着こなしアイテム別

靴ひもの通し方の基礎 スニーカー編

スニーカーの靴ひもがやけに緩んでくるなと感じる人
またその反対でいつも脱ぎにくいんだよねと感じる人
どちらもいらっしゃると思います。
これ靴ひもの通し方を変えれば自分の生活スタイルに合った状態に出来るかも。
まずは本当に基本の通し方から始めてみましょう。

オーバーラップ

オーバーラップはオーソドックスな結び方でスニーカーではかなり定番。
緩みにくいのが特徴なので、一日靴を脱ぐ予定がない日などには緩んでくる煩わしさが減らせて〇

それでは通し方実践。

最初の穴に上から紐を通してください。

オーバーラップ1

二個目以降の穴もすべて上から紐を通します。

オーバーラップ2

それを続けていけば…

完成!

オーバーラップ3

アンダーラップ

アンダーラップもオーバー同様にオーソドックスな通し方です。
違いはオーバーと比べて緩みやすいところ。
脱ぎ履きを楽にしたい時や足回りに少し余裕が欲しい時などはこちらがおすすめ。

それでは通し方実践。

最初の穴に下から紐を通してください。

アンダーラップ

二個目以降も必ず穴の下から紐を通していきます。

アンダーラップ2

それを最後まで続けると…

はい!完成。

アンダーラップ3

パラレル

最後はパラレルです。
これはどちらかと言えばスニーカーよりも革靴やドレスシューズなどによく用いられる通し方ですが、オーバーラップ同様に緩みにくいのが特徴で、スニーカーの種類によっては私はこれにしているものもあり。
上の二つに比べると若干複雑ですが、一度覚えてしまえばどってことありません。
革靴にはこれが合わせやすいので一緒に覚えておくとよいかも。

それではいざ紐通しへ。
まずはオーバーラップ同様に穴の上から紐を通してください。

パラレル

次からがアンダー・オーバーと異なります。
片方の紐を斜め一段上に穴の下から、もう片方は斜め二段上に穴の下から通します。

パラレル2

ちょっと?という方
ゆっくりで大丈夫です。
要するに片方を一段飛ばして穴に通すという事です。

ここまで出来たら次は三段目にいれた紐を真横に向かって穴の上から通します。
もう片方の紐も真横に穴の上から通し、斜め二段上に穴の下から通します。

パラレル3
パラレル5

この時注意する事が一つだけ。
真横に通した紐の下を通過させてあげてください。
上を通過しちゃうと上から見た時に真横が並んでいかないでしょ。

そしてこの一連の流れを上まで繰り返していくと…

はい完成!

パラレル4

出来上がってみると革靴で見たことあったでしょう。
革靴の紐をほどいたはいいけど通し方がわからなくなったという方もぜひお試しを。

おわりに

靴ひもの通し方はまだまだ山ほどありますが、まずは基本が出来ればOK。
どの時も注意するのは紐がねじれないように入れていくこと。
大したことではないように思いますが、ねじれがないだけでスニーカーがなんだかシュッとして見えますよ。

あとこれは最後に余談ですが、私の友人は100円均一で売っている伸びる靴ひもを愛用しています。
これにすると脱ぎ履きがかなり楽ちんだそう。
見た目はオーバーラップやパラレルがいいけど脱ぎ履きは楽なほうがいいなんて方にはこんな方法もおすすめかもしれませんね。

自分の生活スタイルに合わせた紐の通し方でスニーカー、楽しんで!

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: