着こなし色・柄・素材

季節の変わり目は万能カラーベージュの出番 似合う色選びと着こなし例

夏服に飽きてきた。
そんな時に楽しめると毎日が楽しくなるのが季節の変わり目のオシャレですよね。
ただ季節の変わり目のオシャレって難しい。
いくら飽きてきたとはいえ素材を変えるには気温はまだまだ夏。
急に全身秋色にすると街中では浮いている気もしてならない。
こんな時に万能なのがベージュです。
ベージュはどんな色にでもしっくりきてくれるので急に全身秋色にする事もなく夏になじみながらも、秋の色とも相性〇。
今回はそんな万能カラーベージュの選び方と季節の変わり目にぴったりな着こなし例をご紹介いたします。

ベージュ選びの鍵は毎日のメイクにあり

ベージュと一言でいっても様々です。
同じ色でもトーンによって表情は様々。
似合うもの、似合わないものとあるものですよね。

ベージュのお洋服についてよく聞く声が
ベージュを着ると肌みたいに見える
顔がくすんで見える気がする
など。
それによって自分はベージュが似合わないと思い込んでいる人も多いはず。

それはそのはずです。
毎日のメイクに使うファンデーションってベージュですよね。
そのベージュのなかでもファンデーションって自分に合うものを選んでいませんか?
明るめ 暗め 自然な 赤みがかった 黄みがかった 青みがかった など様々な中から選んでいますよね。

もしもベージュを試着してみて似合わないと感じたら一度自分のファンデーション選びを参考にしてみると〇。

またファンデーションを選ぶときってどれが自分に合うか色々試してみませんか?
それと一緒で自分に似合うベージュを探すときも一着だけ着てみて似合わないと決めつけない事。
様々なベージュを着てみるときっと自分に合ったベージュが見つかるはず。
これはほかの色でも同じことが言えるので似合わないと諦めてしまう前に色んなトーンを試してみてくださいね。

夏に浮かない先取りベージュコーデ

ではここからは着こなし例をご紹介。

白×ベージュ

服mania snapさん(@fukumanias)がシェアした投稿

夏に活躍する白と合わせればまだ夏の早い時期でもしっくり
ただ白とベージュってちょっとぼんやりしがちでもある。
そこでポイントになっているのが肩からかけたカーディガンのブラウン。
白よりもベージュよりもはっきりした色を一色足すことで全身の色合わせにメリハリがうまれます。
もしもちょっとはっきりしないな、と思ったら一色プラスしてあげると白×ベージュの着こなしもより一層あか抜けたスタイルに。

ナチュラルに着こなすならアースカラーをプラス

20180719202420577_500

ベージュはもともとは染めていない自然のままの麻や羊毛の色の名前。
自然のままという事はベージュはアースカラーの一種。
そこへさらにキナリやカーキなどのアースカラーを合わせればナチュラルな着こなしに。

大人と引き締めの黒

a9d188f3c07b98279e8fade202f9cc85

シックな印象の黒を合わせれば落ち着いた大人の印象に。
またちょっとぼんやりしがちなベージュに黒を合わせる事でコーデも引き締まって見せることができます。

アプリコットで秋先取り

20160806211141627_500 (1)

もう少しだけ夏色も楽しみたいけど先取りもしたい、という方ならアプリコットを選んでみると〇。
アプリコットはオレンジに近い色味ですが、オレンジは発色がよく夏らしい印象。
アプリコットはオレンジよりもやわらかくトーンの落ち着いた印象。
基本ベースはオレンジなので夏の色を楽しみつつもトーンをおさえてしっかり秋先取り。

おわりに

万能カラーを制すものは季節の変わり目を制すと言っても過言ではないかも。
自分に似合うベージュを上手に選んで夏から秋へのオシャレを楽しみましょう。

Tags: