lifehack

毛玉ができたら?お家にあるアレでラクラクお手入れ方法

冬物のニットを毎日着る時期がやってくるとだんだん気になり始める「毛玉」。
コーディネートがうまくいっても毛玉だらけだとなんかきまって見えない・・・
そんな経験がある方いらっしゃると思います。
毛玉取り機を使うと簡単なのですが、あえて買うのもな・・・と言う方の為におそらく自宅に一つはあるであろうアイテムで毛玉を取ってみた結果を今回はご紹介致します。

使用するアイテム

使用するのはこの2つ。

・T字のかみそり
・小さめのハサミ(これは眉毛カット用)

DSC05621
DSC05619

おそらくこの2つならご自宅にある方が多いのではないかと思います。

始める前に覚えておくこと

まずはじめる前に覚えておいて欲しいことが一つあります。
それは「剃っていっている」という事。
これはT字で行う場合だけでなく電動の毛玉取り機を使用しても同じことが言えます。
かみそりで剃っていっているという事なので、要するにニットを薄くしていくという事です。
繰り返していけばニットはどんどん薄くなっていきます。
毛玉がひどくなればなるほど取る量も増えていきます。
なので出来れば着用したらブラッシングしたり、洗濯の際に摩擦がおきにくいように手洗いしてみたりであらかじめ毛玉になりにくいようにしていくことは忘れないでくださいね。

とはいえ、やはり出来てしまいますよね。
早速実際にやってみましょう。

毛玉と一緒に毛羽立ちも取る

DSC05606

まずは毛玉を取る前の様子が上の写真です。
大きな毛玉は少ないものの摩擦で表面が毛羽立っています。
大きな毛玉がなければいいのではと思うかもしれませんが、このニットの表面はもともと毛羽立ちの少ない滑らかなものなので、毛羽だっている箇所とそうでない箇所があると差が明らかで、使い込んでいる感が際立って見えてしまいます。

というわけで、この毛羽立ちも大きな毛玉と一緒に取り除いてみました。

T字のかみそりをニットの表面に押し付けすぎないように、編み地の方向にそって滑らせて行きます。
コツは範囲を少しずつやっていくこと。
いっぺんに長い範囲を滑らせていくよりも小さい範囲に分けて行っていくとやりやすい。

毛玉取り後

DSC05614

大きな毛玉はしっかり取れ、うっそうとしていた毛羽立ちもほぼなくなり、表面が滑らかに。

今回毛玉を取ったニットは下の写真と同様のニットです。

32575-1701624sk_06

組成:ポリエステル54% レーヨン20% ナイロン20% ウール6%
表裏袖など全箇所を1枚取りきるのにかかった時間は30分程度。
こちらは薄手なのであまり強くこすりつけ過ぎると引っかけてしまうかもしれません。
ですので出来れば薄手のニットはあまり目は離さずに行ったほうがいいと思うのですが、人と話しながらする余裕はありましたよ。

ちょっと手間かもしれませんがしっかり取れば、もう着れないわと思っていたニットも、もう一度甦らすことが出来るので時間がある時にぜひ試してみてください。

 

ちなみに取れた毛玉はこちらです。

DSC05618

引きちぎらずにカット

ハサミの使い道もご説明しておきます。
取れにくい毛玉はハサミでカットしましょう。
よくやってしまいがちだと思うのですが、毛玉を見つけた時に指で引きちぎって取ろうとしたりしていませんか?
引きちぎると結果として下の生地も一緒に引っ張ってしまっているので、その部分が薄くなってしまいます。
毛玉を見つけたり、ちょっと取れにくい毛玉は指でつまんで、根元をハサミでカットしてみてくださいね。

終わりに

ニットの季節を楽しく過ごすためには毛玉取りは必要不可欠です。
しっかりとお手入れすればお気に入りのニットも長く楽しむことができるはず。
自宅にあるアイテムで簡単に毛玉取りをして冬のニットを楽しみましょう。

Tags: