「ここはウエストだよ~」「ウエスト部分はくびれているよ~」という感じができるということ。メリハリをつけるということは言い方をかえたら女性らしい体型にみせてくれる手伝いをしてくれるという事になります。メリハリボディーって聞きません?
着こなしでそれを作っちゃいましょうということなんです。
また、フォーマル等きちんとしたところでは必ず、インしますよね。要するにインするだけである種の「きちんと感」という効果もついてくるわけです。


気になる体型をカバーしながら、スタイルアップして見えてしまうなんて・・・!
さっそくその方法をおススメの体型やり方のコツをお伝えしていきます。

トップスインの2つの方法とおススメの体型や相性のいいボトム

トップスをインする際、大きくわけて2つの方法があります。

・トップス全体をボトムのウエストにインする方法

・トップスの前だけをボトムのウエストにインする方法

どちらの方法も上記であげたメリットの恩恵はもちろんうけれるわけですが、「どう使い分けたらいいの?」という疑問にもお応えできるように今回はやり方と一緒に
・おススメの体型
・相性のいいボトム
を一緒にご紹介していきます。

きちんと感をプラスできるトップス『全部イン』のコツ

20010916_1

画像出典:e-zakkamaniastores

いわゆる「トップスイン」、トップスの裾をすべてボトムにインする方法(ウエストインと呼ばれることもあります)です。
トップスを全部インするので、コーディネートにちょこっと「きちんと感」がプラスされます。

特におススメの体型

・洋ナシ体型さん
日本人女性に最も多いといわれている洋なし体型さん。
下半身に比べると上半身は華奢で、ヒップ・太ももにボリュームがある体型をさします。
トップスインすることで女性らしいボディーラインがいやらしくなく強調でき、また脚長効果でスタイルアップも叶います。
ヒップまわりに余裕がないボトムや、ヒップの形がわかりやすいスキニーだと気になるおしりが丸出しになってしまうので、ヒップの終わりがわからないくらいボリュームのあるハイウエスト気味のワイドパンツやフレアスカートとあわせるのがおススメ。
Aラインのシルエットが作れるのでとってもすっきり見えします。

ご自身の体型はここからチェック
”私に似合う&スッキリ着やせが叶う!【体型別】着こなしバランスの取り方”

・小柄さん
全体的に小さな小柄さんには全部インがおススメ。
腰位置を高く見せることで自然に目線が上にあがるのでスタイルアップが叶います。
また、小柄さんはずるっと着るとだらしなくなってしまいがちなので、トップスインすることで「きちんと感」をプラスしてあげるとスッキリ感が増しバランスがとりやすくなります。
ハイウエスト気味のワイドパンツやフレアスカートがおすすめ。
また、腰が横張りしておらずどちらかというと厚みがあるタイプの小柄さんが、タイトスカートを履くときにもおススメです。
メリハリを作ることで大人っぽくタイトスカートのコーディネートが作れます。

HOW TO全部イン

やり方は非常に簡単!

1、トップスを全部ボトムのウエストに入れる!
2、ちょっと引き出す!
※ウエスト部分を引き出すことを「ブラウジングする」と言います。

以上の2STEP!!
画像と共に解説していきます。

【完成】全部イン1

step1トップスを全部ウエストに入れる

全部インする場合はひとまずトップスを全部キッチリめにインしましょう!

【完成】全部インブラウジング

step2ちょっと引き出す(ブラウジングする)

自分の体の厚みに合わせて引き出していきます。気になるお腹やヒップが目立たないようにふわっと見せるまで引き出すのがポイント。
※胸の大きい方は、なるべくふわっとさせると胸が目立たなくなる効果もあります!

ブラウジングをする時にポイントにすると便利なのがボトムのウエスト部分。

ボトムのウエスト部分にかぶせるような気持ちで引き出すとちょうど体の厚みと合ってくることが多いので目安にしてみてもいいかも◎

総ゴム仕様のウエストの場合はゴムが見えないくらいまでブラウジングするのがベター。

【完成】全部インベルト

ベルトでアクセントをつけるときは、ベルトにのっけるようなイメージでブラウジングすると◎

ほどよいぬけ感を作る「前だけイン」のコツ

言葉のとおり前だけインするので、サイドと後ろはボトムにかぶるような見た目になります。
あえてゆるっとする部分を作り「抜け感(ぬけ感)」をつくれるのが「トップス前だけイン」

おススメの体型と注意点

・どの体型の方でも◎
もちろん例外はあるかもしれませんが、どの体型の方にもおススメです。
前だけインをするとサイド・後ろはボトムにふわっとかかるような感じになります。
そのため、腰周りや(トップスの丈によりますが)ヒップまわりなどが隠れ体型をカバーしてくれるのです。

・注意点

素材選び
ぱりっとした張りのあるトップスだと逆に膨らんでしまうのでボトムとのバランスが重要になってきます。
簡単なのはやわらかい素材のトップスの時です。
柔らかめのカットソーやほわんとしたシフォンなどの素材のものだと、すんなりと落ち着いてくれるので◎

コーディネートバランス
うっかりすると「だらしない」印象になってしまう前だけイン。そのため、前だけインするときはどこかに「きちんと要素」を入れてあげるのが◎
髪形でもバッグでもアクセサリーでも靴でも、もちろんアイテムでもOKです。
テイストでのバランスをとってあげると苦手な方も取り入れやすいかも!

HOW TO前だけイン

20010802_1

画像出典:e-zakkamaniastores

やり方はとっても簡単!

1、おへそを中心にして両手をトップスと一緒にイン!
2、入っている部分をちょっと引き出してサイドと後ろを整える!
※ウエスト部分を引き出すことを「ブラウジングする」と言います。

以上の2STEP!!
画像と共に解説していきます。

【完成】前だけイン最初

step1おへそを中心にして両手をトップスと一緒にイン

バランスにもよりますが、両サイドの脇腹まできっちり入れずに、サイドを少し残すと◎

【完成】前だけイン

step2インしてある部分をちょっと引き出してサイドを整える

引き出す目安は全部インの時と一緒です。
自分の体の厚みにあわせて、ふわっとブラウジングさせていきます。
ボトムのウエスト部分にかかるくらいまで引き出すのをポイントにしてもいいかも。

最後に出ているサイドと後ろを整えて完成!
やわらかい素材の場合はほとんど整えることはしなくても大丈夫です。
ブラウジングする際に一緒に整えるくらいでOK

おわりに

今回は簡単にメリハリを作ることができる2種類のウエストインのやり方とコツのご紹介をしました。
トップスをインする・前だけインする・アウトする、たかがそれだけのことで目に見える印象は別のものになります。
ファッションはとっても自由なモノ。
お好きな方法で自分の好きなバランスを探してみて楽しんでくださいね!

Tags: