着こなし色・柄・素材

2018年秋冬はパープル!似合うパープルの見つけ方と着こなし例

2018年秋冬のトレンドカラーの1つは”パープル”
ちょっと難しそう、なんて思われるかもしれませんが、実はパープルは色んな人に似合いやすく、コーディネートにスパイスを加えてくれる万能カラーなんです。
今回はパープルを取り入れた様々な着こなしをご紹介致します。
2018年秋冬はパープルを取り入れてコーディネートをアップデートしましょう!

似合うパープルを見極める

パープルがなぜ色んな人に似合いやすいのか。
それは「赤と青を混ぜた色」だから。
赤は暖色、青は寒色。暖色系が似合う人、寒色系が似合う人、肌の色や髪の色などで割合どちらかに分かれやすいものですよね。

パープルはそんなどちらかに分かれていく色同士を掛け合わせて出来た色。
なので色んな人に似合いやすい色なんです。

色って明るさや濃さが違えば色の名前としては一つで表したとしても実際は色んな色がありますよね。
例えば「パープル」と一言でいってもたくさんあります。
もしどのパープルを選ぶのか、自分に合うパープルがどれなのかと迷った時は、自分は暖色系と寒色系のどちらをよく着るんだったかな?と思い出してみると自分に似合うパープルが簡単に見つけられるはず。

2018年は充実したパープルの着こなし

それでは実際の着こなしをご紹介致します。
今年は特にパープルのアイテムも充実しているので色んなテイストでの着こなしが出来るんです。

カジュアルに着こなす

18072710

もはや定番化しつつあるインナーとしても使えるライトアウターなら着こなしがカジュアルに。
アウター以外の色味を落ち着いた色にすればすっきりしたコーディネートに。

18083106

おち感のある素材感で女性らしいシルエットのワンピースもマウンテンパーカーやスニーカーを合わせてスポーツミックスなコーディネート。

小物使いでちょいトラッド

18082711_1

帽子やバッグ、シューズのテイストを揃えればこんな風にちょいトラッドにも。
使う色の数をおさえればアイテムが多くても子どもっぽくならない着こなしで〇。

淡めを選んでふんわり

18073109

ニット以外はちょっときれいでカチッとしたアイテムのコーディネートも淡いパープルをチョイスすればふんわりかわいさがプラス。

濃いめのボトムでスッキリと女性らしく

18082210

濃いめのパープルのボトムスにスッキリとしたニットで女性らしいコーディネート。

18090704
18091007

暖かみのあるブラウンを合わせて無難になりすぎないこなれ感をプラスコーディネート。

こんな風に一言でパープルと言っても色んなコーディネートが楽しめるんです。

終わりに

徐々に寒くなり始め、2018年秋冬はもう本格化してきています。
去年とまた違った秋冬のコーディネート楽しむために、今年はパープルに挑戦してみませんか。

参考画像:e-zakkamaniastores

Tags: